ブログランキングリンク-トップ

 

 

[前回のあらすじ]

フィリピーナ彼女とその家族と共に、フィリピン ダバオ旅行へ。三日目の午前中はクロコダイルパークへ向かう。園内の巨大なダチョウと戯れる彼女、まさかのおっぱいポロリ。また、世界一高価だと言われるシベットコーヒーの紹介。

【レンジブログ112】最高級品のコーヒー、シベットコーヒーを飲む?

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

[レンジブログ第一章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[レンジ外伝第一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

 

 

 

【レンジブログ113】ダバオからサマル島へ、車に乗りフェリーで渡る

 

 

私達はまず、ダバオにあるサマル島へのフェリーターミナルに目的地をセットした。

場所は、「サマル フェリーターミナル(埠頭) Samal Ferry Wharf 」。

 

[サマル フェリーターミナルへのアクセス]

 

事前のネット情報調べで、サマル島へのフェリー乗り場は周辺にいくつか見つけていた。

他に、サマル島のリゾート施設利用者用への送迎船、車ではなく徒歩のみの乗客を乗せる格安渡船のようなサービスも見つかった。

しかし、どれも「乗客のみ」という船舶サービスのようだった。

「車を載せて、乗客も一緒に運んでくれる」のは、この近辺ではどうやら「サマルフェリーターミナル」を発着するフェリーだけのようだった。

 

 

ダイバージョン通りを東へ走り、海沿いを南下。

真昼の時間帯、特に混雑は無くフェリー乗り場付近にやって来た。

空港の北側を迂回して海側へ来たので、反対車線側にフェリー乗り場はある。

 

この辺りだと思うが…あった。

マップと合わせて、車の左手奥ににフェリー乗り場を確認する。

 

しかし、そこをスタート地点に、私は強い絶望を感じた。

 

ものすごい長さの渋滞が出来ていたのだ。

全ての車は、フェリー乗車を待っているようだった。

 

そういえば、今日は日曜日か。時間帯も悪かったかもしれない。今がおそらく一番混んでいる時。

 

以前、「フィリピンのフェリー乗り場はエグい。」と、聞いたことがある。それは大変な待ち時間を意味していた。

フェリー乗り場の混雑はどこも凄まじく、1時間待ちは当たり前。繁忙期には日付が変わることもあるらしい。

恐ろしい。

しかし、フィリピンなら有り得る。

 

私はその渋滞を見ながら、最後尾まで車を進める。

一体、何処まで続いているのだろう。

 

3キロほどだろうか、ようやくフェリー乗り場を待つ車列が途切れる。

 

これを待つのか。マジかぁーっ。

どうしようもない。私は車をUターンさせ、その最後尾に並ぶ。

 

車内のマルコ達は、このような状況に慣れているのだろう。

「フィリピンでフェリーにすぐ乗れると思うな。普通は何時間も待ってから乗るものだ。」と言わんばかり。

 

私だけ苛立ってはしょうがないので、この状況を受け入れるしかない。

 

しばらく車列で様子を見る。

 

すぐ前方の車が気になった。

週末をサマル島で過ごそうとする家族だろうか。

車の外の歩道にアウトドアテーブルを広げ、ランチを食べていた。車内には運転席にだけ後ろ姿があった。父親だろうか。

大変微笑ましい光景だが、この渋滞にリラックスし過ぎだろう。一体どれだけ待つつもりだ?

彼らは、その場でこの後テントを広げ、キャンプでも始めそうなほどのんびりしていた。

 

 

そして、10分ほど待っていると、ようやく車が動く。

しかしそれは、たった車1台分ほどの距離。

 

そして再び停車。

 

10分ほど経って、また車1台分ほど動く。

 

マップを確認するが、フェリー乗り場エントランスまで未だ3km近くある。

この調子では、明日になってもフェリーに乗れるか怪しい。

あの家族のリラックス具合は本物だったのか。

 

そして今度は全く動かず30分停車したまま。

 

 

私「別のフェリー乗り場を探してみる!」

 

痺れを切らした私は、車内のマルコ達にそう伝え、並んでいた車列を外れる。

 

ネットに載っていない場所で、付近には他にもフェリーがあるかもしれない。

わずかな可能性に懸けてみて、ダメなら今日はサマル島を諦めよう。

ここでそんなに待てない。

 

 

右車線には永遠と並び待つ車、車、車、ジプニー、車。

私はそれらを横に車を走らせた。

 

そして、当初の目的だったフェリー乗り場まであと50mの辺りから、全ての車線が車で滞っていた。

そこには、「ショートカットで割り込んでやろう」と言う多数の車が入り口付近に大きな渋滞を作っていた。

 

そうか、この人達のせいで、後ろは大混雑していたのだ。

しかし、私達の車もその中に巻き込まれる。

そして、徐々に囲まれ、右車線へ押し込まれる。

 

