ブログランキングリンク-トップ

 

レンジ 戦闘機に乗る

 

[前回のあらすじ]

フィリピーナ彼女とその母親とともに、日本の冬に備えてショッピング。スーツケースから冬の衣料品一式を揃える。もちろん支払いはレンジ持ち。彼女の買いっぷりに視力を失うほどのダメージを負う。

[前回記事]
【レンジブログ142】来日前のフィリピーナのショッピングに付き合う

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。今まで二つの外伝がそれぞれ完結しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

[外伝二章第一話]
【レンジブログ121】フィリピンから帰国、その日にフィリピンパブへ

 

 

【レンジブログ143】フィリピーナ彼女にマニラ夜遊びがバレる?

 

 

ーーマルコたちとのショッピングを終え、マカティからマラテへは一時間程かかった。

 

マニラ マラテのホテル「ロスマンホテル」

 

この時滞在していたのはロスマンホテル。

最近リニューアルされたとのことでこちらを選択した。

[おすすめホテル「ロスマンホテル」の予約]

 

確かに以前よりは内装が綺麗になっており、ゴキブリの出現頻度は少なくなっているように思われた。

 

マニラのおすすめホテル「ロスマンホテル」

 

これから夜遊びのため、一度シャワーを浴びて身の整理をする。

 

そして、外へ。

 

私はアドレアティコ通りを南下していった。

 

マニラ夜遊び マラテの街

 

ーーKTV「シンシア CYNTHIA」の辺りでガイドたちと談笑していると、向こうからケンさんが歩いてきた。

今回の滞在では初めて彼と顔を合わせる。

嬉しかった。

……しかし、この日中にマルコの『100,000ペソを超える買い物』に付き合ったことは伏せておこう。

きっとケンさんに大説教を喰らうし。喰らったところで私は学習しないし。今はその不幸を忘れたい。

 

「お疲れ、ケンさん」

「お疲れ様です。ビザの件は上手くいきました?」

「うん、簡単だったよ。次回からは郵送でいいかな」

「そうなんですね」

「マルコは明日の早朝から仕事がみっちり入っているから、俺はもうこの旅では自由の身」

「いいですね、僕ももう一泊したい気分ですよ」

 

今回、私はもう二泊した後、帰国。ケンさんはこの夜が最後になる。

ちなみにマルコには、「明日の便で帰国する」と伝えている。

彼女からいきなり変な呼び出しがあるかもしれない。

私はフルで夜遊びを楽しむため、残された日程を彼女には内緒にしていたのだ。

今夜と明日夜、この二日間でなんとかミユキとお近づきになりたい。いや、結果を残したかった。

 

「じゃ、また後で」

 

私はミユキが働く『KTVグランドヨーコ』へ向かった。

 

マニラ グランドヨーコ

 

入店すると、ミユキには指名は入っていないようで、エントランスで彼女の姿を見つけた。

私は彼女の手を取り、二人でVIPルームへ。

 

あー、今夜も美しいミユキ。最高の女性だ。本当に会いたかった。

 

美人フィリピーナ
[ミユキ似顔絵]

 

「レンジさん、今日は仕事早く終わったんですね」

「そう。忙しかったけどね。今日も日中はマカティ」

「お疲れ様です。でも、会いに来てくれて本当に嬉しいっ!」

 

「俺も」と言いながら、彼女とハグをする。

同時に彼女の髪の香りを盗み嗅ぐ。今夜も良い香りだ。これだけで興奮してくる。

 

本音は彼女と日本へ……。いつかミユキと日本で過ごしてみたい。いや、それは今回は黙っておこう。

 

私はお酒を飲みながら、楽しい時間を過ごした。

 

帰り際に、『明日の同伴』の約束をした。

彼女とはちゃんとしたステップを踏んでいる。

これから彼女とのラブストーリーが加速するんだ。

 

私は気分良く店を出た。

 

ーーその後、ケンさんと合流。

他にもKTV「room526」や「シンシア」を巡って、この夜は解散した。

 

[その時のオノケンブログ]
フィリピン最終日、デートをドタキャンされる。思い通りにいかない始まり

 

 

ーー翌日。

昼間に起きた私はロビンソンモールへ向かう。

 

マニラ マラテ ロビンソンモール

 

天気は快晴。こういうときはカレーが食べたくなる。

1Fエントランスすぐにココイチがある。

私がオーダーするものはいつも決まっている。

チキン煮込みカレー&ソーセージダブルトッピング、ライス600g、3辛。

これに、福神漬け(Japanese pickles)をルーが覆われるほどドサッと載せる。

この至宝の一杯をかき込むのだ。

 

3口目くらいから口の中がバーストし始めるが、とにかく旨い。

稽古後の力士のごとく、汗まみれになりながら食す。

 

ーーそして、マッサージへ。

この後、夕方からはミユキとの同伴だ。

 

同伴、同伴!

