ブログランキングリンク-トップ

 

道頓堀 心斎橋エリア クリスマス

 

[前回のあらすじ]

フィリピーナ彼女とその母親が来日して7日目。スキー場での雪見観光を終え、大阪へ。クリスマスイブの夜、市内中心部で買い物、夕食。そして、クリスマスを迎える。

[前回記事]
【レンジブログ156】フィリピン彼女と日本で過ごすクリスマスイブ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。今まで二つの外伝がそれぞれ完結しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

[外伝二章第一話]
【レンジブログ121】フィリピンから帰国、その日にフィリピンパブへ

 

 

【レンジブログ157】フィリピン彼女とその母親と過ごすクリスマス

 

ーー「Merry Christmas! (メリークリスマス!)」

 

クリスマスの朝。

マルコたちの部屋で、母親と共に三人で一緒に朝食を取った。

 

ホテルリリーフなんば大国町 (Hotel Relief Namba Daikokucho)

 

クリスマスと言っても、私には特別感はあまりない。

 

しかし、フィリピン人の二人はとても楽しそうにしていた。

「We’re so happy to stay with you this Christmas. Especially in Japan! (私たちは今年のクリスマスをあなたと過ごせてとても幸せだわ。特に日本でなんて!)」

「Yeah, me too. But today is last day. (ええ、私も。でも、今日が最終日だね。)」

「Yeah, I’m so sad.. I wanna stay together in Japan more. (ええ、とても悲しい…… もっと一緒に日本に居たいわ。)」

「Marco, you can come back here soon. Anytime is okay if you want. (マルコ、すぐにここに戻って来れるよ。来たいならいつでも大丈夫。)」

「I already miss Japan.. (私はもう日本が恋しいわ……)」

「Please don’t be sad.(悲しまないで。)」

 

彼女は「わかってるけど……」と言う。母親は「次からビザ取得は簡単よ」と、笑顔で朝食を食べながらTVを観ていた。

 

朝食を摂った後、身支度をして外へ出る。

 

ーー12月下旬と言っても、この日も暖かい朝だった。

来週から寒波が来る予報だが、このときは未だ秋のような空気だった。

皆、服装は薄手のコートかジャケット。

マルコはミニスカートに、昨日購入したデザイン網タイツとヒールの高いショートブーツを履いていた。未だ見たことない黒いブーツだった。

今回の日本旅行、彼女は靴だけで四足も用意していた。今日のはクリスマス用のものらしい。

その意気込みは素晴らしいが、クソほど重いスーツケースはそのせいだったのか……。

 

ーーまず向かったのは、『梅田スカイビル』。マルコの希望だった。

ホテルからタクシーに乗り、10分ほどで到着。

 

梅田スカイビル

 

広場ではイベントをしているようで、多くのお客さんで賑わっていた。また、駅の方からも続々と人々が歩いて向かっていた。

 

私たちはビルの中へ入り、エスカレーターで上へ。

そして、展望台のある階へのエレベーターに乗る。

箱の中は外を見渡すことができるガラス張り。母親は高所へ向かうのが怖そうだった。

 

エレベーターを降り、そこからさらにエスカレーターに乗って上に行くのだが……

 

梅田スカイビル

 

前にマルコ、後ろに母親。

私は乗っている間、まるで異世界に誘われるような感覚だった。

 

エスカレーターを降りると、観光スペースが広がっていた。

 

梅田スカイビル

 

マルコはここを事前に下調べしていたようで、スカイビル内でクリスマスにちなんだイベントが行われていることを知っていた。

各ショップは綺麗に飾り付けされており、美術アートの展示もクリスマスを思わせるものだった。

 

また、ここで気付いたが『お客さんのほとんどが日本人』であること。

シーズンもあるのだろうが、日本人のカップルや家族連れの姿が多かった。

 

梅田スカイビル 空中庭園

 

空中庭園へのチケット売り場にもカップルの姿が並んでいた。

ここで母親が「私はもうこれ以上高所には行けない。二人で行ってきて」と。

彼女はお土産を探しながら、私たちを待っているとのこと。

 

私はマルコとともに空中庭園へ。

 

