ブログランキングリンク-トップ

 

 

 [ウメブログ 前回のあらすじ]

クレマニのホレ担当ウメ。現在50代後半。約30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。
このとき人生二度目のフィリピン、滞在予定は10日間。初日はローカルフードとゴーゴーバー巡り。
【ウメブログ3】30年前のフィリピン、マニラの夜遊びゴーゴーバー

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは、オノケンブログ、レンジブログ、ポットブログの三つのブログがメインコンテンツでした。そして、この度新たに『ウメブログ』の新連載がスタートしました。

 

 

ウメブログは約30年前のストーリーから展開します。

ウメさん、人生二度目のフィリピン旅。

到着初日の夜、現地の不審な男性に声を掛けられ、怪しくも付いて行ってしまいます。

 

それでは、ウメブログ4(第一章第2話)をスタートさせていただきます。

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 


↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ4】マニラの怪しいスポット、リーサルパーク&置屋巡り

 

 

ーーホームレスの男性に連れられて、ベイウォーク沿いを1分ほど歩く。

 

突然、彼が立ち止まる。

何だ?

 

彼は指をさしながら笑っている。

 

堤防の上から足元の消波ブロックを覗きこむ。

んんん?

 

はうあっ!?

こんなところで何やってんだ!?

 

ーー足元下、1.5ⅿ位のテトラブロックの上で男女が公開試合をしているではないか。

さらに周りを見てみると、何人かのフィリピーノがニヤニヤしながら覗いてる。

しかもカップルはそれに気付いているのに、気にもしないで腰を振り合っている。

男の方はこちらに手を振ってくるくらいだ。

 

何ともまぁ。

素敵な光景。

本当にフィリピン人はバイタリティー豊富で、貧乏でも元気で、日本人のようにうつむいて歩いている人はいない。

国民性なのか、南国あるあるなのか解らないが。

 

ーーしっかりと笑わせてもらったので、ホテルに戻って寝ようか。

ホームレスのお兄ちゃんに「Good night」を言って、その場を離れようとすると、

「おい、リサールパークには行くなよ」

と言う。

「なぜ?」

聞くと、

「行けばわかる」

と言う。

 

「行くな」と言って「行けばわかる」ってどういう事?

つまりそれは「行けって事でしょ」と理解する。

んー、何だか危険な臭いもするし。行きたいような気になってくるが。

大人しくホテルへ戻ろうか……。

 

宿泊先ホテル ダイアモンドホテル おすすめ マニラ
[ダイアモンドホテルエントランス]

 

ーーそして、ホテルの部屋に戻ると、やはりリサールパークが気になる。

地図で確認すると、ホテルの西側で意外と近い。歩いて行ける距離だ。

時間もまだ日付が変わった頃……。

これは行くしかないでしょ!

 

ーー私は再びホテルを出た。

細い路地を避け、ロハス通りから向かう。

公園に着くと何があるのか解らないので、中には入らず公園の側道を北上して進む。

 

マニラ リーサルパーク 夜
[リサールパークの夜の様子]

 

すると、公園内のヤシの木に寄り掛かるようにポツリポツリと女性らしき人影が。

どうやら『相手』を探しているようだ。

なるほど、この公園は夜になるとこのような『出会い』を求める女性が沢山いるのか。

 

あとから考えれば、『なんであんな寂しい所に居るのか、もっと人通りのあるところに行けばいいのに』と言う疑問は残るが。

 

ーーしばらく歩くと、私の気配を感じた女性が声を掛けてきた。

 

「お兄さん、遊ばない?」

 

やっぱりか。

顔を見ると割と好みだ。スタイルも程よい。

 

しばらく談笑した後、

「私のホテルで呑む?」

と誘うと、「OKだと」言う。

 

これはマニラ遊び初日でゴールゲットか!?

