レンジさんからのお説教は終わったようである。

 

私(心の中)「絶対マリー怒ってるでしょ。レンジさんなかなかの自殺行為。まさかここでレンジさんとマリー破局したりしないよね...」

 

そっと、マリーとレンジさんの様子を伺ってみた。

 

マリー「(´・ω・`)ショボーン」

私(心の中)「は、反省している。わかりやすく反省している。レンジさんさすがです。どうやったんだろう」

 

マリー「ケンさん、今日約束ゴメンナサイ(´・ω・`)」

私「OKOK!気にしないで!」

 

マリーが私に謝っているのを見届けた後、レンジさんがリョウコとマリーに英語で伝える。

 

レンジ「さて、お説教もここまでにして、またこの4人で再会できたんだし、乾杯しよう!!マリー、なんでも飲み物を頼んでいいよ」

 

マリー「・・・(☆Д☆)」

 

マリーがドリンクオーダー表を書き殴る。その姿はまるで

 

マリー「バカめー!!ひっかかりやがった!!反省なんてしてるわけないだろうがバーカバーカ!たくさんドリンクを頼んでくれるわ!!!」

 

と言っているようだった。

レディースドリンクは別途お金がかかる。しかもそれなりの値段がする(花と蝶はLDは350ペソ。スタンダードな値段)ため、あまりにも多く頼まれると会計が跳ね上がってしまう。

それはレンジさんはよくわかっているが、自分がなんでも頼んでいいといった手前、ドリンクオーダー表を見て、少し驚いた後、苦笑いでサインをする。

 

マリー「ニヤリ」

レンジ「ごめん、ケンさん。マリーがドリンクめっちゃ頼んだ」

私「まあ仕方ないですよね。はははっ」

 

私(心の中)「やはりマリーは悪魔や...」

 

数分後、ボーイがドリンクを持ってきた。

 

私「( ゜Д゜;)!!!???」





マリーとリョウコ合計で10杯のドリンクである。

マリーお嬢様は並べられたドリンクを眺め、満足そうな顔をしている。

 

私(心の中)「彼女の辞書の中に遠慮という言葉はないのかしら...」

 

何はともあれ、この場の雰囲気はよくなった。

レンジさんと私は、マニラ最後の夜をお互いの意中の女性を横に、ラストスパートの如く、たくさんのドリンクを飲んでいくのであった。

 

次回 KTV花と蝶(HANA TO CHO)今夜も2人をアフターに誘ってみる。

 

 

2 コメント

  1. フィリピン楽しそうだな 危ないって聞くのがただ不安!日本人みんな行ってるのかな?おじさんばかりなのかなー

    • Hellowさん
      コメントありがとうございます!
      知識を持って、なるべく複数人で行動すれば、危険な目にあう可能性はぐっと下がると思います。
      用心に越したことはありませんね🙋
      日本人は、どちらかというと若い人は少ない印象です。
      ただ、個人的には30歳を越えていかないと、魅力を感じないかも、と考えております😅

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here