ブログランキングリンク-トップ

 

北朝鮮 女性

 

 [ウメブログ前回のあらすじ]

ウメブログ第二章がスタート。KTV夜遊びで出会った女性とデートの約束をするが、ブッチされる。夜に韓国料理屋へ一人で行くと運命の出会いが!?
【ウメブログ44】中国KTV嬢と初ゴールなるか?それとも別の女性と!?

 

改めてウメブログを始めから読みたい方はこちら↓

クレイジーマニラ 新連載『ウメブログ』
【ウメブログ1】日本のフィリピンパブの過去、マニラへ向かうきっかけ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは以下の5つのブログがメインコンテンツです。

 

 

ウメさんの中国旅行。

韓国料理屋で出会った北朝鮮出身のユジュン。

彼女とさっそく深い関係になります。

ようやくウメさんのエンジンが掛かってきたようです。

それでは『ウメブログ第二章』、第45話をスタートさせていただきます。

 

クレイジーマニラ ウメブログ 超ベテラン

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 

クレイジーマニラ ブログ村 ブログランキング
↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ45】北朝鮮女性との恋と別れ、そしてフィリピンへ!?

 

 

ーー酔っ払って、ホテルに戻り、すかさず3回戦目。

自分でも驚くほど元気である。

 

ユジュン。

初々しくて可愛くてそそられるのである。

 

北朝鮮 女性
[北朝鮮女性のユジュン(写真はイメージ)]

 

ーーゴール後、ベッドでイチャイチャしていたらまたまたいつの間にか寝ていたようだ。

 

ユジュンに顔をいじられ遊ばれている事に気付き、目が覚める。

もうすっかり夜になっていた。

 

ユジュンに「この後どうする?」と聞くと、「昨夜は屋台がほとんど閉まっていたから、今日も屋台に行きたい」と。

 

屋台と言っても日本の様に座って呑めるものではなく、お祭りのテキ屋みたいな感じである。

お酒については事前にスーパーで買っておくか、フードコートへ行くかになる。

 

ーーこの日はチャミスルのボトルを買って、ラッパ飲みで回し飲みしながら屋台を回る。

 

腕に絡みつくユジュン。

もう最高に楽しい。

将来を誓った恋人同士のようだ。

『このまま中国に残り、来月一緒に北朝鮮に行きたい』

そう思うくらいユジュンにハマっていた。

 

ーー雑貨屋みたいな屋台で、『ルイビトン シュプリーム コラボ』のぱくりキャップを色違いで買う。

 

めでたい男である、あんなにモゲていたのに只今絶好調である。

 

中国人女性のブスさにモゲる日本人
[中国旅行の前半は散々だったウメ]

 

ーー楽しく2時間くらい屋台を回り、ホテルに戻った。

 

二人でシャワーを浴びて、ベッドで再びイチャイチャ。

 

そして眠りに落ちていた。

 

ーー6日目。

目が覚めると午前8時、ユジュンはすでに起きていた。

この日は仕事のようだ。

「10時には店に行かないといけないから、9時にはホテルを出る」と言う。

 

ーーホテルで軽く朝食をとる。

 

そして「また今夜お店に行くね!」と約束をして、ユジュンは仕事へと向かっていった。

 

ーー呑んで試合をして寝る、そして呑む、試合、寝る。

とても健康的な時間を過ごした。

少しけだるさが残る体。

最終日だが何もする気が起きず、この日は夜までホテルでだらーーーっと過ごす。

ユジュンの店に行くまでゆっくりしよう。

 

明日は午前10時にホテルをチェックアウトして空港に向かう。

実質今晩で最後の中国だ。

色々あったが、終わりよければ全て良し。

 

『次の旅は北朝鮮か……』

と言う思いに、『おいおいフィリピンは?』と自分に突っ込んでいた。

 

ーー午後8時になり、ユジュンの働く韓国料理屋へ向かう。

 

前回と同じように、ユジュンに焼いてもらいながら、ここでも沢山の事を話した。

 

ーーこの頃の中国はまだグーグルが使用出来た。

Gmailと電話番号を交換して帰国後も連絡を取れるようにした。

 

そして閉店時間。

 

彼女は「今夜も一緒に私のホテルに帰る」と。

 

