ブログランキングリンク-トップ

 

バタンガス リゾート おすすめ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[レンジブログ前回のあらすじ]

2019年、年明け。今年もマニラへ遊びに行くのは変わらず。フィリピーナ彼女の誕生日を祝うため、マニラへ。

[前回記事]
【レンジブログ166】フィリピーナ彼女の家族とバタンガス旅行へ出発

 

レンジブログは第三章で完結しています。

そして、それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

オノケンブログ

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」
オノケンブログ累計400万PV達成 第一話へ

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。

ここまで三つの外伝がそれぞれ完結しています。

 

 

【レンジブログ167】バタンガス旅行は「キャンプネタンヤリゾート」へ!

 

ーー午前10時を過ぎた頃。

マルコ宅を出発し、バタンガスへ向かい始めた。

 

フィリピン レンタカー
[午前中のエドサ通り]

 

予定通りに行けば、目的のホテルまでは2時間半で到着する。

ホテルチェックインの時間帯を考えればちょうど良いだろう。

 

助手席のマルコは「行く途中にお気に入りのケーキを買いたいわ。何処かで寄って」と。

後部座席の母親と弟はスマホで音楽を聞いたり、ゲームをしたりしてリラックスしていた。

マニラ市街地をマニュアル車で進む。

車内では、私一人が緊張していた。

慎重に、無事故で戻って来ることが一番だ。

 

マニラからバタンガスへの道
[マニラからバタンガスへ。約100km、2時間~3時間の道程]

 

ーー幸いにも、この時にはもうマニュアル操作を思い出し、スムーズなドライブが出来ていた。むしろ、運転する楽しさすら感じる。

エドサ通りの渋滞は多少あったものの、その後高速道路へ。

高速道路にも車は多かったが渋滞が発生するようなことはなかった。

 

そして、高速に乗ってから1時間ほど。

一度、トイレ休憩のためにサービスエリアに立ち寄った。

マルコお気に入りのスターバックス。

 

フィリピン サービスエリア スターバックス
[フィリピン 高速道路 サービスエリア スターバックス]

 

ここに目的のケーキがあるのだと言う。

マルコは一人で入って行った。

 

私は離れたところにある喫煙所へ。

母親と弟はお土産物屋で時間を潰していた。

 

しばらくするとホールケーキを手にしたマルコが出て来た。

「Perfect! (完璧よ!)」

目的を達した彼女はご機嫌だった。

 

ーー私たちは皆でトイレを済ませた後、再び高速道路へ戻った。

途中、雲行きが怪しくなり小雨が降ってきた。

 

バタンガス旅行の道中 レンタカーにて
[バタンガスへ向かう高速道路にて]

 

大丈夫かな…。

そして、高速道路を降りて、一般道に入る。

 

天候はすぐに変わり、バタンガスの街中に入ると、空は気持ち良く晴れ始めた。

ホテルまでもうすぐ。

 

バタンガス リゾート ドライブ
[バタンガス リゾート地の市街地]

 

私は一点、気になっていたのは「食事」のこと。

事前にマップで確認する限り、付近はホテルしかなく、外でディナーのような事は期待出来なかった。

マルコにその事を聞くと、「宿泊者はほとんどホテル内のレストランで食べるみたいよ」と。

なるほど。私はそんなに高価ではない事を期待した。

 

ーーバタンガスの市街地を抜け、山道に入る。

少し傾斜のある道路を進むと、次第に海が見えてきた。

 

深い青色。

綺麗な海だ。

 

バタンガス リゾート おすすめ

 

車内はお祭りのように賑わっていた。

皆、海を見るのは昨年のダバオ旅行以来。海を見てテンションが上がらない訳がない。私も「うおー、綺麗っ!」と声を上げた。

 

ーーホテル「キャンプネタンヤリゾート」に到着。

車を駐車場に留めて、荷物を降ろす。

ホテルの外観は大きな教会のようだった。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[ホテルエントランス外観]

 

ホテルのスタッフに導かれながら、中に入る。

ロビーには宿泊客らで少し混雑していた。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[エントランス付近待ち合いロビー]

 

私たちは順番が来るまでの間、付近を少し散策することにした。

中に入ると、とても素敵な内装で、テラスの奥には海、水平線が見えていた。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[キャンプネタンヤのロビー奥から望む海]

 

「Range, come on! (レンジ、こっち来て!)」

テラスに出たマルコが嬉しそうに呼んでいる。なんだろう。

下を指さしている。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[エントランス奥から望むキャンプネタンヤ]

 

おおー!

