ブログランキングリンク-トップ

 

マニラ夜遊び KTV「New Sachi」

 

 [ウメブログ前回のあらすじ]

ウメブログ第二章がスタート。出会い系の女性は追い求める体型とは異なり、ワンチャンならず。そのとき現れたのは、ソフィア!?
【ウメブログ58】出会い系の女性とラブラブ、仕送りッターズになる!?

 

改めてウメブログを始めから読みたい方はこちら↓

クレイジーマニラ 新連載『ウメブログ』
【ウメブログ1】日本のフィリピンパブの過去、マニラへ向かうきっかけ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは以下の5つのブログがメインコンテンツです。

 

 

ウメさんが再びフィリピンへ通い始めます。

それでは『ウメブログ第二章』、第59話をスタートさせていただきます。

 

クレイジーマニラ ウメブログ 超ベテラン

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 

クレイジーマニラ ブログ村 ブログランキング
↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ59】真面目なフィリピーナの一言、その後の展開やいかに!?

 

 

ーーソフィアを部屋に招き入れ、激しいキス。

 

行けると思った時、ソフィアから放たれた一言。

 

「ねぇ、ちゃんと真面目に彼女にしてくれるの?」

 

 

『うん』と言うのは簡単である。

しかし、本当にそこまでの覚悟があるのと言われれば、そんな覚悟は無い。

出会い系の女性といくら試合を行おうが所詮それはお金の力。

 

ソフィアからは何も求められていない。

逆にそれが私には重くのしかかった。

ゲスのくせに、彼女がいい子だから『いい加減なことは出来ない』と思った。

 

昔の私なら『ヤってから考えよう』とか『まぁどうにかなるだろう』的発想でヤっていただろう。

そのせいで泣かせた女性もいたことも確かだ。

しかし私も歳を取ったのか、『可哀そう』と思う気持ちと『面倒なことに首を突っ込みたくない』という気持ちで躊躇してしまうのだ。

ゲスも日和ったものだ。

 

ーーその躊躇がソフィアに伝わったようで、『私の事本気じゃないのね』と少し怪訝な顔をした。

 

私は、

「本気だけどまだ試合をするのは早いと思う、お互いをもっとよく知ってからでゆっくりでいいよね」

と、『なんて逃げ腰の言葉を吐いていがる』と自分でもそう思った。

 

これにより今一番好きなはずのソフィアとの国際Aマッチを自分から遠ざけてしまったのであった。

 

そしてこの日から彼女は何かにつけキスをしてくる。多分彼女の中で私と付き合い始めた事になったようだ。

 

腰の引けた情けないゲスは、本日の国際試合を諦めてディナーに向かう。

何か色々と特にメンタルが疲れてしまい、ディナーをホテル内で取る事にした。

 


[宿泊先ニューワールドマカティ(写真はイメージ)]

 

ーーそして、ホテルのエレベーターホールを出た時。

ロビーですれ違った日本人とフィリピーナのカップル。

彼らを見た瞬間、はっとした。

振り返り女性を確認。

向こうもこちらを振り返り見ていた。

 

お互いに気が付き、手を振り合う。

彼女たちは2階の中華レストランへと向かうようだった。

そう。

彼女こそ明日同伴の約束をしている『みちこ』であった。

偶然にもすれ違い、お互いに気が付き、しかもお互いに相手連れ。

 

ーー私たちが向かったのはニューワールドマカティに在るビュッフェスタイルのレストラン、

カフェ1228。

 


[カフェ1228店内(写真はイメージ)]

 

このレストラン、日本食も寿司・天ぷら・小鉢ものなど沢山あり、それ以外も洋食も多数各国の物とシーフードなども。

圧巻は上から吊るされたパルマ産の生ハムのモモ肉の塊、それを自分で薄切りにして食べ放題。

とても美味しいものだった。

 

そんな料理を前に二人でワインで乾杯するのだが、あらかじめソフィアには呑みすぎ注意を言い渡したのは言うまでもない。

 

「そう言えばレミーはどうしてる?」

とソフィアが尋ねる。

あれれ?

「連絡とってないの?」

「体験が終わってから連絡ないよ」

「そっか。違う店に行く事になったから連絡し辛かったのかもね」

 

そんな会話をしたのだが、レミーはKTV『ニューサチ』に行く事になり、すでに働き始めていた。

そして今晩、ニューサチに行く予定になっていた。

 

ーー夕食後、ソフィアと同伴してすばる2へ向かう。

 

この時間帯ごろからティンからのメッセージがガンガン来るのであった。

しばらく無視していたが、どちらにしても解決しなければならないので、

「あなたに会って私が思うような相手ではなかったので、お付き合いする事は出来ません」

と返信。

すると、

「痩せるし努力するから何とかならないの?」

と来たが、心がすでに萎えてしまっていた為、丁重にお断り。

 

その代わりに約束していた料理学校の前後期の授業料は払う事にした。

後日、支払いを済ませ何度かメッセージが来ていたが既読にすることは無かった。

 

ーーマニラに戻ってから何か思ったような遊び方が出来ていない。

何を求めて来ているのか分からなくなり始めていた。

しかし、ティンの事が切っ掛けで見えてきたのだ。

 

試合は、出会い系などでタイプを見つけて資金力で簡単にすることが出来る。

これはこれで手っ取り早く出来るので、今いるキープちゃん達と気が向いた時に呼んで試合すればストレス無しにやりたい時にやれるし、ズリセンの様なものだ。

 

では何を求めているのか?