あー、ごめんなさい! 割り込んだ私に、後ろの人はさぞ怒っているだろう。

バックミラーで後続車のドライバーの表情を伺う。

 

と、ここで私は恐ろしい事に気付く。

 

『ドライバーがいない?』

 

後ろに並んでいたと思われた車列の先頭には、無人の車が止まっていた。

 

すぐに理解できなかったが、状況を整理する。

つまり後方の人々は、前方に違法駐車の車があるとは知らず、動くわけもない渋滞を無意識に作っていたのだ。

これではいつになっても進む訳がない。

 

この事実、教えてあげたい。

あの車外でランチを取っていた家族に教えてあげたい。

そのまま待っていても、渋滞を抜けるのはほぼ不可能なことを。

 

そして、前後左右を小型ジプニーに挟まれてしまった私達の車は、それらに押され、なす術なくフェリー乗り場へと吸い込まれていった。

おそらく何時間分ものショートカットであった。

 

結果、オーライである。ラッキーである。

 

乗り場の関所でフェリーのチケットを購入し、次のフェリーを待つ車列に並ぶ。

 


[フェリー片道料金は乗用車一台210ペソ(大人四人、子ども一人込み)]

 

サマル島は、ダバオ市民の憩いの場所で、休日には多くの市民が島でゆっくりと過ごすらしい。

徒歩でのフェリー乗り場には何百人もの人であふれていた。

地元の学生らしい若者の姿も多く見かけた。

 


[サマルフェリーターミナル]

 

私達は乗り場で15分ほど待ち、無事にフェリーに乗ることが出来た。

 

サマル島へは船で約10分、港同士の直線距離は2キロも無い。

その区間を二台の大型フェリーで24時間ひたすら往復しているようだ。

 


[フェリー内部。積み込む車は20台ほど。]

 

そして、サマル島へ到着。

 

私達は、サマル島の目的地とした「パラダイスアイランド Paradise Island Park and Beach Resort」へ向かった。

もちろん事前にそのリゾートについては調べており、サマル島の人気ビーチである。いつも日帰り海水浴客で賑わっており、宿泊も出来るようで、整備されたビーチのようだった。

 

[パラダイスアイランドへのアクセス]

 

特に、トイレやシャワーなどは、女性同伴であれば綺麗なところが良い。このリゾートはその大事な点でも満足できる設備を備えていた。

人知れないビーチよりは、家族連れの私達にとって最も良い条件のビーチだと思った。

 

サマル島には、島をグルッと一周するメイン道路(サーカムファレンシャル・ロード)があり、片側一車線で舗装されていた。

 

当初、このセダンでも問題なかった。

しかし、リゾートへアクセスする道路以降は全く舗装されておらず、急勾配でデコボコの砂利道。ハンドルで窪みを避けながらも、車の底をガツガツ当てながら進んだ。

 


[パラダイスアイランド周辺道路]

 

この時ダバオの運転で初めて「SUVか4輪駆動の車」にしておけば良かったと思った。

幸い、立ち往生するようなことはなかったが。

 

そしてようやく目的地に到着。

時刻は午後3時。

日は少し傾いていたが、未だ海水浴は楽しめそうだった。

 

車を留め、ビーチの有る方へ歩いて向かう。

 

この時、マルコが久しぶりに腕組みしてきた。

この旅でようやく訪れた嬉しかった瞬間だった。

 

私は、本人とも家族とも距離が近づき過ぎた今、この旅によって「もう見限られた」と感じていた。

もし「将来の相手として無い」と思われていれば、マルコの言動は全く別のものだっただろう。

 

少なくとも腕組みをしてくると言うことは、私の悪い思考とは違う心境であるはず。

 

もちろん、しっかりと彼女の乳の感触を二の腕越しに味わう。

 

そして、駐車場からは徒歩5分ほどでパラダイスアイランドのビーチに到着した。

 


[サマル島の海]

 


[海水浴場には大きな屋根のある飲食スペースがあった。]

 

私達はまず拠点となるテーブルスペースを確保。着替えやタオルなどをそこへ置く。

 

父親と弟、私は男なので、その場で着替える。

母親とマルコは、女性更衣室へ向かう。

 

 

そして、父親が「女性達を待つ間に、お昼を注文しておこう。」と言うので、近くにあったレストランブースへ向かう。

 

アドボやシニグなど代表的なフィリピン料理をいくつか注文。

オーダー待ちを示す札を受け取り、テーブルに戻る。

 

ちょうど女性達も着替えが終わり、出てきたようだ。

母親とマルコは水着の上にTシャツを着ていた。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

2 コメント

  1. わたしはこのビーチ🏖に写真の木船に乗って…一人で行きました。目当ての子とタイミングがあわず。。でも、海は綺麗でした。セブと比べてどうかわかりませんが。。

  2. Mr.Kさん、コメントありがとうございます。
    海はいいですよね。フィリピンにはたくさんビーチがあるようなので、いろいろ巡ってみたいです。

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here