私は先ほどのテトラポット上の試合を見て、多少なりムラムラしていた。

 

二人で手をつなぎ、ホテルへ戻ることにした。

 

マニラ リーサルパーク 夜
[夜のリーサルパーク イメージ]

 

ーー期待をしながら、本日2回目のスカイラウンジへ。

 

1時間ほど呑んでいると、ほろ酔いに。

 

そして部屋へ。

 

彼女は、

「先にシャワーをする」

と言い、バスルームへ消えた。

 

ベットに横になりながら彼女を待つ。

しかし私は、その間に不覚にも寝てしまった。

この日、日本で寝坊から目覚め、今は夜中。

疲れのピークだった。さらにお酒も入っていたので仕方がないが。

 

ーー気が付いた時は朝だった。

 

隣には彼女が寝ていた。

 

ムフフフ。

これは朝から初ゴールチャンスではないか。

 

そっと手を伸ばし、彼女の顔をこちらに向けようと触れた瞬間、

 

ジョリ

 

それが何なのか気が付くのに時間は必要なかった。

 

しかし、もしかしたら違うかもしれない。

もう一度確かめよう。

 

ジョリ

 

オカマにビビる日本人

 

髭、髭がぁああっ!!

 

驚いた私は飛び起きるように逃げ、ベット下に転落した。

 

しばらく呆然とする。

どうする俺……

どうする俺……

私の頭はフル回転をしていた。

 

幸い彼女、いや彼はまだ起きていない。

私は逃げることにした。

 

机の上に、

「仕事があるので出かけます。気をつけて帰ってね」

とメッセージを残し、チップとしてP2,000を添える。

 

貴重品は金庫の中だし、取られても洋服だけだから大丈夫だろう。

それより彼が目が覚める前に逃げなければっ!

慌てて着替えて部屋を出た。

 

エントランスを出ると、ドライバーのタイソンが手を振っていた。

すぐに呼び寄せ、彼に「すぐ出して! ロビンソンに!」

と告げ、とりあえず脱出は成功した。

 

朝飯を食べながら私の貞操が守られたことに安堵した。

 




 

この頃のロビンソンは今のロビンソンコンドミニアムの所に建っていて、コンクリート造の内部に丸い螺旋階段が在り壁に丸い窓があった。

あの名曲、スピッツのロビンソンの歌詞を思い出す。

『いつもの交差点で 見上げた丸い窓は 薄汚れている・・・』

である。

しかし、曲名のロビンソンはマニラのロビンソン百貨店ではなく、タイにあるロビンソンがモデルのようだ。

 

さてまだ時間も早いし昼過ぎまでは部屋にも戻れないし……。

今日は『置屋』と言う所があり、そこに行く予定だった。

置屋は女性を指名して店外デートが出来る場所だ。

 

置屋に行く時間帯は夕方良いとのこと。

女性は昼過ぎ頃からぽつぽつと店にやって来て、行くのが遅いと良い子がいなくなるからだ。

 

[当時の置屋情報]

・当時はマカティ、パサイ、マラテの交わる辺りにたくさんの置屋があった。

・白人は酔うと乱暴するから、日本人だけしか客を取らないと言っていた。

・料金はレートに関係なくいつも1万円(ペソではなかった)。

・連れ出してから翌朝の8時に解散するまでは自由。

・気に入れば滞在期間中ずっと一緒に居てもうことも可能。

 

ーーロビンソンモールとハリソンプラザをぶらつき、午後1時を回った頃。

彼はそろそろ帰っただろうと思い、ホテルに戻ってみる事にした。

 

……部屋には誰もいないようだ。

まずはホッとする。

机の上に置いた私のメッセージに、「Thank you!」と書かれていた。

 

本当にアメリカ人には困ったものだ。彼らが軍事施設を置いた場所には必ずゲイ文化が根付く。

(強者『安川』がバクラと試合した時、「中がツルツルで気持ち良くないっす」と語っていた。)

 

