ブログランキングリンク-トップ

 

JMMホテルの部屋からはマニラを一望できる

 

3月14日 21:00
・日本からの入国制限は撤回

3/14(土)午後のフィリピン政府発表、日本大使館発表に依ると、

『日本からの入国制限は撤回』

とのことです。

今回は新たに、イランとイタリアについてのみ入国制限を追加しています。

 

在フィリピン日本大使館からのメール内容を別記事にアップしました。
3/14の追記分を読む>>

 

3月14日 14:00
・ロックダウン中は『夜間外出禁止』

【夜間外出禁止令】
マニラ首都圏開発局発表
マニラ首都圏は3月15日(日)から、午後8時から午前5時まで夜間外出禁止
この時間中は帰宅指示が出る
労働者や医療スタッフは免除

ソース↓
[RAPPLER]Metro Manila to be placed under curfew during lockdown – MMDA

 

3月14日 12:30
・お問い合わせに関して以下の通り返答しています

【可能】
14日までなら、外国人の入出国可能
14日以降もメトロマニラからの出国可能
 
【制限】
15日から外国人の入国は制限される(例外あり)
 
【不可】
陸路、海路、国内空路アクセス不可

 

3月13日 01:30
・在フィリピン日本大使館からのメール内容を追記
追記分を読む>>

 

3/12(木)午後、フィリピンのドゥテルテ大統領が会見を開きました。

大統領令により、マニラ首都圏(メトロマニラ)は3月15日から4月14日まで封鎖

これにより、人の移動が制限されます。

『フィリピンは、フィリピン市民とその扶養家族、フィリピン永住権のある外国人、およびフィリピンの外交ビザの保有者を除き、新規コロナウイルスの局所感染が確認された国からの旅行者を制限』

 

[3/14更新 日本からの入国制限は撤回]
対象国には日本も含まれていましたが、除外されました。新たにイラン、イタリアが追加された。

 

OFW(Overseas Filipino Workers)は出国可能(湖北省を除く)。

 

(マニラ首都圏には、日本からの旅行者の多いマカティ、マラテ、パサイエリアなどが含まれます。)

 

【マニラ封鎖】新型コロナウィルスによりマニラ首都圏封鎖

 

 

以下、日本語での要約です。

※各自情報収集に努めてください。以下、クレイジーマニラで集約している情報です(2020/03/13 00:30現在)。

 

・大統領令により、マニラ首都圏は3月15日から4月14日まで封鎖(戒厳令ではありません)。

・マニラ首都圏への陸路、国内航空、国内海路の移動が禁止。

・貨物や食品などの物流は移動可。

・公共交通機関に関しては閉鎖しない。しかし距離は考慮する。

・OFW(Overseas Filipino Workers)は出国可能。

・外国(コロナが発生している国、日本含む)からの入国は制限(今後禁止になる可能性あり)。フィリピン人の配偶者、子ども、外交官などは除く。
↑日本は撤回されました(3/14)

・マニラ首都圏の全ての教育機関は休み。メトロマニラ以外は各自治体が判断する。

・集団でのイベント禁止。見つけた場合、指示に従わない場合は逮捕の可能性あり。

・警察、軍隊が足りていないので、バランガイの長も警察としての役割を行う。ルールを守らない場合は逮捕の可能性あり。

・7日間単位で、解除もしくは、修正、延長を検討する(毎日会議)。

・社会的な混乱に対しては軍隊を発動する。

 

大統領談「今回の封鎖処置はフィリピン、フィリピン人の安全のためです。警察、軍隊の配備は安全のためです。皆さんに協力をお願いします。お互い助け合っていきましょう」

 

クレイジーマニラ読者の方へ。

各自情報収集に努めてください。

 

また、近日中にフィリピン旅行を予定している方、今フィリピンに旅行で滞在している方へ。

事態を注視して、早めの旅程再検討をお願いします。

 

フィリピン、マニラで生活する皆さんへ。

今回の事態が早く収束しますよう願います。

 

 

追記 2020/3/13 01:30

3月13日
・01:30 在フィリピン日本大使館からのメール内容を追記

(以下、原文そのまま)

 
【緊急】【感染症情報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その11)
 
在フィリピン日本国大使館 <kinkyu_inside-phil@mailmz.emb-japan.go.jp>
2020/03/13 (金) 1:25
 
【ポイント】
 
●ドゥテルテ大統領は,フィリピンにおける新型コロナウイルス対策の措置を発表しました。その中には,国内感染が発生している国(注:日本を含む。)からの入国制限,メトロマニラの全てのレベルの学校の4月12日までの休校,首都圏に出入りする陸路,内航船舶,国内便航空機の3月15日からの停止等が含まれています。
 