大阪の街を一望できる光景に満足している彼女。

デートらしいデートが、この日本で出来て良かった。私も彼女の喜ぶ様子が嬉しかった。

 

ーー下に降りると、グッズショップで母親の姿を見つけた。

 

梅田スカイビル お土産ショップ

 

フィリピンの息子と旦那に『日本のTシャツ』を買って帰りたいのだと言う。

私は、「この建物内は基本的に値段が高めだから、別の場所で探したほうがいいよ」と伝える。

値札を見た母親はそれに納得。

 

私たちはビルを降りた。

 

ーーここで昼食休憩。

地下一階の『串揚げ屋』で定食を食べた。

味噌汁とご飯に、目の前で揚げてくれる多様な串物。

串は順次カウンターに並べられ、それを取っていく。

 

大阪名物 串揚げ

 

『串揚げ』と言えば、一応大阪名物になるのだろうか。私はマルコに「この料理も日本で人気です」と伝える。

しかし、彼女が『こんにゃく』を口にした時、「これは食べ物じゃないでしょ!」と驚いた様子で串を置いていた。

そうか…… フィリピンにはこんにゃくって無かったかな。美味しいのに。

 

ーー腹も満たされたところ。

続いて向かうは、『あべのハルカス』。またビルである。

全ては彼女の希望通りに。

 

私たちは梅田駅へ向かい、そこから電車に乗った。

 

ーー天王寺駅に到着。

私はこの辺りの土地勘があまりなかったため、一度駅の外へ。

 

近くに居た女性の警察官に声を掛けた。

 

「すいません。ちょっと教えてください……」

「あれ、あなたの自転車!?」

「ええっ? 今電車から降りてきて…… 地元の者じゃないんですけど」

彼女の指す先には、高級そうな自転車。路上のガードレールにワイヤーでロックされていた。

私のものではない。

なぜに私に聞いてきたのだ。

この体型を見れば、そんな形状の自転車には乗れないとわかるだろうに。

もし乗ることが出来ても、道行く人が見れば「街中でサーカス?」と思うだろう。

 

私は「違います」と伝え、あべのハルカスへの行き方を確認した。

警察官は「ごめんなさいね!」と。

 

「What happened? (どうしたの?)」

マルコが不思議そうな顔で聞いてきたので、私は警察官になぜか勘違いされたことを説明した。

 

そして、それを聞いたマルコと母親は笑う。

「You can never ride like that bicycle! Hahaha so funny!!(あんな自転車絶対に乗れないでしょ! ははっ、おかしい!!)」

「Yeah, you can never. Hahaha!(そうよ、乗れないわ。ははっ!)」

「Almost magic! haha!(ほとんど魔法よ! ははっ!)」

「Nooh, Illusion! haha!(いいえ、イリュージョンよ! ははっ!)」

 

親子揃って爆笑していた。

失礼な。

 

ーー展望台へのエレベーターへ。

 

アベノハルカス

 

母親は再び「ちょっと怖いわ」と言っていた。

マルコと一緒に「大丈夫よ」と慰め、三人で乗った。

 

ーーエレベーターを降りると、眺望を望む場所があった。そこは植木のある公園のようになっており、一般客でも無料で入れた。

 

アベノハルカス

 

先ほどのスカイビルと同じような景観だが、マルコは嬉しそうに写真を撮っていた。

 

その時、公園内を走り回っていた少女がマルコにぶつかって来た。

少女が見上げるとそこには外国人の女性。少女は恐ろしさのあまり言葉に詰まったようだった。

そして、必死に「ごめんなさい、大丈夫ですか!?」と日本語で謝っていた。

マルコはその雰囲気を察したのか、「Ok, Ok. Please don’t worry.(大丈夫、大丈夫。心配しないで。)」と対応していた。

 

少女は深々と頭を下げ、妹らしき幼い子と一緒に公園を出ていった。

 

「Japanese children are very kind! (日本の子ども達はとても優しいのね!)」

少女たちの態度に大きな感銘を受けたようだった。

……マルコよ、あなたも少しはそれを学べ。

 

ハルカス300の展望台には、「たぶん夜じゃないと、雰囲気ないよ」と伝え、このビルはここで出ることにした。

 

