ブログランキングリンク-トップ

 

フィリピーナ 面接 ktv

 

Hello guys!

先日、フィリピン10年目なのに『食あたり』になったクレマニ パーリーピーポー担当のダイスケです!

いや〜、食あたり、気をつけててもなるんですよね。この国は油断も隙もありません。

さて、日本ではお盆も終わり、何か寂しく感じてくるこの季節、皆様いかがお過ごしですか?

マニラに来たらそんな寂しく思う暇ありません!

寂しく思うことよりも、イライラすることがたくさんです(爆)

仕事もKTVも、イライラしちゃう私はまだまだ成長が必要と日々精進しております。

 

さて、今回の記事は新店レポートです。マラテの新KTV『ペントハウス PENTHOUSE CLUB』を紹介します!

 

【夜遊び】マラテの新KTV『ペントハウスクラブ PENTHOUSE CLUB』の紹介

 

 

マラテの新KTV『ペントハウスクラブ PENTHOUSE CLUB』について

KTV『ペントハウスクラブ PENTHOUSE CLUB』は、マニラのマラテエリアに新しくオープンしたお店です(2019年8月6日にオープン)。

マラテktv『ペントハウス PENTHOUSE』

こちらのKTVは、マラテの人気日本食レストラン『串まさ』グループが運営しています。

このグループは他にも、KTV『マブハイ』、KTV『PINKLADY』、『Candies』を経営していますが、内Candiesを閉じて新しく『PENTHOUSE CLUB』をオープンさせたとのこと。

 

マラテktv『ペントハウス PENTHOUSE』ニューオープン

 

今回、初めて訪れた感想をまとめると、

・結構可愛い子、ノリも良い子が多かった。

・一般のKTV以上、高級KTV未満の所にカテゴライズされるKTV。

・個人的には正直アリなKTVでした。多分通います(笑)

・VIPルームがないため、どうしてもVIPが良い方にはオススメしません。

と言う印象を持ちました。

詳しくは記事の後半に『新店レポート』を記述していますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

KTV『ペントハウスクラブ』のアクセス

マラテの中でも、最もKTVが密集するエリアにあります。KTV『カプリコーン Capricorn』の向かいにある、ビルの4階に入っています。

KTVペントハウスが入っているビルの写真
[上記写真、左手にKTVカプリコーン、右手のビル4階にKTVペントハウス]

 

ペントハウスの入っている白い4階建てのビルには、他にもKTV『ギオン GION』、『ピンクレディー Pink Lady』、『クラブオーシャン Club Ocean』などが入っています。

[KTVペントハウスの住所]
1720 4A4C Mabini St. cor. T AlonZo ST. Malate Manila

 

[KTVペントハウスのマップ]

なんと、すでにグーグルマップにも登録されていました(2019年8月上旬)。このようなところからも運営がしっかりしていると感じますね。

[参考記事 マラテ夜遊びマップ]
https://crazy-manila.com/topics/9341.html

 

KTV『ペントハウスクラブ』の料金システム

 

KTVペントハウスの料金システム

 

『PENTHOUSE CLUB』の料金システム1セット 90分 600ペソ
指名 380ペソ
レディースドリンク 380ペソ
延長 400ペソ
TAX&S.C 22%

VIPルームはありません。ダイニングスペースのみとなります。気持ち高めの価格設定になっていますね。

 

KTV『ペントハウス PENTHOUSE CLUB』新店レポート

 

8月某日のことです。

所用でイミグレーションに行き、その日は業務を終えました。直帰です。

直帰と言っても金曜日なので直で家に帰るわけがありません。時間はまだ午後5時を回ったばかり。

しかもここからマラテはほんの数キロ、目と鼻の先には魅惑のクレマニワールドがあるのにそのまま直帰するわけがありません(ゲス)。

平日はマカティを主戦場としている私ですが、平日にこんなマラテ近くにいるのに、時間もナイスな時間が近づいているのにマカティにそのまま帰るわけがない。

てゆーか、金曜日のアフターファイブにイミグレからマカティまで帰ると雨&渋滞で1.5-2時間近くかかるので帰りたく無い(この日は雨だった)。

時間を無駄にするわけにはいかなかったので、渋滞が解消するまで少し平日の夜のマラテのパトロールに出かけることにしました。

今日もどこかで私を待っている女の子がいるかもしれない、素敵な出会いを待っている子猫ちゃんがいるかもしれないと思うとパトロールせずにはいられませんでした。

(気をつけないと彼女らは猛獣になるのでご注意ください)