●フィリピン保健省は,フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を3月8日夕刻に4例,10日に9例,11日に16例,12日に3例を確認し,合計52例となったことを発表しました。
 
●皆様におかれましては,信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。万一,発熱や喉の痛み,咳等の症状がある場合には,あらかじめ医療機関に電話してから早めに受診するようにしてください。
 
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館
 
1 3月12日,ドゥテルテ大統領は,新型コロナウイルスの対策として,次の措置をとることを発表しました。
 
(1)公衆衛生警戒水準をコード・レッド・サブレベル2(最高レベル)に引き上げる。
 
(2)マニラ首都圏において次の措置を30日間とる。
 
・マニラ首都圏の全てのレベルの学校を4月12日まで閉鎖。
 
・期間中、多くの人が集まるイベントは禁止。
 
・.マニラ首都圏全体について隔離措置をとる。それ以外の地方は、異なる家庭から二人の患者が出た段階でバランガイ隔離。二つのバランガイに出た段階でミユニシパリテイ、シテイ等のレベルで隔離、二つのミュニシパリティ、シテイ等に出た段階でprovince全体を隔離する。
(注:アニョ内務地方自治大臣は,マニラ首都圏外からマニラ首都圏への通勤は,マニラ首都圏で雇用されていることの証明を提示すれば可能と発言。)
 
・行政機関は期間中機能停止。ただし最低限の職員は維持。公衆衛生等は完全に機能させる。立法・司法も同様にすることを勧告
 
・民間企業には柔軟な業務体制を取ることを推奨。DOLE(労働雇用省)・DTI(貿易産業省)がガイドラインを発出。製造・小売り・サービス業は営業継続を勧告。
 
・首都圏内の公共交通機関は原則として継続して運航する。
 
・首都圏に出入りする陸路、内航船舶、国内便航空機は3月15日に停止。
 
・上記措置は毎日モニターし決定から毎日再評価する。上記措置は,フィリピン国家警察やフィリピン国軍によって実施される。
 
(3)マニラ首都圏以外の地方自治体(LGU)は学校の閉鎖に裁量を有する。
 
(4)フィリピン人国外労働者(OFW)は,湖北省を除く中国本土に,危険を理解する旨の誓約書に署名して渡航することが認められる。
 
(5) 国内感染が起きている国(注:日本を含む。)からの渡航者は入国制限を課される。ただし、フィリピン人及びその外国人配偶者・子,フィリピン政府が発行した永住査証所持者、9(e)外交査証所持者は除く。
 
2 フィリピン保健省は,フィリピンにおける新規新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を3月8日夕刻に発表された4例に加えて,10日に9例,11日に16例,12日に3例確認し,合計52例となった旨発表しました。また,初のフィリピン人の死亡者1人を確認し,死亡者の合計が2人になったことを発表しました(詳細は,下記リンクのフィリピン保健省報道発表を参照願います。)。
 
3 皆様におかれましては,下記リンク先その他の信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。適切な手洗い,会話の際には2メートル以上の距離を置く,咳エチケット等は特に心がけてください。万一,新型コロナウイルス(COVID-19)に感染のおそれがあり,発熱や喉の痛み,咳等の症状がある場合には,あらかじめ医療機関に電話連絡してから,早めに受診するようにしてください。
なお,フィリピン保健省は,保健省(DOH)ホットライン:(02)8-651-7800 内線1149,1150への電話も呼びかけています。
 
●フィリピン保健省: https://www.doh.gov.ph/
(新型コロナウイルス関連ホームページ) https://www.doh.gov.ph/2019-nCov
(3月10日付け報道発表) https://www.doh.gov.ph/doh-press-release/DOH-REPORTS-4-NEW-COVID-19-PATIENTS%3B-CASES-UP-TO-10
(3月10日付けフェイスブック発表) https://www.facebook.com/OfficialDOHgov/photos/a.157979910879936/3135056506505580/?type=3&theater
(3月11日付け報道発表) https://www.doh.gov.ph/doh-press-release/DOH-SENDS-OFF-NCC-REPATS%3B-UPDATES-ON-COVID-19-CASES
(3月12日付け報道発表) https://www.doh.gov.ph/doh-press-release/DOH-REPORTS-1-COVID-DEATH-AND-3-NEW-CASES
保健省(DOH)ホットライン:(02)8-651-7800 内線1149,1150
 
