クレイジーマニラはブログランキングに参加しています。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
応援よろしくお願いします!

 

 

こんにちは、レンジです。

先日、屁を我慢するあまり出たゲップが屁の臭いで、超至近距離からの悪臭に気を失いかけた私ですが、皆さまには幸多きことをお祈りいたします。

 

 

【夜遊び】絶対に訪れたいマニラのゴーゴーバー、「Laカフェ」 2018年最新

 

さて、今回の記事にてご紹介するのは、フィリピンのマニラ、エルミタ地区(マラテ地区の北側)のゴーゴーバー、「Laカフェ」についてです。

以前にもクレマニ内で紹介したことがありますが、今回は「Laカフェ」について、もう少し詳しく紹介させて頂きます。

 

以下、この記事の目次です。

  • なぜ、ゴーゴーバー「Laカフェ」の紹介? アクセス解析から
  • 2018年最新、ゴーゴーバー「Laカフェ」について
  • 「Laカフェ」初心者の方へ。店内での過ごし方
  • 店内マップとおすすめの席を紹介
  • Laカフェで食べるグルメとドリンクメニュー
  • 「Laカフェ」のおすすめお土産

 

[参考過去記事]
【夜遊び】フィリピン エルミタ・マラテのゴーゴーバーについて 2018最新

[その他ゴーゴーバー参考記事]
【夜遊び】フィリピン マカティのブルゴス通り ゴーゴーバーについて 2018最新

【夜遊び】マニラのパサイ地区のゴーゴーバー、ストリップバーについて 2018最新

 

 

なぜ、ゴーゴーバー「Laカフェ」の紹介? アクセス解析から

 

昨年末にスタートしたクレイジーマニラですが、皆さまに多く閲覧されるようになり、着実にビュー数が増加し続けています。

本当にありがとうございますm(_ _)m

私たちの発信する情報が、少しでも旅行者の方のお役に立てれば幸いです。また、新たにフィリピンへ興味を持って頂ける方が増えれば、私たちにとっても「仲間」が増える感覚で大変嬉しく思います。

そして、以下アクセス解析として、グーグルサーチコンソールのスクリーンショットを紹介いたします(2018年11月現在)。

 


[グーグルサーチコンソール画面]

 

クレマニに訪れる方々の、上位の検索ワードはいずれも「ゴーゴーバー」に関するものであり、おそらく閲覧者の大きなニーズのある情報はそれに関するものだと推測いたします。

皆さまの「ゴーゴーバーについてもっと知りたい」という要望が、この検索結果から伝わってきます。

 

ただし、ゴーゴーバーと言うところは、一般的に必ずしも良いイメージの場所ではありません。そこでの行動は皆さまの個人の責任にてお願いします。

 

ゴーゴーバーは、「お酒や雰囲気を楽しむ」、「観光」のみを目的として行くのであれば、大変面白いところであり、そう言った意味でここでは紹介させていただきます。

クレマニでは、皆さまにはあくまでも、フィリピーナとの「健全な出会い」を願います。

 

 

2018年最新、ゴーゴーバー「Laカフェ」について

 

「Laカフェ」はマニラのエルミタ地区にある有名なバー(カフェ)です。


[Laカフェ(ベイカフェ)の外観]

 

店内は日本にはない「海外」の雰囲気を感じるもので、お酒や食事、生ライブバンドの演奏を楽しむことができます。

「Laカフェ」のホームページ↓
https://www.facebook.com/lacafeph/

 

ゴーゴーバーと言えば、華やかなステージとセクシーな女性が多数在籍している店舗内を想像しますが、こちらは一見普通の海外の「バー」です。

 

しかし、地元の方に言わせると「Laカフェこそゴーゴーバーだっ!」とのこと。

理由は、店内にいる多くの女性は男性との出会いを求めているからです。もちろん、出会い目的ではない一般客の方もいますので、その女性の雰囲気で判断してください。

 

ここは24時間営業で、人数は減りますが昼間でも出会いを求める女性の出入りがあります。場所については繁華街から少し離れた位置にあります(マラテ中心部から徒歩でアクセス可能な場所です)。

[Laカフェへのアクセス]

[Laカフェ住所]
1429 M. H. Del Pilar St, Ermita, Manila

 

 