わくわくしながら、ミユキからのメッセージを待っていた。

 

そのとき、戦慄が走る。

 

私のフィリピン用の電話が鳴ったのだ。

相手は……

 

マルコ。

 

くそおおうっ!

自分への怒りで青ざめる。気を付けていたはずなのに。

ミユキのことで頭がいっぱいになり、フィリピン用電話を機内モードにしておくのを忘れていた。

LINEのみでやりとりしておけば良かったが、もう遅い。

 

着信音が鳴ったと言うことは、マルコに未だフィリピンに居ることがバレている。

 

完全にミスった、不味い。

 

『ピッ……』

 

あまりにも焦った私は、あろうことか着信を伝えるディスプレイの『Cancel (拒否)』をクリックした。

 

しかし、間髪入れずに再度マルコからの着信が始まった。

今度は着信音まで怒りに満ちているように聞こえた。恐怖に震える。

 

私は、必死に言い訳を考えながら電話を取った。

 

「Why are you still in Philippines!? Ha!?(なんでまだフィリピンにいるの!? はっ!?)」

彼女は不信と驚きを隠せない様子。続けて捲し立ててくる。

「You told me that you’re back to Japan last night! Ha!?(昨夜帰国するって言ってたじゃない! はっ!?)」

 

おっ、おう。その通りだ。

夜遊びのため、滞在日数を誤魔化していたんだ。

それは絶対に言えないが、彼女に嘘を付いていたことがバレてしまった。

 

受話器越しに殺気を感じる。

何とか言い訳をせねば。

 

ーーそしてこのとき、例の如く私に悪魔が降りてきた。

 

「..It’s Emergency.(……緊急事態なんだ。)」

 

「What!?(何!?)」

 

「I canceled my flight.(飛行機はキャンセルしたんだ。)」

 

「Why!? What is happening?(なんで!? 何があったの?)」

 

「Just emergency.(本当に緊急事態なんだ。)」

 

「..Are you okay? (……大丈夫なの?)」

 

マルコの声色は不安に変わった。

 

「I’m in US military base now. I can’t say what city.(今、米軍基地にいるんだ。都市名は言えない。)」

 

「What!? What do you mean?(何!? どういうこと?)」

 

「I’ll return to Japan on a fighter plane from now on.(これから戦闘機に乗って日本に戻るんだ。)」

 

 

レンジ 戦闘機に乗る

 

 

「Oh gosh! Are you okay!?(何てこと! 大丈夫なの!?)」

 

「Yeah, I’m calm. (ああ、落ち着いているさ。)」

 

「I worry so much.(すごく心配。)」

 

「Please don’t worry. But the government needs me.(心配しないで。でも、政府が私を必要としている。)」

 

「Oh gosh! You’re like a “007”!(何てこと! あなたダブルオーセブンみたい!)」

 

「No. But It’s not eazy mission. I’m just “Japanese Tom”.(違うよ。でも簡単な任務ではない。俺はただの日本のトムクルーズさ。)」

 

「Oh my gosh! Range, are you okay? I worry..(神様! レンジ、大丈夫? 心配だわ……)」

 

「Yeah, no problem. Please wait for me.(ああ、問題ない。連絡を待ってくれ。)」

 

「So.. Am I Bond Girl for you?(つまり…… 私はボンドガールなの?)」

 

……なわけない。

しかし、彼女の怒りは私への心配へと変わり、何故か女優気取りになっていた。

私は「本当に心配しないでくれ。必ず君の元へ戻るから」と伝えた。

 

「..I believe you. Promise!(……信じてるわ、約束よ!)」

 

「Yeah, Just wait. Sorry I’m busy now.(ああ、ただ待っててくれ。こめん、今忙しくて。)」

 

私は「大佐が呼んでるから」と言って、電話を乱暴に切った。

かつ、瞬時にスマホを機内モードにした。

 

……よっし、完璧だ。

 

これでミユキとの同伴に集中できる。

 

確かに『簡単なミッション』ではない。

口説くのだ。この夜、ミユキを絶対に口説き落とすのだ。

 

ーー夕方、ミユキと食事デートをして、そのまま彼女の働くKTV「グランドヨーコ」へ。

日付が変わるころまで、二人で飲んで唄って、いちゃついて、汁まみれになって、最高の時間を過ごした。

あぁ、やっぱり夜遊びは最高だ。

私はこのために生きている。それを強く実感する。

 

そして、一応彼女の『返事』を聞いた。

それは前向きなものだったが、この夜のチャンスは無いようだった。

 

「ごめんなさい。でも、だんだんレンジさんのこと分かってきたから」

「いいよ。まだ時間が必要だね」

「うん、ありがとう。でも今度はプライベートで会おうね! 私映画見たい!」

 

今後も連絡を取り合うことを確認し、私は気分良く店を出た。

ミユキとの仲は着実に進展していると言えるだろう。がはははっ。

 

ーーさて、明日は昼前にマニラ空港へ行けばいいのだから、もう一件くらい行こうかな。

夜遊び最終日だし。

私はマビニストリートを歩く。

 

