ブログランキングリンク-トップ

 

交渉人ウメ 日本人男性

 

 [ウメブログ 前回のあらすじ]

クレマニのホレ担当ウメ。現在50代後半。約30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。
勤務先のオーナーに騙されたフィリピーナ。彼女の「復讐したい」と言う相談に乗る。
【ウメブログ32】妊娠流産、しかも罰金!? フィリピーナの復讐 前編

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは、オノケンブログ、レンジブログ、ポットブログの三つのブログがメインコンテンツでした。そして、この度新たに『ウメブログ』の新連載がスタートしました。

 

 

ウメブログは約30年前のストーリーから展開しています。

 

前回のエピソードでは、妊娠、流産を経験したフィリピーナ『リリー』について。

オーナーの甘い誘いに乗ってしまい、体を許した彼女。しかし、約束は守られず、逆に金銭を要求される事態に。

そこで、元彼氏のウメさんが相談に乗ります。

 

それでは、エピソードの後編、ウメブログ33(第一章第32話)をスタートさせていただきます。

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 


↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ33】妊娠流産、しかも罰金!? フィリピーナの復讐 後編

 

 

ーー私は、リリーが勤務していたフィリピンパブへ通っていた。

口実としては新たな女性『ニーナ』を口説くと言うもの。

しかし、実際には『リリーの復讐をどう手助けするか』を考えていた。

 

美人フィリピーナ似顔絵
[リリーの似顔絵]

【ウメブログ26】フィリピーナ彼女が流産、しかもオーナーの子だと!?

 

そして、ニーナと出会って3回目の時に同伴。

この時点で彼女の事は信用できそうだったので、『オーナーに仕返しする事』を話した。

彼女は協力を快諾。

また、噂好きのフィリピーナもヘルプで呼んでおり、三人でご飯を食べながらその話題を進めた。

このときに、

「二人(リリーとオーナー)がホテルに居る時の写真が有り、その写真をオーナーの家に送ると言っていた」

と吹き込んだ。

 

ーーそして、5回目の訪問時のこと。

(4回目は、あまり急いでもバレるかもと思い、ただ呑んでいた)

 

ニーナは店長から、

「リリーの話は本当か探って欲しい」

と言われたとの事。

 

……よっし。

針に掛かった。

後はどのタイミングで引き上げるかだ。

 

ここまで来たら噂好きのフィリピーナはもう不要だ。

ニーナと店長というホットラインが出来たので、そこを育てれば良い。

 

店長は、ランと安川が結婚した事と、安川が私の友人である事を知っている。

したがって、この話が、『リリー→ラン→安川→私』のルートで来ている事は容易に想像できるだろう。

 

ーーお会計の時。

伝票を取りに行ったニーナが言う。

「全部本当みたいよと店長に報告した」と。

 

そして、お釣りを持ってきた店長が、

「リリーは何が目的なんですか?」

と聞いて来た。

 

私は当然知らない顔をして、

「何の話ですか?」

と惚けてみる。

店長は申し訳なさそうに、

「悪気は無いのですが、店の女の子から少し小耳に挟んだもので……」

と。

 

……。

 

ナイスー!!

噂好きのフィリピーナよ、予想以上のいい仕事をしてくれた。彼女には次回、ヘルプ指名とドリンクを付けてあげよう。

とにかく超グッジョブである。

 

「そうですか、聞かれてしまいましたか。私もランから聞いた話なんですが、オーナーに約束を破られてサラリーも安かったと聞いています。おそらくお金では?」

「ウメさん、リリーさんとは会っていますか?」

「前回渡比した時、一緒にご飯を食べましたよ」

「そうですか……。彼女の連絡先をご存じなら教えてくれませんか?」

「独断では教えられないので、リリーに確認してみますね。ちなみに何の話をするんですが?」

「……この話を穏便に済ましたいので」

 

私は了解し、その場でリリーに電話を掛けた。

 