ーー夕方になりタイソンと置屋を巡る。

看板も何もなく普通の少し大きめの一軒家。大体どこも同じような建物と内部。

入り口を入り室内に入ると経営者らしき男がボタンを押す。

すると家中に聞こえるようなベル音が鳴り響く。

バタバタバタ2階やあちらこちらの部屋から女の子が広間みたいな部屋に集まってくる。

広さにして20畳くらい。

部屋の壁際に、コの字にソファーが置かれておりそこに20~30位の女の子が座っている。

その正面の椅子に誘導され品定め、好きな子を選ぶシステムだ。

 


[置屋内のイメージ]

 

一斉に全員が私を見るので、何とも目のやり場に困る。

しかし最初こそ恥ずかしかったが、慣れるとこれもまた楽しい。

本当はいろいろな置屋に行きたかったのだが、この時初めてだったこともあり、「タイプがいないからまたね」とは言えず。

 

その中の一人を選んだ。

色白で細身の18歳の子であった。

 

ーー彼女を連れマラテへ戻り、一緒に日本料理屋『将軍』へ。

食事をしながら色々話し、お酒を呑んだ。

気の良い女性で、すぐに仲良くなった。

 

手を繋いでホテルへ戻る。

まるで恋人同士のような感覚だった。

 

私はすっかりこの女性を気に入った。

今回の滞在中はずっと居てもらう事にした。

 

私は初めてのマニラ冒険以降、置屋遊びが気に入り、毎回行くようになる。

 

 

 

[ウメブログ4終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次話、ウメブログ5「置屋の女の子に母親を紹介される」

 

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! 一人で夜で歩くの危ないっすよね。すごい勇気ですね。私は今もびくびくしながら歩いてます。しかし、周りの人は私にビビってます。なぜマニラにゴリラが?と。

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! パサイの方やクバオの方には何軒かありますよね! 私も最初行ったときはビックリしました。戦地のような住宅街の中にいきなり華やかな女性たちがいるので……。興奮したであります!

 

「ウメブログ今後も楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします! 次回、母親ってまさか!? 乞うご期待!!

 

ウメさんのツイッター(梅ちんさん@crazy_umechin)も是非チェックしてください!

ウメさんは以下のクレマニラジオ(テスト放送)にも参加して頂いております。

ちなみに昨夜はウメさん、秘密兵器ちーちゃん、ミカエルさん(TEAMあわよくば)が23:00からラジオをされていました。
今夜もお三方でするそうです!

今夜はミカエルさんがホストです。ラジオはツイッターから視聴できます。

⇒ミカエルさんのツイッター https://twitter.com/michael8_ta

⇒TEAMあわよくばさんのブログ https://www.awayokuba.net/

クレイジーマニラ ラジオ

なお、ラジオ上でコメントを残したり、会話に参加したりする場合は以下のアプリ『ペリスコープ』が必要です。

よろしければインストールしてみてください!

私以外にも、ポットさん(@pot_crazymanila)もラジオをしています!

 

【クレマニラジオ:ウメブログについて】
ツイッター@RangeAbe のアカウントで、この記事の編集あとがきをラジオで話します。テスト放送ではありますが、ぜひ絡んでください!(日本時間の23:30-24:00頃。9割下ネタ発信しておりますが、エロチャンネルではありません。)
[ライブアプリ『ペリスコープ』でレンジをフォロー]

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

Ume
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

25 コメント

  1. 新しい世界が見えたかもしれませんよ!

    ジョリジョリ!!

    次回はお試し体験してください!!(笑)

    • 怨霊さん
      いつもありがとうございます。
      いやいやいや その経験はオノケンさんに任せます。
      ソロでフィリピン入り初日に連れて帰ったのがバクラこれは流石にしびれました。
      これからもよろしくお願いします。

    • ウメサン 貞操の危機回避おめでとうございます(^^)
      自分もマカティの置屋に初めて行った時は 「こんな場所?」とドキドキし 沢山の女性を前にしてダブルでドキドキした記憶があります。
      その後は マニラ初心者を連れて行き ドキドキしている顔を見ているのを 楽しみの一つにしています -y(^。^)。o0○
      今後も 楽しみにお待ちしています!!!

