ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

LAカフェはフィリピンマニラはマラテを愛する人ならば一度は行ったことがあるというより、みなさん好きだとは思いますが、そこであるフィリピーナと出会いました。そのフィリピーナから語られたLAカフェに来た理由が衝撃的なものでした。フィリピンの闇にまた一つ触れた気がしました。

LAカフェで出会ったフィリピーナの口から語られた衝撃の内容

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 

 

[マカティの人気KTV真珠の森へ。偶然に見つけてしまった衝撃の光景]

LAカフェをでた私たち。

 

私「いやぁ、ただのLAカフェ新人かと思ったら、思わぬ子と出会っちゃいましたね」

レンジ「そうだね。フィリピンの闇とまた一つ出会ってしまった感じだね」

 

私「そうですね。しかしあの子大丈夫なんでしょうかね?お金もそうですが、乱暴されたりしなければいいですが...」

レンジ「そうだね。まぁ、連絡先聞いたし、彼女が無事に田舎まで帰るまでは連絡取り合ってみるとするよ」

 

私「お願いします。さて、レンジさんはケソンの方に向かうんですね。早く行かないとまたマルコにキレられますよ」

レンジ「そうだな。ケンさんもマカティまで気をつけてね。すぐ行くの?」

 

私「いえ、今回はメイにだけ土産を購入したので、それはもう気合入れて土産選びをしました。それがホテルにあるので、まずは取りに行って、ボディーシートで体を拭いてから向かいます。到着予定は8時ってとこですかね」

レンジ「了解!ではまたマラテで11時ごろに会おう!!」

 

そうしてレンジさんはそのままケソンに向かった。

私も身支度を整え、メイへの魂のこもった土産たちを握りしめてマカティへ。

 

もうGrabにも慣れてきたものである。

真珠の森へ直接到着、そして店前にいたボーイにメイがいるかどうか聞いた。

するとメイはまだ出勤しておらず、遅刻しているとのことであった。

店の人が電話で確認した(親切)ところ、もう少ししたら到着するようである。

 

少しお腹が空いたので、近くのマクドナルドで軽く晩御飯を食べながら時間を潰そうとマクドナルドに向かう。

もう少しで到着しようとしていた時、前からなにやら見覚えのある人物があるいてきた。

 

 

 

メイだ...

 

 

 

 

 

男と一緒に...

 

 

 

 

 

 

仲良くお手手まで繋いで...

 

 

 

 

 

 

硬直する体...

 

 

 

 

 

 

すれ違う瞬間、一瞬だけメイと目が合ったが、反応はなかった。

すれ違って少しして後ろを振り返る。

 

彼氏に職場まで送られている最中なのだろうか...

 

私「・・・・」

 

持ってきた土産をパサリと落とす。

 

私「俺アホみたいだな。気合入れて土産買ってきて、直前でメイとその彼氏に遭遇するとは...帰ろう」

 

 

“帰ろう”...一度はそう思ったが、約束していた土産くらいは渡さないといけない。

店前にメイを呼んでもらって土産だけ渡して

 

“彼氏いないとか言いながら、おるやんけ!この嘘つきめ!!でも俺は約束は守ったぞ!!さらばじゃ!!”

 

とでも言うか...

 




 

 

 

とりあえず真珠の森へ。

店の人に“土産だけ渡したいからメイを呼んで”と伝え、メイを呼んでもらった。

1分もしないうちにメイが登場。

 

メイ「久しぶり!!どうしたの?入らないの?」

私「彼氏いないって言ってたのに、彼氏みたいな人いるじゃん!さっきマックの前で会ったでしょ?」

 

メイ「あぁ、やっぱりあれはケンさんだったんだね。私も気が付いていたよ。でもあれは彼氏じゃないよ。今日は同伴だっただけだよ」

私「同伴?いや、でも手を繋いでいたし、そうは見えなかったんだけど...」

 

メイ「いや、お客さんなんだから、向こうから手を繋いで来たら仕方ないでしょ?」

私「まぁ、そうだけど...」

 

メイ「でしょ?彼氏いないって前に言ったばかりじゃない」

私「うん、そうか。同伴だったか。すまん、同伴のシステム知らなかったもので」

 

メイ「同伴じゃなかったらただの遅刻よ!?私遅刻しないことで有名なんだから!遅刻しながらもゆっくり手を繋いで出勤させるような彼氏なんて御免だわ!私はこれから準備するから、準備が終わるまでの時間ヘルプの子がつくだろうから、その子に私に彼氏がいるかどうか、今日が同伴だったか聞いてみたらいいじゃない!」

私「わかりました、なんかごめんなさい」

 

そして入店した。

私の(たぶん)思い違いであったが、少なくとも先ほどの男はメイの恋人ではなさそうである。

メイの準備の間、ヘルプの子と話をしたが、特にメイが今日同伴だったのか・彼氏はいないのかについては聞かなかった。

 

ところで、真珠の森は喫煙室があるのだが、その喫煙室は一階の元VIPルームだった部屋である。

ここがまた居心地がよく、私はけっこう頻繁に使用する。

 

メイが隣にいる時はほとんど使うことはないが、ヘルプの子がついたときはよくタバコを吸いに行く。

メイもかなり人気があり、たびたび指名がかぶるため、よくヘルプの子がつくことになる。

そういったときはヘルプの子には席にいるように指示し、自分は喫煙室でのんびりタバコを吸いながらのんびり携帯をいじるのである。

さて、けっこうな時間を待った気がするが、ようやくメイが私の元へ登場した。

しかし...

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事LAカフェで出会ったフィリピーナの口から語られた衝撃の内容
クレマニ次の記事【夜遊び】フィリピン マニラのゴーゴーバー初体験記
オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here