ーービルを出て、続いて向かったのは新世界商店街、『通天閣』の方へ。

特に希望はなかったのだが、大阪と言えば『通天閣』は見ておかないとと思い、彼女たちに提案した。

 

通天閣エリア

 

周辺は飲食店街となっており、いくつかお土産屋も目に入った。

それらに入り、母親目当ての「Tシャツ」を探す。

 

しかし、お気に入りのものは見つからなかったようだ。

 

しばらく周辺を歩きながら観光する。

 

ーー商店街エリアを出たところで、母親が「今夜の夕食のために買い物がしたい」と。

私は付近を探し、それらしいスーパーを見つけた。

 

スーパー出玉

 

大阪と言えば、『スーパー玉出』かな。あまり利用したことはないが、有名なのは知っている。

私たちはスーパーの中へ入った。

 

それにしても母親が料理をすると言っても、ホテルのあの小さなキッチンでは満足なものは作れないだろう。

私は「お惣菜のオードブルはどうか」と彼女たちに提案した。

 

スーパー出玉 パーティー惣菜

 

母親は「それが良いわ! でもスープだけは作るわ」と、野菜類と魚介類をカゴに入れる。他にもチキンや飲料、インスタント食品などを購入した。

マルコは終始「私はピザが食べたいんだけど……」と謎の発言を繰り返していた。それはもはや母親の手料理うんぬんは関係ないだろう。私たちは無視をした。

 

この後、タクシーに乗り、一旦ホテル方面へ。

車内でマルコが「黒門市場は?」と言うので、そのまま市場方面へ向かった。

 

ーー夜の遅い時間帯に比べると、商店街は大変賑わっていた。

 

大阪 黒門市場

 

様々な生鮮食品が並べられており、和菓子などのスイーツ店も目に入って来た。

私は「スーパー玉手ではなく、ここで買い物すれば良かったかな」と思いつつ、両手に買い物袋を提げて二人の後をついて行った。

 

そして、二人が入って行ったのは、黒門市場のとあるスーパー。

店先に並べられていた『イチゴ』がマルコの目を離さなかったのである。

 

黒門市場 いちご

 

このサイズは日本でもなかなか手に入らないか。

「結構高いな」と思いながら、マルコがどうしても欲しいと言うので、練乳とセットで購入した。

 

ーー黒門市場を後にし、千日前通りを歩く。

ホテルへ帰るのかなと期待していると、彼女らは何か相談しながら右折。

 

道頓堀方面へ向かう。

 

まさか、この旅四度目のドンキホーテか? と思っていたが、そこはスルーしてくれた。

 

しかし、マルコが入って行ったのは……

 

彼女の大好きな『フォーエバー21』。ここも二度目である。

 

道頓堀 フォーエバー21

 

両手の荷物が重いなと思いながらも、彼女の買い物に付き合う。

私は今回、彼女に高価なクリスマスプレゼントを用意していなかったので「好きなものどうぞ!」と伝える。

 

彼女は嬉しそうに何点か洋服を選んでいた。

 

ーー母親が「お土産用のTシャツがまだ見つかってないわ」と言う。

確かにこのフォーエバー21にはそれらしいものは置いてない。しかも、ほとんどが冬物でTシャツは少ない。

 

私は『アメリカ村』にはあるかもしれないと思い、彼女らを連れて外へ出た。

 

道頓堀 心斎橋エリア クリスマス

 

夕刻。

道頓堀、心斎橋エリアは徐々に人の流れが大きくなってきた。

 

ーーアメリカ村へは徒歩数分。

 

しかし、到着してみると街の雰囲気が少し違う。

ある店舗に入り「日本をイメージしたデザインのTシャツはありますか?」と尋ねる。

すると見た目が怖そうな店員さんは「何言ぅとんねん、ここはアメリカ村やで? ないわ」と言う。

ぐむむむっ。その通りだ。

 

私はお詫びをして、二人に「このエリアにはないみたい。来た道を戻ろう」と伝えた。

母親の心の舌打ちが完全に聞こえたような気がした。

 

ーーなんば駅付近、千日前通りエリアを歩きながらそれらしい衣料品店へ入る。

しかし、富士山や日の丸が描かれたような『The 日本のTシャツ』と言うものは、探すとなかなかないものである。

私はインターネットも使いながら付近の店舗を探した。

 