到着後、「お腹が空いた」と言うのでホテルのレストランへ。

ユジュンはディナーを、私は相変わらず呑む。

 

そして最後の夜を二人でまったりと過ごした。

 

チャンチュン アブリッツ ホテル (Changchun Abritz Hotel)
[宿泊先ホテル]

 

次にいつ会えるかわからないのでゴールを決めたのは言うまでもないことである。

 

ーー朝を迎え、ユジュンとお別れの時。

 

一足先にホテルを出るユジュンを見送る。

 

後ろ髪をひかれる思いだ。

 

私も空港へ。

何とか堪えて日本への便に乗った。

 

ーーそして韓国仁川国際空港へ到着。

 

空港
[仁川国際空港]

 

日本への乗継ぎの待ち時間が3時間ほどあるので、また空港内の焼き肉屋で吞んだくれる。

 

飛行機に乗り、すぐに寝落ち。

気が付いたら成田空港に着いていた。

 

ーーメールでユジュンに「日本に帰ったよ」と連絡して帰路に着く。

 

夜11時になった頃。

ユジュンの仕事が終わっている時間に電話をしてみる。

 

ユジュンはすぐに出た。

「もう会いたい……」と言う。

 

くっ、目頭が熱くなる。

おっさん我慢できなくなるでは無いか……。

 

この時、ユジュンが北朝鮮に帰ったら本気で会いに行くかと真剣に悩んでいた。

 

ーーその様な連絡を毎晩取って、半月。

いよいよユジュンが中国から北朝鮮に帰る前夜のこと。

最後に交わした言葉は、

「北朝鮮に会いに行くから!」

だった。

 

最後に……

 

そう最後だったのだ。

 




 

北朝鮮に帰ってから電話は当然中国の携帯なので、連絡が付かなくなることは聞いていたが、メールも返信が無く連絡が付かなくなってしまうのだ。

実家の住所や連絡先を聞いておけば良かった……。

私は色々考えたが、北朝鮮の事情など分からない。何の解決にもならず。

ひたすらメールを送り、返信が来るのを待つしかなかったのだ。

 

ーーそんなことが3か月続き、いよいよ私も『ユジュンに会う事はもう叶わない』と諦めモゲていた。

 

そして、フィリピンへの道が動き出す。

 

以前からメールしていたフィリピーナから「会いたい」と言う内容のメールが増えてきていた。

元々出会い系で知り合った女性だ。

実は中国に行く前からメールでやり取りをしていたのだが、まだ機は熟していないと判断してチェンチェンに会いに行ったのだった。

 

よっし!

いよいよ満を持してフィリピン、マニラへ向かうことにしよう。

 

私が昔フィリピンで遊んでいた頃からすでに20年近く経っている。

近年フィリピンへ行ったのは、4年前。

日本人の彼女とセブに行った時と、ダバオも仕事で少し。

夜遊び及びフィリピーナとのコンタクトは久しぶりであった。

 

ーーユジョンに会えず傷心の私は、癒しを求めてフィリピンへ。

昔の様に遊ぶつもり満載で渡比を計画。

予定は1週間。

久しぶりでワクワクだ。

この間に就航を始めていたセブパシフィック。そのチケットが安かったので予約。

 

出会い系の女性は『マリン』と言う名だ。

フィリピン2日目に私がニノイアキノエアポートへ迎えに行く事になっている。

マリンの住んでいるところはダバオの北150km位の所にある『ブトゥアン』という町。

私が「ブトゥアンを訪ねるよ」と言うと「危ない街だから。私がマニラに行く!」と。

また彼女は「マニラに行った事が無いから楽しみだ」と言っていた。

 

そして、「チケット代、洋服や入れるバッグも欲しいから3万円送って欲しい」と言う。

チケットについては「私が買ってEチケットを送る」と言ったが、彼女は「こちらで買った方が安いから」と言うのでお金を送る事にした。

 

ーーいよいよ出発の日。

発券カウンターはまぁまぁの人込みであった。

手続きを終わらせ搭乗、フィリピンに向かったのだった。

 

久しぶりのフィリピンにテンションは上がり、ユジョンの事はこの時は忘れていた。

 