 

これについては、ここ20年で強敵になったフィリピーナと昔のフィリピーナを重ねてみる必要がある。

昔のフィリピーナとは本当に恋愛が出来たと感じる。

それを現代のフィリピーナに求めるとどこか違う。

すぐにモゲ、メンタルの弱さを暴露する始末であった。

 

そして気が付く。

試合目的では無く、ただ一緒に居るだけでドキドキワクワクするような10代で味わった恋心。

それをこの年になってもう一度味わいたいと思っている事に。

 

この日を境に試合はズリセンのように契約金で処理して、ひたすら純愛を探す旅にする事を誓うのだった。

 

ここに愛の戦士【純愛戦士ゲス】が降臨した。

 

 

心を入れ替え、ネジを巻き直し、すばる2へ。

ここでの純愛はソフィアとの関係を温めていくのだが、今日試合未遂を起こしているのでこの日は同伴と1セットで撤収する事にする。

 

次に向かうは、今晩のキープマンの為にニューサチへ。

レミーに会いに行く。

彼女とはティンダーで会わないで口説いての関係なら純愛に近い感じがするが、既に契約交渉をしてしまっている。

したがってキープ枠からは出ることは無いだろう。

 

マニラ夜遊び KTV「New Sachi」

 

店に入り、レミーを指名。

彼女は働き始めて2週間。

数人の客も付きお酒の相手で結構稼げるこの仕事を気に入っているようだった。

ここに強敵フィリピーナがまた一人誕生した瞬間だった。

 

そして、交渉に入る。

交渉はOK、泊まれないけど仕事終わりにホテルによってくれる事になった。

 

それではと1セットでチェック。

ここから純愛の戦士の旅が始まる。

次に向かったのはお隣のSHIAWASE。

 

 

そこで私のツボの女性を新規に見つける。

特別可愛くも無いのだが、何かドン臭そうな、何か影の薄そうな女性。

ショーアップでもぐいぐいアピールするでもない感じ……。

私はガキの頃からそんなタイプに妙にそそられるのだ。

 

ーーそして、ラストまで彼女とまったりと話し込む。

明日は出会い系で知り合ったみちこと同伴の予定が在るので、明後日の同伴を約束するのである。

ただこの時点でみちこの事は先ほどのニアミスもあり、さらに出会い系で知り合いKTVで働いていて仕事の宣伝として出会い系サイトを使っている節がある。

純愛路線に変更したゲスにはみちこは違うと感じていた。

 

そして閉店。

 

ホテルに帰りレミーとの試合準備に入るのだった。

 

 

[ウメブログ第59話終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、ウメブログ第60話「純愛の戦士となったゲス。レミーとの試合は?」

 

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! ソフィアさんと良い感じですね! 純愛戦士と言いつつ新たな女性と出会ってしまう。これぞリアルドラクエですね!

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! 私ならとりあえずソフィアさんとヤってみて、試合のフィーリングが合えばキープですかね! もちろん、次のお店も行きますよ!

 

 

【お知らせ】

ウメさんがホストのライブラジオ『ティーマカナーピー』もぜひチェックしてみてください!
クレマニの秘密兵器ちーちゃん、TEAMあわよくばのミカエルさんなど皆さんで楽しいエロトークを繰り広げています。

【ウメラジオ『ティーマカナーピー』】
22:00頃~(放送日は不定期です)
ツイッター(梅ちん @crazy_umechin )のアカウントで、ライブジオ、ラジオのアーカイブを視聴できます!
[ライブ配信アプリ『ペリスコープ』で梅ちんをフォロー]
ラジオ配信 LA

 

「ウメブログ、これから楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

ウメ
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

6 コメント

  1. ウメさん、

    出会いに限って言えば、けっこう色々な女性と会えますよね😄そこから純愛を貫き通す恋愛をしていくのはかなり難しそうですね💦何とか成就してほしいと思います。

    今のフィリピンの今後の参考にさせていただきます😍

    ニューワールドは懐かしいですねぇ。2階の中華も1階のカフェもよく利用してました😆

    • エッジさん
      お疲れ様です。
      会う事は出会い系を使えばいくらでも会えるけど愛の無い試合はズリセンと同じなので純愛戦士になる事を決めたのです。

  2. ウメさん、こんばんは!
    日和っても仕方ないですよ、皆純愛を求めているんですよ。
    オッサンになってもてないの分かっているけど、何処かで俺の事好きになってくれよって
    気持ちは捨てられないですよ、自分が20歳の時に50のBBA好きになるかって考えればわかるんですけどね。 もしかしたらって気持ちが宝くじです!

    • ボンさん
      こんばんは。
      嬉しいですねー。
      純愛とか言うとバっカじゃないのって言われて終わるのですが、共感してくれるとは。
      試合はオマケでドキドキワクワクだけでいいって思える恋愛をしたいものです。

  3. このままでは、ウメさんを嫌いになるところでした。
    ゲスをしながらも純愛を求めるこそ、フィリピン遊びの真骨頂だと思います。
    クレイジーマニラらしくなってきましたね!
    今後の展開を期待してます。

    • Walang peraさん
      こんばんは。
      何をいい歳して純愛だって言われそうですが薄汚れたゲスの心を洗い流してくれるババエ探しは永遠のテーマです。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here