そして幸運にも、ある店舗で店員さんに相談すると「あー、たぶんビックカメラにはあるで!」と言う。

 

嬉しかった。

私は「置いてある場所分かったよ、行こう!」と伝え、『ビックカメラ なんば店』へ向かった。

 

ーー広い店舗内をしばらく歩くと、その店舗は見つかった。

 

大阪土産 日本のTシャツ

 

母親は嬉しそうに「これこれっ!」と、二つのデザインを選んでいた。

はー、良かった。

これで全てのミッションは終了かな。私は安堵していた。

 

ーー目的の物を手に入れた母親はご機嫌。マルコもクリスマスの大阪を楽しんでいる様子。

これでホテルに戻るだけだろう。

 

その時、マルコが「はっ!」と重要なことを思い出したようだった。

 

「I wanna go to Rikuroojisannomise. (りくろおおじさんのみせに行きたい。)」

何語だ?

私は最初、何のことを言っているのか分からなかった。

詳しく聞いてみるとそこには彼女お目当ての『チーズケーキ』があると言う。

 

マップで検索をかけると、『りくろーおじさんの店』と言うのが店名で、ここはチーズケーキが有名らしい。大阪市内に何店かあるようだ。

マルコはここのチーズケーキを絶対に食べたいとのこと。

 

私はマップで近くの店舗を探し、そこを目指した。

 

チーズケーキ屋

 

この日は他のケーキ店に需要が移るためか店内は混んでおらず、すぐに購入することができた。

700円、クリスマスケーキの変わりだと思えば安いものだ。

 

そして、ここでようやく日中の観光と買い物が終わり、ホテルへ戻る。

 




 

ーー午後6時頃。ホテルの部屋のある階に辿り着いた。

この日は限られたエリアをウロウロしただけだが、しっかりと疲れを感じていた。

 

お互い少し休憩してから、後で夕食パーティーをすることに。その間に母親が準備をしてくれるようだ。

 

私は部屋に戻り、明日のチェックアウトのため身支度をしておくことにした。

明日朝は早い。すぐに出られるようにスーツケースは整えておこう。

 

ーーその時、マルコから着信が。

 

「We have a problem. Mom.. (問題があって。お母さんが……)」

「What!? (なに!?)」

 

私はすぐに部屋を出て、向かいのマルコたちのドアを叩いた。

中に入ると、母親が鬼の形相になっていた。

手には先ほど購入したTシャツが。

 

「旦那用のサイズが違う」と言う。「MじゃなくてLって伝えたのに。あの店員のミスだわっ!」と怒っていた。

私は「何度か着れば体に馴染むんじゃないかな」とフォローするが、母親の怒りは収まりそうになかった。それは暗に私に「買い直してこい」と言わんばかり。

 

……かしこまりました。

私は購入したばかりのTシャツをレシートと共に受け取る。

 

すると、マルコが「あっ、レンジ! あと私、ピザ食べたいから。アイスも!」と言う。

おっ、おう。

そのテーブルのオードブルが目に入ってないのか。三人では食べきれない量だぞ。これにスープもチキンも加わるんだ。それにピザだと?

 

歯を食いしばるんだ。

私は最後の坂を登る気持ちで、ホテルを出た。

 

ーーまずは先ほどのビックカメラ内の店舗へ。

スタッフにレシートを渡し、サイズ交換をお願いする。

しかしこのとき、同デザインのLサイズがないと言う。

 

私はそれを恐る恐る電話で伝えると、母親は「じゃ、Mサイズのままでいいわ!」と返事。

ぶふえぇぇっ!!