      • ryokunさん
        いつもありがとうございます。
        あの置屋のスタイルは日本に無いので暫らくはれにハマりましたw
        確かに他人があれでドキドキしている姿は笑えそうですねw
        これからもよろしくお願いします。

  2. ウメさん、お疲れさまです。

    私も初フィリピンはレベル0、3名でマラテの置屋でした。
    何せ20半ばであの環境は、ただただ圧倒されたのを覚えています😅

    今でも、初心者を連れて行く時は、私は関係無いのに同行して楽しんでます。
    ただ、残念ながら最近はそのパターンも暫くは無いので、是非とも初心者🔰を連れて行きたいものです😅

    今後の展開も楽しみにしております。

    • ターシャさん
      いつもありがとうございます。
      やはり皆さん同じような経験をしているのですね。
      確かに見るだけでも楽しいですよねw

      これからもよろしくお願いします。

  3. 冒険の仕方がエグイですねw
    ダイアモンドホテルから深夜にリサールパークまで歩くなんて初心者としては強心臓です。当時あそこ暗かったですよね?しかもスッポリとバクラの罠に落ちているとは・・・🤣あそこら辺はくらいですからね~😨しかも相手はちょっときれいだったりするから質が悪いw
    置き屋は主にマカティ界隈のところを使ってましたけど、たまにモンスターハウスに案内されてドライバーと地の果てまで逃げたことがあります( ̄▽ ̄;)まぁ、ジュピター沿いなので近くのA&Wまでですけどねwいい思い出!😆
    置き屋はハマりますよね!

    • Ackieさん
      いつもありがとうございます。
      そうなんです、あの辺は暗いのであえて遠回りだけどロハスまで出てロハスの歩道を歩いて行きました。
      当時、リサールパークは夜にバクラがたくさんいるなんて情報を知らなかったのでw
      マカティの南の辺りに置屋が多かったですよね。
      やはり皆さん置屋にはハマったみたいですね^^
      これからもよろしくお願いします。

  4. ウメさんいつも楽しいブログをありがとうございます。人生の大先輩の冒険凄く興味深く読ませて頂いております。30年前、、、まだ私が中坊で童貞でブルーハーツやB’zを聴きながら同級生の女子の匂いを嗅ぎまくり悶々してたころですが既にマニラでめちゃくちゃ楽しいことをされていたんですね笑。しかし当時からロビンソンやダイヤモンドがあったんですね!当時は今と比べると非常に危なかったと聞いています。スピッツのロビンソンはロビンソンモールなんですか???全然知りませんでした汗。何の繋がりだろう?
    明日も楽しみにしております。よろしくお願いします😊

    • かーわんさん
      コメントありがとうございます。
      ロビンソンは前の建物でダイヤモンドは出来たてのホヤホヤでした。
      スピッツの草野がフィリピン旅行の際、ロビンソン百貨店の風景を見て書いた曲だって話してました。
      これから段々と女遊びの話になっていきます。
      これからも読んで笑ってくたせさぃ。
      よろしくお願いいたします。

  5. 今から20年程前、フィリピンに行きました。
    マニラミッドタウンホテル
    通称ラマダに泊まり
    隣のロビンソンで買い物をしました。
    懐かしいです!

    私の行った置屋も同じ様な配置でした。

    これからも楽しみにしてます!

    • ポンさん
      コメントありがとうございます。
      やはり当時を知る方は懐かしいとの嬉しいコメントを頂けます。
      みなさん、置屋にハマった人も多いみたいでちょっと笑えます。
      これからの話の流れも懐かしい話が出て来ると思うので、今後もよろしくお願いいたします。

  6. ウメさんこんばんは。LAでナンパした女性とプレイするより手をつないで歩いている時の方が楽しかった。アルコールジェット燃料をフル満にした状況ならジョリジョリも食べれるかも🤣新しい世界の扉を開けてみるのも、又、マニラの醍醐味かも。