マニラ夜遊び KTV[花と蝶 Hana to Cho」

 

KTV「花と蝶」か…。

最近は少し足が遠のいているところだった。以前、仲の良かった女性の不幸があって以来、ここに来ることはなかった。

久しぶりに入ってみようか。

 

ーー「イラッシャイマッセー」

 

元気なママに迎えられ、ウェイティングスペースに座っていた女性が皆立ち上がる。

一瞬で分かる女性たちのレベルの高さ。

おそらくマラテ内では最も女性が美しいKTVだ。

ここには何人か『女友達』がいる。未だに連絡を取っているのは2,3人だが、顔を見れば他にも思い出すだろう。

 

ーー部屋に入り、ショーアップをお願いする。

美しい女性がずらりと並ぶ。

以前に指名したことのある女性がちらほらと。私の顔を覚えている女性は手を振ってくる。

 

2グループあったショーアップ。皆美しすぎて一人だけ選ぶのは難しい。

少し悩んだ結果、私はローテーションをお願いした。

 

そして、その最初に来た女性。

残念ながら私はこの女性に新たに恋をしてしまう。KTV初出勤の女性だった。

マルコやミユキほどのルックスではないが、何よりその純朴さに惚れた。

 




 

ーーフィリピンから帰国した翌日。

マルコたちのビザ申請から三日後のこと。

 

「大使館からビザが発行された」との連絡があったようで、彼女らは再び代理店へ。

 

ビザが貼り付けられたパスポートを返却されたようだ。

 

ビザ 査証

 

直後にマルコから電話が掛って来た。

 

「Range! Thank you so much! I’m so so so excited!(レンジ、本当ありがとう、マジでテンションあがる!)」

「Yeah, me too.(そうだね、俺も。)」

 

そして、電話は母親に変わった。

 

「I love you Range! I’m so happy! This VISA is the best birthday present for me! We can stay together in Japan this Christmas! Japan Japan Japan! Hiyaaa!(愛してるわレンジ、こんなに嬉しいことはない、このビザは最高の誕生日プレゼントだわ、一緒にクリスマスを日本で過ごせるわ、日本よ、日本、日本! ヒャー!)」

 

「I’m happy also.(私も嬉しいです。)」

 

「Wow wow wow, gosh gosh gosh! Fhuuuu!(ワオワオワオ、神様、神様、神様、フーゥ!)」

 

おい、母親よ。喜び過ぎだろうて。

娘が心配だから付いて来るのではないのか。娘より来日を喜んでどうする。

それにたぶん、重要なのは私ではないな。

その言い方は来日自体に喜んでいる。

 

……まあ良い。これも文化の違いだ。

それに、母親は10月が誕生日。ちょうど時期もよかったのだろう。日本へのビザ取得が本当に嬉しいようだった。

 

そして、12月。クリスマスを日本で過ごす。お互い特別な経験になるだろう。

 

こうして彼女らは日本にやって来るのである。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事【レンジブログ142】来日前のフィリピーナのショッピングに付き合う
クレマニ次の記事【恋愛】日本人だから喜ばれるフィリピーナとの距離の縮め方
レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

17 コメント

  1. 良いですねー!
    調子出てきたんじゃないですか笑笑
    いよいよマルコ来日ですね…来週からは不定期更新とトップにありましたが、どうぞ体調だけには気をつけて執筆してくださいね。
    いつも楽しみをありがとうございます😊

  2. 挿絵が秀逸過ぎるw
    トップ画にしてもらいたいくらいw
    それを信じるマルコがまた可愛い❤️

  3. いやー笑いました!
    一気にマルコファンになりそうです(^-^)
    早く日本編読みたいっす

  4. 今、栄で飲んでまーす!
    クレマニの話題で盛り上がってまーす これからピンパブ街に繰り出すぞ!

  5. なぜか誰も仰らないので、代表して言わせて頂きますね。

    なんでやねん!!!!!

  6. レンジさんanymoreの呪文にかかっていますね。
    レンジさんがそれでも行動できるパワーが素晴らしいです。
    オノケンさんは筋肉もそうですが頼りになると思います。

  7. フィリピンはマラテからです。
    今週末も日本のお客さん多かったです。皆さん、どんどん遊びに行きましょうー!

  8. 日曜朝っぱらから笑いました!こういうの大好物
    マルコがある意味純粋なとこもツボです、レンジさん頑張れー

  9. ロスマン常宿にしてます
    立地コスパ考えるとあの界隈ではベストかなぁ
    ハナトチョウは間違いなくおすすめw
    入れ替わり激しいけどその分フレッシュな子も多い

  10. ・オカマに襲われる
    ・彼女の家で屁をこく
    ・マルコに言い訳をする
    レンジブログの爆笑パターン。大好物です!

  11. 何度も読んでしまう。
    落ち込んだ時にはこの記事を読むと、あー俺頑張ろうと思える。
    良い意味でバカバカしい…

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here