夕刻のマニラ
[夕刻のマニラ市街地]
しかし、時間はまだ17時を過ぎたばかり。早過ぎる。

駐在員のKTV友達に連絡するも、金曜の夜だしなかなか捕まらない。

 

一人でどこか行くかな〜と思っていたら、駐在員仲間のルイ君からラインが。

 

ルイ「マラテ行けますよ! でも20時過ぎになります! それでも良いですか?」

私「オッケーポ。待ってるポ」

ルイ「ではマラテに近くなったらまた連絡します!」

 

ってことで、愛すべき友達のルイ君をマラテで待つことになりました。

どこかで先に食事でも取ろうと先ずはマラテに向かうことに。

しかしなかなかグラブタクシーが捕まらない。タクシー難民。マニラ平日のアフターファイブあるあるです。

 

結局グラブを捕まえるのに45分、マラテに着くまで40分かかってマラテのニューワールドホテルに到着。着いた時には既に18:30くらいになってました。余裕で歩いた方が早いですね。

さすが平日のマニラ、ロンダルキア並みに攻略が難しいです。

 

マニラのマラテエリア 夜遊びではKTVが人気

 

さて、マラテに着いたものの、どこで夕食を食べようか。。。

ロビンソンのココイチでも行こうかなーと思っていると、目に飛び込んできたのはクレマニでも良く登場する日本食レストラン『串まさ』。

 

『そうだ串まさに行こう』

と思い、そこへ行くことにしました。

 

串まさには5組くらいのお客さん。

日本ではお盆前のこの時期。早めに休みを取ってフィリピンに来たのか、旅行者と思われる方々と、フィリピンの家族と合流したような団体の姿も。

この雰囲気が、いかにもマラテにありそうな日本食屋でアットホーム。私、串まさのこの雰囲気が好きなんですよね〜。

もちろんこのまま同伴ですよ的な方もいらっしゃいました☆

 

[串まさ豆知識]

串まさは早い時間帯に行くと、同グループのKTVで働いている女の子が浴衣を着てお店のウエイトレスとして働いているので目の保養にもなります。

可愛い子に注文を取って頂き、糖質制限中の私は牛鉄板焼きのみ注文。

日本食レストラン『串まさ』
[串まさ 牛鉄板焼き]

野菜と肉をがっつり食べました。牛肉も多いです。

その後、目に入ってきたメニューがこちら。

マニラの日本食レストラン『串まさ』メニュー

やみつきそば!病みつきそばって言うか、あぶらそば!(書いてあるけど)

糖質制限していたのになかなかそそるアイテム。3秒迷ってオーダーしました☆

オノケンさんがいたらメチャメチャ叱られそう。レンジさんなら共感してくれそう(笑)

日本 やきそば マニラ
[串まさ やみつきそば]

美味しくいただきました。酢が合う!

酢を入れてさっぱり食べれてます。酸味を入れて脂っこさを消してカロリーゼロです!

お腹もよくなりどこのお店に行こうかなと考えていたら、店内でこんなものを見つけました。

なんと! 新しく串まさグループが新店舗をオープンさせたようです。

店員さんに話を聞くと既に数日前に営業開始しているとのこと。

串まさは「マブハイ」「PINKLADY」「Candies」を経営していたが、Candiesは閉じて新しくPENTHOUSEをオープンさせたと言う話でした。

Candies はレメディオスサークル近くで少し離れていたけど、PENTHOUSEはPINK LADYの上のフロアで、串まさに近くなったと。なるほど。

PINK LADYもCandiesも時々行っていたので、これはマラテの新店舗パトロールに……

マニラの新しいKTVへ行こう

でしょう!