「リリー? 店長があなたと話したいから電話番号を知りたいって。教えてもいい?」

「店長は傍に居るの? いるなら少し代わって」

 

私は電話を店長に渡した。

 

二人は少し話した後、すぐに電話を切った。

 

店長曰く、リリーから「店側を信用できないので電話番号は教えない。伝言が有ればウメを通して」と言われたらしい。

そして店長から、「申し訳ありませんが、協力してもらえませんか?」と。

 

私は心でガッツポーズをしながら、

「んー。解りました。ただし伝言だけですよ。ただ伝えるだけで交渉とか意見などは求めないでくださいね」

と返事をした。

 

そう。

ここに誕生したのである。

 

ネゴシエーター『ウメ』。

 

交渉人ウメ 日本人男性

 

ーー「ウメさん、ちなみにその写真は見ましたか?」

「はい、ハッキリ写ってましたよ」

「なるほど……」

「はい」

「まず要求を聞いてください。その要求をこちらが飲めれば、写真のネガを貰いたいです」

「解りました。次の店に訪問時で良いですか?」

「そうですね、お願いします」

「取り合えず私の連絡先を教えておきます」

 

店長に電話番号を教え、店を出た。

 

そして外に出てすぐにリリーに電話をする。

 

「『条件は?』って聞かれたけどどうする?」

「多分ペナルティと、元々のサラリーでもらえなかった分を合わせると20万円位だと思う。せめてそれくらいは欲しい」

 

20万か……。

優しい金額だなと思った。元々の給与にも足りてない。

相手に対しての慰謝料的な要素がまるで無く、オーナーの卑劣な事はチャラな感じか。

妊娠させられ、流産まで。しかもその後、店側の行為は彼女を踏みにじるようなものだった。

裁判沙汰になれば、オーナーの損失は相当だろう。

リリーが『フィリピーナ』だからと言って弱い立場に甘んじる必要はない。

 

「リリー。値引きしてくるかもしれないから30万でいいんじゃない?」

「そう……。じゃそれでお願い」

「リリー、お金は急いでいるの?」

「そんなには急いでいない。まだ帰ったばっかりだから」

 

そうか。それならと、『じらし作戦』にした。

店側はすぐに金銭的な要求をしてくるだろうと考えているはず。

そこであえてこちらから連絡はしない。

多分オーナーは写真の件もあるのでかなり気にしているはずだ。

しかもオーナーの家はタレント全員が知っている。お店の裏の農家風の平屋一戸建で、地主として有名な家だ。

 

いつ写真が送られてくるか等、ドキドキしているだろう。

 




 

ーーそしてやはり。

 

3日もすると、店長からの電話が鳴った。

 

「ウメさん、お忙しいところ申し訳ありません。連絡が無かったもので……」

「いえいえ。どうしました?」

「あの件です。リリーの要求は何でした?」

 

多分オーナーに「早くしろ!」と言われたのであろう。

 

「リリーはフィリピンで弁護士に相談しているようです。今回の場合の相場的金額を出してもらうと話してました」

「ええっ!?」

「はい。なのでまだ即答は出来ないようです」

と、さらに焦らしてみる。

 

「何分、オーナーも気にかけていますので。早めにとお伝えください」

「はい。そうですね……」

自分の保身を気にかけているだけだろう。

 

「そう言えば彼女、当初に約束してた支払いから20万ほど低いと言ってましたね」

「えっ、それで!?」

「それプラス、オーナーにされた事への慰謝料で10万位で聞いてみますか?」

「30万ですね! わかりました!」

 

店長は「是非それでお願いします」と言う。

私は『これはオーナーからもう少し多く出しても良いと提示されていたな』と感じた。

しかし、リリーの当初金額より高い。

「それではリリーに聞いてみます」

という事になった。

 

ーー更に2日後、また店長から電話があった。

「ウメさん、度々申し訳ありません。如何でしたでしょうか?」

 

声の調子から、オーナーの設定金額より低くかったのは間違いない。

 