●フィリピン外務省: https://www.dfa.gov.ph/
●フィリピン運輸省フェイスブック: https://www.facebook.com/DOTrPH/
●フィリピン入国管理局: http://immigration.gov.ph/
●フィリピン内務地方自治省: https://dilg.gov.ph/
●日本国首相官邸(新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~) https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
●日本国外務省:
(海外安全ホームページ(コロナウイルス関連情報)) https://www.anzen.mofa.go.jp/
(フィリピンの主な医療機関のリスト)https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/phili.html
※(新型コロナウイルスに感染のおそれのある人は,あらかじめ医療機関に電話連絡してから早めに受診するようにしてください。
●日本国厚生労働省:
(新型コロナウイルス関連) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
(報道発表) https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html
(水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症))
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00098.html
(水際対策の抜本的強化に関するQ&A) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
 
(問い合わせ窓口)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
電話: (63-2) 8551-5710
FAX : (63-2) 8551-5780
ホームページ: https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
 
○在セブ領事事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事フィリピーナとの会話のネタになる?フィリピンで大人気のスマホゲーム
クレマニ次の記事【夜遊び】マニラのコスパ最高KTV『カプリコーン Capricorn』 マラテ
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

16 コメント

  1. いつも楽しく拝見しております。
    迅速な情報をありがとうございます。
    3/14からマニラへ行く予定でしたが、
    日本への帰国が困難になりそうですね。

    改めて旅程を見直してみます。

  2. クレイジーマニラに感謝
    今回の事態を迅速にアップしてくれた
    しかも何処よりも早く詳しく

    普段は笑わせてもらってます

  3. クラークに着いてもアンヘレス市もマニラ市に行かないなら行けるかも知れませんけど
    そこまでして今、行かなければならないか

  4. 嫁が明日からマニラに帰る予定でした。
    PALも電話繋がらず困っていましたが明日は入国できそうなので良かったです

    ありがとうございました

  5. PALもセブパシも国際線は運航するみたいです。
    ただ入国出来るかは15日過ぎてみないとわかりませんね!

  6. 首都圏封鎖の影響やばそうですね。
    私の女の子からもお客さんが少ないとか店が閉まるからお金が稼げない等色々聴いております。
    彼女たちにとっては死活問題でしょうね。

  7. 暇なので…
    アンナチュラルという2年前の日本のドラマ観ました。
    驚愕しますよ!
    このコロナウイルス騒動がまんまです!
    フィリピン旅行断念されたかたも、是非観て欲しいです!

  8. 日本からの入国も制限する発表があったようですが、禁止するというのはどこの情報でしょうか?もし知ってらっしゃったら教えてください。

    • くろこさん、在フィリピン日本大使館HPにも掲載されています。
      https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00028.html

      『 国内感染が起きている国(注:日本を含む。)からの渡航者は入国制限を課される。ただし、フィリピン人及びその外国人配偶者・子,フィリピン政府が発行した永住査証所持者、9(e)外交査証所持者は除く』

      まだ『入国禁止』ではなく『入国制限』とあるので、例えば「14日間の検疫を条件として,入国が認められる」ような場合もあるかもしれません。

      続報を待ちたいです。

  9. いつも楽しく拝見させていただいております。
    バギオに住んでおります。
    日本大使館の情報(日本人の入国制限)ですが、まだフィリピン外務省から正式な発表のない段階での情報であり、ピン在住の日本人の間でも戸惑いが広がっています。(個人的な意見ですが、この地の日本大使館は他国の日本大使館と比べて情報発信がルーズ)
    マニラ新聞にも同様の記事が出ています。
    いずれにしても明日以降何らかの発表はあるものと思いますが、フィリピンの衛生環境・医療体制を考えれば感染がさらに拡大する可能性が大でありますし、お遊びでの訪ピンはしばらくお休みがいいかと思います。

  10. さらなる規制が課せられたねぇ。
    家から出れなくなたよ~。買い物のための外出は認めるけど、1家庭につき、一人までだって。(マラテでは人がふらふらあるいてるが?)
    交通網もすべて停止。(マラテでは、トライが走ってるが・・・?)
    KTVなど夜の店は軒並み閉店。。。
    カジノも閉鎖。
    3月20日までに外国人は出ていかなと、そのあとは4月14日まで出れないぞ!
    仕事がないと給料が出ない。生活できない嬢が増えてきそうですね。
    おとなしく、家で筋トレします。

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here