なんかオシャレな建物だ。フィリピンに似合わないような……。いや、失礼。

地中海に面したリゾート地を思い浮かべる。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[下のプールから見るホテル全体像]

 

弟が下へ走って行ったので、私たちも付いて行った。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[海との境界線を創るプールサイド]

 

海よりもプールが嬉しそうな弟。

「Range! Let’s swim! (レンジ! 泳ごう!)」

「Okay, later! (いいよ、後でね!)」

 

私は減量期ではあるのだが、ぽっちゃりだ。水着になるのは恥ずかしいのだが、このプライベートな感じがある場所なら大丈夫だろう。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[ホテルの建物はディズニー映画に出てきそうな雰囲気だった]

 

しばらくプールサイドで写真を取った後、受付カウンターへ戻った。

 

ーーチェックイン後、母と弟は「デラックスツイン」の部屋、私とマルコは「スーペリアクイーン」と言う部屋に入る。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[スーペリア クイーン]

 

おお、清潔感があり、しっかりとした作りのベッドだ。

窓を開けると海が一望できる。

素晴らしい。

 

ーーしかし、マルコの不機嫌が急沸騰する。

 

「部屋にバスタブがない!」

 

バタンガスおすすめリゾート キャンプネタンヤ
[部屋のシャワースペース]

 

うえっ!? マジで?

 

バタンガス リゾート おすすめ
[トイレスペース]

 

私は二部屋ともバスタブ付きの部屋を予約したつもりだった。

しかし、ホテルスタッフの言い訳によると、アゴダに掲載していた情報が更新できていなかったとのこと。

スタッフは手違いがあったことを深く謝罪してくる。

まぁ、フィリピンだからしょうがないか。

 

私とマルコの部屋は、シャワールームとトイレ兼用。少しグレードの落ちる部屋になってしまった。

 

それでも二人では十分余らすスペースだ。

テラスに出ると、心地よい風と青空、海が広がっていた。

 

バタンガス リゾート おすすめ
[ホテルの部屋の外]

 

それぞれの部屋で荷物の整理をする。

 

私の荷物は少なかったため、すぐに終わる。そして、部屋のテラスへ出てタバコを吸う。

……んー、旨い。

バタンガス、なかなか良いところではないか。

気に入ったぞ。

 

ーー小一時間ほどすると、母親と弟も準備ができたようで、とりあえず遅めの昼食をレストランで食べることにした。

 

ちなみに、料理の物価はリゾート価格であった。

以下、参考までにレストランのメニューを掲載。

バタンガスおすすめリゾート キャンプネタンヤ レストラン メニュー 値段 バタンガスおすすめリゾート キャンプネタンヤ レストラン メニュー 値段[若干高いかなと思われるレストランメニュー]

 

ーー私は皆のお気に入り、いつもの外食用メニューをオーダーした。

 

バタンガス リゾート おすすめ レストラン
[キャンプネタンヤ内のレストランにて]

 

フライドチキン、シニガンスープ、サラダ。四人でシェアしながら食べるとちょうど良い量だった。

四人お腹いっぱいになって、1,500ペソほど。

これなら夕食もそんなに高く付きそうにない。よかった。

 

食事を終えた頃、午後3時を過ぎていた。

 

家族は「昼寝がしたい」と言い出した。

私はせっかくリゾートに来ているのにと思ったが、確かに眠い。

夕方から活動するとして、今は少し眠ろうか。

 

 

「この記事が面白い」と思った方、あるいは「レンジ、今日の記事、笑うところあった?」と思った方、ブログ村の応援よろしくお願いします!

 

バタンガス旅行おすすめホテル紹介

「キャンプ ネタンヤ リゾー トアンド スパ (Camp Netanya Resort and Spa)」

キャンプ ネタンヤ リゾー トアンド スパ (Camp Netanya Resort and Spa)はバタンガス旅行でおすすめのリゾートホテルです。
小高い丘で海に面しており、プールサイドから見るとディズニーアニメに出て来そうな雰囲気のホテルです。
マニラ市内から車で約3時間ほど。食事はホテル内のレストランかルームサービスを利用できます。
シーサイドは「岩場」で白い砂浜ではありません。砂浜やシュノーケリングへのアクセスはホテル内のチャーター船を利用します。
ホテル内にはジムやスパ、お土産物屋やショップも充実しています。
バタンガスの人気リゾートホテルです。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事マラテ内絶対おすすめKTVランキング!オノケンver(2019年最新)
クレマニ次の記事【レンジブログ168】マニラから近いおすすめリゾート「バタンガス」
レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

レンジ
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

5 コメント

  1. バタンガスは良いところですよ!マニラから近場のリゾート地ですね。

  2. レンジさん、マニラ市内も運転出来るんですね…私は怖くて運転なんて考えられません!

  3. 電気あんまをしなくてよくて何よりです。されるレンジさんも嫌でしょうが、私も多少なりともレンジさんに1時間耐久で電気アンマはちょっとね…

  4. なんだ!この嵐の前の静けさは?狙っているのか?多分 狙っているでしょう?

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here