既にリリーと金額の了解を取っていたので、

「リリーも店長に色々動いてもらったので、その金額でいいと言っていました」

と伝えた。

 

「ありがとうございます! すぐにオーナーに確認を取ります!」

「はい。では今晩、店に伺いますね」

 

昔のフィリピンパブのイメージ
[フィリピンパブイメージ]

 

ーー席に着くや否や、早速店長がやってきた。

「ウメさん、OKが出ました。写真のネガと現金引換えでいいですか?」

「私が現金を預かると関与したことになるので、リリーに直接送金してください。リリーから受け取ったと連絡があればネガは私がお届けします。現像したものは手元にあるのでお渡しします」

 

店長はすぐにオーナーに連絡を入れた。

 

「それでOKだそうです!」

 

よし。

これにて、ネゴシエーターは完了。

 

後日リリーから、送金があった旨と「ありがとう! とても助かった」との言葉を聞いた。

 

私の罪滅ぼしは終わったと少し安堵した。

 

ーーもちろん、次のターゲットは新しい女性『ニーナ』。

彼女とのことはまた外伝などでお話しできる機会の時に。

 

 

[ウメブログ33 終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次話、ウメブログ34「エルミタで出会ったフィリピーナの秘密とは!?」

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! そのオーナー、反省しているのでしょうか。女性に酷いことをして、呑気に生きているのなら許せないっすね。それはそうと、皆さん、フィリピーナとの試合には必ず防具をハメて避妊してください。

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! うおー、『交渉人のウメさん』活躍っすね。女性を妊娠させて、オロさせると最低でも中絶費とそれ同等の慰謝料を支払うんじゃないですかね。でもあまり拗れて新たなトラブルになっても困りますよね。

 

【ライブラジオの告知】

ウメさんのツイッター(梅ちんさん@crazy_umechin)も是非チェックしてください!

また、ウメさんがホストのライブラジオ『ティーマカナーピー』もぜひチェックしてみてください!
毎晩、クレマニの秘密兵器ちーちゃん、TEAMあわよくばの皆さんで楽しいエロトークを繰り広げています。時々、レンジも参戦させていただいております。

【ウメラジオ『ティーマカナーピー』】
22:00頃~
ツイッター@crazy_umechin のアカウントで、ライブジオ、ラジオのアーカイブを視聴できます!
[ライブアプリ『ペリスコープ』で梅ちんをフォロー]
ラジオ配信 LA

 

現在、レンジがホストのクレマニラジオの方は不定期で発信しております。

【クレマニラジオ】
23:00頃~
ツイッター@RangeAbe のアカウントで、テスト放送しております。
平日は、このウメブログの編集あとがきを話します。
[ライブアプリ『ペリスコープ』でレンジをフォロー]

※ラジオはアプリを入れなくても、聴くだけならTwitter上で可能です!
(コメント参加にはログインが必要)

 

「ウメブログ今後も楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします! 次回はマニラに舞台を移します! 乞うご期待!!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

Ume
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

20 コメント

  1. ウメブログ31で思う事が有り過ぎで沈んでいましたが、話が切り替わり楽しく読ませていただいております。

    今回の復讐劇の金額は、梅さんにとって一桁違うかもしれませんが、この金額だから面白いネタになったのかもしれませんね。

    • みちをさん
      いつもありがとうございます。
      ブログのネタにしましたが私はただ飲みに行って少し噂話を流しただけです。

      当時の彼女たちにとっての30万はでかいと思います。

      引き続きよろしくお願いいたします。

    • 学生の頃、同級生が彼女を孕ませて中絶させました。示談金はちょうど100万だったそうです。
      今回のケースと比較は難しいですが、切ない話です。

  2. 交渉人ウメさんいつもありがとうございます。少し言葉が違うかもしれませんが立つ鳥跡を濁さずではないですがあまり高額でも余計な被害が出たかもしれませんしリリーさんも納得の30万ほどで良かったのかも知れませんね。ただ、正直昨日の時点では100万単位かなと思ってましたし、それくらいの正当性もあるような気がしましたが、リリーさんも20万円だけを請求するなんて、ホント余計に心が痛いです。健気というかなんというか同じ日本人として申し訳なく思いました。それにしてもウメさんやはり咄嗟の判断力素晴らしいですね。勉強になります!