「Laカフェ」初心者の方へ。店内での過ごし方

 

店内に入ると、エントランスからいきなり強烈な視線を感じると思います。女性達から話かけられたり、直接ボディタッチをされたり、積極的なアピールを受けることもあるでしょう。

慣れればそれらコミュニケーションを楽しめますが、私も初めて訪れた際には驚きました。

なお、入店料などは掛かりません。何も飲まず喰わずであれば、無料で入店して店を出ることができます。どんなところか一目見るだけでも大丈夫です。

 


[一階店内、中央カウンター]

 

店内の過ごし方についてですが、とりあえず店内を歩きながら様子を観察してください。そして、立ち話で声を掛けても良いですし、どこかに席を取って女性からのコンタクトを待っても良いです。

もちろん、男性客も多く、様々な国籍の人たちで賑わっています。それら外国籍の方達と仲良くなることも楽しいでしょう。

バーの雰囲気と現地の方々とのコミュニケーションを楽しんでください。

 

そしてもし、相手と会話が弾めば、一杯でもお酒をごちそうしてあげましょう。いわゆるレディースドリンクです。Laカフェでは、シンプルにお酒を飲んだり、食べ物を食べたりする分にはレディースドリンク含めてそれだけの飲食料金です。

ドリンクは一杯100ペソ程度からあるので、店内で飲みながらおしゃべりだけを楽しむこともできます。また、現地女性はお腹を空かしていることが多いので、軽食でも食事をごちそうするととても喜んでもらえます。

 


[店内テーブル写真]

 

そして、「Laカフェ」初心者の方へ。

店内での過ごし方には少し注意が必要で、それは「チップ」についてです。

例えば、店内の女性と会話した後にチップを要求される、あるいは店内のスタッフに「スタッフドリンク」のオーダーをお願いされる、と言った場合に注意してください。

店内の女性と長時間(30分以上)会話だけした場合、チップ(50ペソ~)を渡すのがマナーのようです(レディースドリンクを奢っていれば不要)。

もし、お気に入りでもない女性の場合は、「ごめんなさい。他の人と話したいです。」と早めにはっきりと意思表示をしてください。

 

また、店内の女性スタッフが客のオーダーではなく、「スタッフドリンク」をお願いしてくることがあります。スタッフも一緒に飲んでいいか? というものです。

スタッフの給料は昼間夜間関係なく一日220ペソ。もしお客からドリンクを奢ってもらうと、一杯あたり50ペソのコミッションを得るとのことです。

これはその場の雰囲気もありますので、断り辛いこともあります。しかし、客側には一杯300ペソほどの料金が追加発生しますので、対応には十分注意してください。余分にお金を使いたくない場合は、はっきりと断ってください。

 

 

店内マップとおすすめの席を紹介

 

Laカフェ店内マップを紹介します。

[Laカフェ1F間取り]

 

以下に2Fも紹介しますが、Laカフェの1Fのおおまかな間取りです。

 

そして、おすすめの席として二つを紹介します。

まず、「美人な女性がいる確率が高い」席として、「入り口すぐ近くの席」です。週末の夜などは大変多くの人で賑わいますので、空いていないこともあります。

出会い目的の女性が座っている場合は、スタッフに「空いてますか?」と聞くと、その女性が雰囲気を察知して席を空けてくれます。

個人的な印象ですが、美人な方が多いのは入り口付近だと思います。女性との出会いや積極的な交流が目的の方にはおすすめできる席でしょう。

 

[Laカフェ2F間取り]

 

2Fは、生バンド演奏が行われるステージなどがあります。

そして、二つ目のおすすめの席としては、バンドステージ側の「L字テーブル付近」です。バンドを聞きながらお酒を楽しみたいときなどにおすすめです。

また、このL字テーブル付近は、店内の女性にとって相手(男性)を探しやすい、コミュニケーションを取りやすい席になります。ここは女性の入れ替わりが多いので、1F入り口付近同様、出会いを探している場合にもおすすめできる席だと思います。

 

なお、「ゆっくりと食事とお酒を楽しみたい」場合、2Fのキッチンがある側の広いテーブル席をおすすめします。バンドステージ側は演奏中はかなり大きな音が響きますので、会話が難しいことがあります。それに対して、こちらの広いテーブル席は比較的静かに落ち着いて過ごすことが出来ます。