 

さらに追い打ちでマルコから「ドーナッツも買ってきて!」と。

……はい。

 

ドーナツ店

 

なんば駅の構内でそれらしいドーナッツ店に立ち寄り、まずそれを購入。

ホテルに戻ってから「私の好きなものがない」と言われる可能性があるので、全種類一つずつ。

 

そして、ピザに関してはホテルの裏手に『ピザハット』の存在を確認していたので、そこへ立ち寄る。

 

しかし、クリスマスの夜ということで、オーダー後に一時間待ちとのこと。

ここまで来てマルコをがっかりさせるわけにはいかないため、私は店の外で待つことにした。

 

ーー30分ほどした頃、ピザ店へ商品を受け取りに来る人で行列が出来始めていた。

 

私はもっと時間がかかりそうだなと判断し、近くの牛丼屋へ。

 

悲しさのあまり、ケンさんにLINEを打つ。

 

「今、牛丼食ってる。一人で」

 

すぐに既読が付き、返事があった。

 

「何でですか? 今日クリスマスでしょ」

「よくわからない」

「ケンカしたんですか?」

「いや。また話すよ」

 

牛丼を食べながら、ピザの受け取りを待った。

 

ーー予想したよりも時間はかかり、それから一時間程経過。

ピザを受け取り、ホテルに戻った。

 

ホテルの部屋でテレビ

 

二人はテレビで映画を見ながら待っていた。映画は『バックトゥーザフューチャー』だった。

 

母親に「ごめんね、サイズがなかったみたい」と言うと、「いいわ、洗濯してれば伸びるでしょ」と。

マルコの興味は私が買ってきたピザ。「すぐに食べましょ! お腹空いたわ!」とテンションは高かった。

 

テーブルには料理が並べられており、豪華な家飯だった。

最終日の夕食、これも楽しい思い出かな。

私たちは「Merry Christmas!」と言い、クリスマスパーティーを楽しんだ。

 

 

ーーそして、食事が落ち着いた頃。

マルコが思い出す。「アイスは?」と。

 

あっ、忘れた。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

12 コメント

  1. お疲れ様です!
    ここまで強い勢力だとは… 私には絶対に無理です汗
    でも、フィリピンのお二人が日本を気に入ってくれれば良いですね!

  2. これぞレンジワールドって感じ。ブス男が振り回される… これ周りの友人さんたちは大変でしょうね笑

  3. ここまで尽くされて、本当に頭が下がります。
    自身の恋愛を思い返してみると、我慢出来なかったことも多い。
    こちらを拝見していて反省させられることも多々あり。
    勉強させてもらっています。
    レンジさんの許容範囲は真似出来ませんが、現彼女には少し甘えさせても良いのかなと。
    更新頑張ってください!

  4. いつも楽しく拝見しています。
    毎日長文記事お疲れ様です。
    こちらは雨の多い日ですが。。
    日本の冬が恋しいですね。

  5. 執筆お疲れ様です!今日も長い文ですね😅 明日完結という事で、しばらくレンジさんのブログが読めないと思うと寂しい限り!
    オノケンブログ、新シーズン楽しみにしてます!レンジ外伝四章も近々?笑笑

  6. フィリピン人って食事をいっぱい頼んで残しますよね?これって文化??見栄張りなんですかね。もったいないから横から食べちゃいますけど

  7. マルコの性格、キツいなー
    普通の人には相手出来ないと思う
    でもレンジさんとは相性が良いのかも。二人ともブッ飛んだ感じなので。
    ここまでクレマニを全部読んでるので登場した人物皆に愛着があります。過去のエピソードも頭に入っています。
    ハッピーエンドはあまり期待していませんが、それぞれ皆さんの良い将来を願ってます。

  8. 今年の秋、彼女を日本に招待します! 場所は東京エリアです。ディズニー巡って修学旅行みたいな予定です!

  9. 今夜からマニラ入り!
    今空港でチェックイン済ませたところ…クレマニ読んで意識高めてますw

  10. フィリピン人に限らずタイ人も同じ…
    彼女達はお姫様になりたいんだ!!!
    日本に行くっていうことは、我々がニューヨークにいくってくらいのもんだ!
    そこで彼氏が自分の為に何でもしてくれる!そういう神話がたしかにある!
    同行者がいれば更に!
    それが自分のオカンなら…
    ダンナにしてもいいかって会話がなされてるはず!
    祇園でのキムチも大変でしたね…
    わたし知り合いなら相談にのってあげれたんですが…
    わたしの家のまわりウロウロされてたもんで(笑)
    夏にこられたら、くっそ暑いのに鴨川の床でご飯とかされてたでしょうね…

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here