それにしても初めて乗るセブパシフィック航空、座席が狭い事狭い事。

ひざは前の席に当たるし、ほぼ身動きが出来ない状態。

機内サービスは全て有料。

帰りにあるトラブルに遭遇するのだが、これ以降絶対にもう乗らないと固く誓った。

 

狭いシートで体が痛い中、4時間のフライトはまあまあの拷問である。

 

ーーそうこうしている内にニノイアキノエアポートに到着して、初めてターミナル3に降り立ったのである。

 

マニラ空港の様子

 

ーーそして私は、『進化したフィリピーナたち』に遭遇していく……。

 

 

[ウメブログ第45話終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、ウメブログ第46話「フィリピン第二章いよいよスタート!!」

 

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! ユジュンさん、残念ですね。もしかすると運命の出会いだったかも知れませんね。気になり過ぎて、後半のフィリピンの話が入ってきません泣 ユジュンさん、今は祖国で元気にしてるんでしょうか……。

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! 切り替えて行きましょう、女性は星の数! さぁ、フィリピンへ! マリアさん、どんな子なんでしょうか……。前日にマニラ入りするウメさんの活躍に期待です!

 

 

【お知らせ】

ウメさんがホストのライブラジオ『ティーマカナーピー』もぜひチェックしてみてください!
クレマニの秘密兵器ちーちゃん、TEAMあわよくばのミカエルさんなど皆さんで楽しいエロトークを繰り広げています。

【ウメラジオ『ティーマカナーピー』】
22:00頃~(放送日は不定期です)
ツイッター(梅ちん @crazy_umechin )のアカウントで、ライブジオ、ラジオのアーカイブを視聴できます!
[ライブ配信アプリ『ペリスコープ』で梅ちんをフォロー]
ラジオ配信 LA

 

「ウメブログ、これから楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

ウメ
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

15 コメント

  1. ウメさん、
    ユジュンさんは残念でしたね。連絡が取れればよかったのに、と思います😅連絡がついていたら別の展開だったかもしれなかったですね。

    でも、この展開だからフィリピン第2章が始まるんですもんね🤣

    これからが楽しみです🎵

    • エッジさん
      お疲れ様です。
      確かにですね。
      ユジュンと続いていたら今頃テポドン打ち上げていたかもw
      人生色々と分岐点が有って振り返ってみると面白いですね。
      あんまり自分の人生真剣に考えていないので北朝鮮ライフもありだったかもw

  2. ウメさんこんばんは。ウメさん切り替え速いですね。私ならしばらく凹んで引きずりそうです😅やはり明日への希望、自信の裏付けですね。流石師匠!👍🏻😁

    • かーわんさん
      こんばんは^^
      いやいや3か月モゲてましたよw
      その後も引きずってましたがフィリピンに忘れに向かった次第です。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  3. ウメさん、マニラにお帰りなさい😆✨🏠️
    楽しみにしてました😅

    私も、国内線で初めてセブパシフィックを使いましたが、私の身体では1時間が限界です😅
    また、ターミナル3の雑多とした感じもきついですね😱

    今後の新たな展開楽しみにしております🙏

    • ターシャさん
      こんばんは^^
      ターシャさんもデカいのですね。
      ちーちゃんだと座席に収まりません。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  4. こんばんは

    甘く切ないユジュンさん物語でした。。。

    何事も切り替えが大切なのですね。。

    さあマニラ再上陸ですね、楽しみです😃

    • 鳩麦茶さん
      お疲れ様です。
      いやいや切り替えなんてできません。
      ずるずるに引っ張ったままなんとか忘れようとのフィリピンです。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  5. ウメさんこんばんは。
    たくさんゴール決めていますが いつも帽子はされていますか?

    エッジさんにも聞きたかった。

    • 匿名さん
      こんばんわ。
      最近は身元が怪しい人はゴム付きです。
      安心出来る人は無しですが中出しはしません。
      子供が出来ると面倒くさいので。

  6. 匿名さん、
    こんにちは!

    基本的には帽子をかぶってました。相手次第ではありますけど😅

    ウメさんが言うように赤ちゃんが出来るのはイヤでしたね(^_^;)

    • 台湾の彼女やロシア女性 妊娠エピソードあったのではと気になっていました。😌裏山しい🎉

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here