 

行くお店も決めたし、ルイ君を待つためクレマニのレンジブログ外伝を読みながら時間を潰しました。

そしてルイ君も時間通り20時前に着きそうと連絡あったので串まさを出ました。

マビニストリートを南に進みお店に行きます。

 

レンジさんオノケンさんのマラテのホーム『RIVIERAマンションホテル』を通り過ぎる。

マニラ マラテのおすすめホテル
マラテのおすすめホテル『リヴィエラマンションホテル』の予約はこちら

 

KTVカプリコーンでルイ君と合流し、いざお店へ。

ルイ「ダイスケさーん、お疲れ様です!」

私「ルイ君! 急なお誘いなのに来てくれてありがとう!」

ルイ「どうせ今日こっち来る予定だったんで(笑)」

私「マジで? それは調度良かった」

ルイ「友達が深夜便で今日マニラ来るんですよ。なので1時くらいまで付き合ってくださいね!」

私「お、おう。そう言われちゃ帰れないよね」

ルイ「そうですよーダッシュで来たんですから1時まで付き合ってくださいね!」

この時点で3セットくらいパトロールするのが決まりました(笑)

 

カプリコーンを左に曲がりPINK LADY、PENT HOUSEの入っているビルに入ります。マビニ通り沿いにビルの入り口は無いので見過ごさない様にしましょう。

ビルに入る前になぜか20−30人の女の子たちとすれ違いました。

呼び込みのボーイに話を聞くと話を聞くと、PINK LADYで面接をしていたようです。

フィリピーナ 面接 ktv

これは、新しい子たちが入ってくるので串まさグループに期待が持てますね!私服のKTV嬢予備軍たち大勢見れてラッキーでした☆

 

私「知り合いいなくて良かった〜(笑)」

ルイ「僕一人どっかで見たことある子いました」

私「マジかよ(笑)流石だな」

 

フィリピーナ 夜遊び面接

 

ビルに入りエレベーターで4階へ行くとお店がありました。

 

私「おー、綺麗」

ルイ「綺麗ですね!新店なんですね!」

私「そうそう、串マサグループの新店舗」

ルイ「結構いっぱいありますよね」

私「他と比べるとちょっと金額が高め設定なんだよね」

ルイ「その分期待しましょう!」

私「That’s right.」

 

マラテktv『ペントハウス PENTHOUSE』 エントランス

 

入り口から店舗に入る通りには女の子がたくさん。推定25人。

結構可愛い子がいました。

 

私「VIPルームは無いんだね。PINK LADYと一緒か。」

ルイ「そうですねー。お店の大きさが一緒だから作りが似てますね。VIPルームつくるスペースがないですね。」

私「そうね。でもなんか雰囲気がエロいね☆PINK LADYは明るいエロさ。こっちは大人なエロさ。高級感もあって好きかも☆」

ルイ「わかります!良い感じですね!」

私「てゆーか、俺知ってる子いたわ(笑)」

ルイ「僕もです(笑)」

私「Candiesと昔PINK LADY にいた子がいたわ」

ルイ「そうですね、Candiesを閉じて、女の子もそのままこっちに移動したんでしょね……」

 

ママも知った顔で挨拶。

ママ「ヒサシブリーゲンキー?」

私「お久しぶりです」

ママ「アタラシイオミセ カワイイコイッパイ」

私「ではショーアップお願いします」

ママ「ショーアップ オネガイシマーッス!」

 

マラテktv『ペントハウス PENTHOUSE』 ダイニングスペース ショーアップ

 

私「結構可愛い子多いな」

ルイ「そうですね、知ってる子も結構います(笑)」

私「いるね(笑)」

ルイ「ダイスケさんどの子ですか?」

私「このバッヂは2名いるね。右3左赤」

ルイ「なるほど。僕は左3のパイオツカイデーの子ですね」

※女の子が被らない様に二人で女の子にわからない様に暗号を使いわけています。『右2左赤』=右から二人目と左の方の赤いドレスの子
『左3のパイオツカイデー』=左から3人目のオッパイデカイ子