    • かーわんさん
      いつもありがとうございます。
      金額よりも騙されたっていう気持ちの方がリリーにとって大きかったような気がします。
      咄嗟の判断ではないですよ、ただニーナと飲んでただけですw

      引き続きよろしくお願いいたします。

  3. 扉絵っていうんですか?海賊じゃないですか🤣
    しかも通貨がベリーって、ペソじゃないとw

    交渉人は上手く機能していたみたいですね。よかったよかった!何となくですけど、オーナーは100までは考えていたんじゃないですかね?そこから交渉で70ぐらいまで落として、なんて。いずれにせよ、オーナーには反省してほしいものですね。それでも安いですけどね。 Goddamn!!

    オーナーが羽目を外している店って基本的に破滅することが多いですからね。

    一件落着ですね(^^♪ よかったです。

    • Ackieさん
      いつもありがとうございます。
      後日談ですがこの店その後すぐに(お金をもらって1年位)でつぶれました。
      タレントが来なくなったのが理由みたいです。
      ほかにも手を付けたタレントと揉めたみたいでフィリピーナ側のプロモーターからタレントの派遣がされなくなったみたいです。

      引き続きよろしくお願いいたします。

    • なおこさん
      コメントありがとうございます。
      たぶんレンジさんもなおこさんを好きです。
      ガチ間違いありません。
      女性であれば全員好きという男です。
      気を付けてくださいwww

      引き続きよろしくお願いいたします。

  4. こんばんは

    上手くネゴ出来ましたね。。

    慌てず急がず、、相手の反応見ながら向こうから言わせる。。。

    素晴らしいですね。。

    弱きの見方ウメさんです。

    ニーナさんの攻めも気になりますーー

    • 鳩麦茶さん
      お疲れ様です。
      ただ飲んでニーナを口説いていただけですwww

      引き続きよろしくお願いいたします。

    • ウメさん、てっきりマージン取るのかなぁと思っていたら、「直接リリーに送金してください」ってイケメン過ぎるでしょ笑

  5. ウメさん、お疲れ様です。
    30万は安いですね!
    当時の30万だから今よりは価値があったと思いますが!
    しかし25年くらい前の話ですが、私の知り合いがフィリピンでタクシー会社経営していて
    (奥さんフィリピン人)車を貸したドライバーが人を轢き殺してしまい慰謝料いくらだと
    思うと聞かれて、私300万から500万くらいですかねと答えたら20万だよって言っていたのを
    思い出しました。
    当時のフィリピンの人には大金ですね!
    以前コメントで女の子妊娠させるたびに300万払って帰らしていたクズ不動産やの社長がいい人に思えて
    きました。

    • ボンさん
      こんにちは。
      前もコメント返信しましたが、300万は立派です。
      300万くれるなら妊娠したがるタレントはたくさんいると思います。

      当時の30万はでかいですよ、そのころ知り合いが女の子を買ってくれって言われていたらしく、6歳の女の子の値段が10万でしたからね。
      10万でわが子を売らないと生きていけないなんて切ないですね。

      引き続きよろしくお願いいたします。

    • はー。世の中、酷い話もありますね。
      改めて自分の境遇はまだ幸せなんだなぁと思い知らされます。
      今夜もラーメン屋のハシゴです。目指せ一晩で4軒!

  6. ウメさんお疲れ様です。
    ネゴシエーターお疲れ様でした。また一人のピナさんを救いましたね!!
    前編、後編と、とても良かったです。
    今まで何人のピナさんを救ったんでしょうか?

    • toshidesuさん
      いつもありがとうございます。
      私は誰も救っていませんw
      ただひたすら口説いていた事の副賞みたいなものです^^;

      引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here