女性の入れ替わりは他のスペースほど期待できませんが、後に紹介するLaカフェグルメをゆっくり楽しみたい時などはおすすめできる席です。

 

なお、2Fは時々「現地の有名バンドやタレント」による「イベント」が行われていることがあります。ほとんどの場合、週末や祝日の夜ですが、その時はエントランス料として、例えば一人150ペソ程度(イベント次第)の料金が発生します。

2Fに上がる前に、スタッフに「今日はイベント?」と尋ねてください。もし、何もなければ1F同様に出入りは無料で自由です。

 

 

Laカフェで食べるグルメとドリンクメニュー

 

「Laカフェ」は「マニラのおすすめのレストラン」でもあります。

店内には充実したフードメニューが用意されており、当たり外れはありますが、美味しいものが多いです。単純に、Laカフェへ「ランチやディナーを食べに行く」という目的で訪れても良いでしょう。

 


[おすすめメニューのポークバーベキュー、一本50ペソ]

 

上の写真は、私もケンさんも大好きな「お肉のバーベキュー」、お肉の串焼きです。チキン、ポーク、ビーフの三種類がありますが、私のおすすめは「ポークバーベキュー」です。

注文は「Barbecue Pork 本数」と言えば、通じます。皆さんも訪れた時には是非ビールとともに頼んでみてください。店内照明のため、あまり美味しそうに見えませんが、とても美味しいです。

また、タコスやピザ系などのメニューも充実しています。

 


[おすすめメニューのビーフタコス、345ペソ]

 

以下、フードメニューの一部を写真で紹介します。

[Laカフェメニューの一部紹介]

 

ドリンクのメニューももちろん充実しています。

 

[Laカフェ、ドリンクメニュー]

 

また、日本のウイスキーや各国のワインを楽しむこともできます。

 

 

ただし、ウィスキーやワインなどのお酒は「ボトル」で頼むとかなりの値段ですので、「グラス」で注文するようにしてください。

 




 

 

「Laカフェ」のおすすめお土産

 

「Laカフェのお土産なんて!?」という方へ。

お土産、あります。

Laカフェグッズとも言える、おすすめのものがあります。

 

それは、

 

「Laカフェのボトルウォーター」です。

 


[ボトルウォーターの写真]

 

Laカフェ内でボトルウォーターをオーダーして、テイクアウトします。(「Bottle Water」とオーダーしてください。)

 

素材は一般的なペットボトルです。中身は普通のミネラルウォーターです。

形は、どのように思うかは個人によると思いますが、私には少しスケベなグッズに見えます。

 

以前このボトルを購入し、ケンさんへのお土産としたことがあります(飛行機は機内持ち込みはできませんので、預かり荷物でお願いします)。

そしてある日、日本の職場の彼の「デスクの上」に置いておきました。

私の厚意です。がははっ!

 

その時は彼に死ぬほど怒られましたが、その怒りが収まった後は嬉ションするのではと心配するほど喜んでいました。

皆さまにはそのような渡し方はおすすめしませんが、フィリピンの仲間への「お土産」として、このボトルウォーターをおすすめします。

絶対に、とても喜ばれる、あるいはめちゃくちゃ怒られるかのどちらかです。

 

 

以上、

「【夜遊び】絶対に訪れたいマニラのゴーゴーバー、「Laカフェ」 2018年最新」についての記事でした。

 

1コメント

  1. >美人な方が多いのは入り口付近だと思います。
    好みがありますがはずれだと思います。男を見定めたい女の方が多く、常連が座っているのであまりお薦めできません。
    左側 上中の○テーブルの場合が多く夜はダイニングスペースの所に初心者の綺麗なお姉さんが多いです。
    PM3時~5時くらいまでKTV出勤前の女性が多く、年齢層は25~35歳くらいで 子持ちが多いですね。
    もし彼女を見つけるのならば どちらかというと、友達になって紹介してもらうのが良いと思います。
    デート相場は1500~2500くらいであり、2500ペソ以上を提示されるのはタイプでないか 嫌々ですね。

    お薦めの食事は ハンバーガーであり、見た事ないような大きいサイズです。

    40歳以下ならばLAカフェよりも ロビンソンのスターバックスの屋外のほうが良いかもしれませんね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here