と言うことです。日本語わかる子がいるとたまに解読されます(笑)

 




 

私「では次のバッヂで」

ママ「ネークスト!」

 

ルイ「どうですか?」

私「やばい、結構好きなタイプいた」

ルイ「どの子ですか?」

私「真ん中の青の子」

ルイ「あーなるほど、好きそうっすね」

私「でもパイオツ小さめなんだよな。ルイ君は?」

ルイ「僕はどうしようかな〜僕はさっきのパイオツカイデーな子にします」

ってことで女の子を指名して楽しみました。

ペントハウスの女性

私が選んだ子はPENTHOUSEがオープンするにあたり、友達に誘われて初めてこの世界で仕事を始めたとのこと。外見は慣れてるかと思ったら内面は擦れていない良い子でした☆

ドリンクも女の子からねだってこなかったので、こちらから一杯飲みなさいと言ってしまいました(笑)

擦れてないのでねだってこないのはこの子だけかもしれませんが。

 

PENTHOUSEの印象としては、結構可愛い子が多く、一般のKTV以上、某グループの高級KTV未満の所にカテゴライズされるKTVと言った感じ。ノリも良い子が多かったです。

個人的には正直アリなKTVでした。多分通います(笑)

VIPルームがないため、どうしてもVIPが良い方にはオススメしません。

あと気になったのは、エアコンが寒かったですね。行くときは長袖を用意しておきましょう。

 

以上、【夜遊び】マラテの新KTV『ペントハウス Penthouse』紹介の記事でした。

See you next time!!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事欲望を放出し続けた旅。フィリピンの地でテクノブ○イクで死にかける
クレマニ次の記事【海外】日韓代理戦争!? フィリピンで一足先に一戦交えてみた!
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

Daisuke
ダイスケはマニラで働く30代日本人。10年前から居住している。きっかけは友人から世界旅行の経験を聞き、フィリピン留学を決意してから。駐在者ならではのリアルな経験をアップします。クレマニのゲス担当。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

5 コメント

  1. マビニストリートの中心部にある白いビルですね。昨年に立て直しが終わり次々とKTVが入っているようです。
    夜間はビルの上から女性たちの呼び込みの声がかかります。
    1Fのギオンも入りやすい雰囲気でおススメです。
    ペントハウスは高級路線?かもしれませんが…VIPが無いのが大変残念ですね。

  2. 道を歩く女性たちの写真がリアルですね。
    ペントハウス、また今度チェックしてみます! ダイスケさんの記事は現地の生の情報なので、大変参考になります! 更新頑張ってくださいね!

  3. ダイスケさん、初めまして。
    そのころ私は、南山でtinderで引っ掛けたオネーチャン2人組と焼き肉食べてました。
    その後にmusic21でカラオケしてたので、半径数十mの範囲に居ましたね!まさにニアミス!
    長野のクレマニ読者の方の強力なサポートを受けたのですが、オネーチャンと二人きりになることはできませんでしたw
    また情報楽しみにしております!

    • ちーちゃんさん。

      長野の人です(笑)
      この場をお借りして・・・
      ほんとうにお世話になりました。
      空振りサポートで申し訳ありませんでした。
      できる限りは尽くしたつもりですが相手のブロックも堅かったです(-_-;)
      失敗しましたが、楽しかったです。
      今後もどんどん行きましょう!
      また現地でお会いできたら、ギブ&テイクでコンビ組みましょう(笑)

      • ホモ達1号様

        ホモ達は勘弁してください笑笑
        お世話になり、ありがとうございました。
        絶対にデング熱と思いましたが、ご無事で何よりです。
        またいつかお会い出来るのを楽しみにしております。
        あいつらブロック堅かったですねw
        次回頑張りましょう!

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here