    • 小虎さん
      いつもありがとうございます。
      そうですね、私も当時は置屋の女の子を買って来ても、まだあの頃の置屋の子ってまだスレて無くて、買ってくるとずっと恋人の様に傍にいてくれるのでやる事よりその疑似恋人ごっこみたいなのにハマっていました。
      新しい扉を開けるのは小虎さんにお任せします。
      その時はスポットでクレマニに記事を提供してくださいww
      今後も引き続きよろしくお願いいたします。

  7. こんばんは

    今回も笑いました!
    ジョリって、、、
    それは目が覚めますよね。。

    私はタイで遭遇しました。
    やはり公園で拾いました。。。
    安いのは危険度高しですね。

    次も楽しみです。

    • 匿名さん
      コメントありがとうございます。
      やはり皆さん東南アジアに行くとおかまに遭遇するんですねww
      これからも笑ってもらえるネタを書いていきますので、よろしくお願いいたします。

  8. 置屋、ゴーゴーバー、カラオキヤ、LA等、選択肢があるのは良いですね。
    思い切り、当たり外れがあるのも楽しみのうちかも。

    • Ninaさん
      いつもありがとうございます。
      マニラといえば女。
      これは今も昔も変わりませんw
      これからお下劣な話も書いていきますのでお楽しみください。

      • Ninaさん
        いつもありがとうございます。
        マニラといえば女。
        これは今も昔も変わりませんw
        これからお下劣な話も書いていきますのでお楽しみください。

  9. いやぁ、ウメさん度胸がありますね。
    公開試合(笑)はともかく、夜のリサール公園に一人では
    とてもとても行けません。
    で、ウメさんが寝ている間に何かされていませんでしたか?
    あちらのおかまちゃんはホント綺麗な人がいますから
    私も新しい扉を開けそうになったことが・・・。
    いよいよ女遊び編ですね。
    楽しみにしています。

    • G1Rさん
      いつもありがとうございます。
      まだ渡比2回目で逆に怖さを知らなかったこともあります。
      今後の話でこのおかまがちょくちょく出てくるので今後の展開楽しみにしてください。
      また今晩もラジオやりますのでお暇であれば立ち寄ってみてください。
      本日は3人の現地KTV嬢が参加予定になっています。
      これからもよろしくお願いします。

  10. スピッツのロビンソンがマニラのロビンソンなんですか?タイのロビンソンじゃないですか?しかもマニラのロビンソンはフィリピン系であちらと全く関係ないと思いますが。

    • ニナさん
      コメントありがとうございます。
      この歌が流行っていた当時、何かの雑誌で草野氏が対談方式の話が載っていて読んだ事が有ります。
      その際にロビンソンの制作秘話的な話の中でロビンソン百貨店とあり長い時間の間に湾曲した記憶になってしまったのかもしれません。
      ニナさんのご指摘後、調べてみましたらやはりタイの様でした。
      私のブログにより不愉快な気分にさせてしまった事、大変申し訳ありませんでした。
      今後、執筆の際は投稿する前に事前に調査を行いこの様な誤掲載が無いように気負付けてまいります。
      これに懲りず今後も訪問して頂けたらと思います。
      これからもよろしくお願いします。

  11. こんばんは

    ふふふ、オカマ。。。
    ウメさんでもこればかりは仕方ないですよね、、、
    人生の縮図?
    悪魔の手毬唄・・・怖すぎます。。

    チャンバラは怖いです。
    一度だけ騙されました。。
    バンコクです。

    ではまたラジオでお待ちしてます!

    • 鳩麦茶さん
      いつもありがとうございます。
      そうですね、バクラとはいろんなところでぶつかるのがフィリピンですが、
      女遊び初日にぶつからなくてもって当時は本当に引きの弱さに落ち込みましたw
      でもこのバクラ工事済だったのでチャンバラにはならず、今後お友達になるんです。
      その辺の話はまた本編で^^;
      ラジオ3人ゲットできたんですけど始まってみないとどうなるか解りませんww
      今後もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here