ブログランキングリンク-トップ

 

マカティ ブルゴス通り ゴーゴーバーエリア マニラ夜遊び

 

 [ウメブログ前回のあらすじ]

ウメブログ第二章がスタート。マニラのマカティ、ブルゴスエリアに滞在。初日、ゴーゴーバーを巡ったり、周辺で呑んだり。そして、『ただのマッサージ』かと思いきや、予想外の発射に萎えるウメ。
【ウメブログ46】帰って来たフィリピンでいきなりきつい洗礼を受ける!?

 

改めてウメブログを始めから読みたい方はこちら↓

クレイジーマニラ 新連載『ウメブログ』
【ウメブログ1】日本のフィリピンパブの過去、マニラへ向かうきっかけ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは以下の5つのブログがメインコンテンツです。

 

 

ウメさんが再びフィリピンへ通い始めます。

まず、ブルゴスに滞在。周辺の様子を懐かしみながら、ゴーゴーバーやレストランで時間を過ごす。

疲れてホテルに戻ろうとすると、マッサージ師に声を掛けられます。

そして、スッキリして翌日。いよいよ出会い系で知り合った『マリン』と言う女性に会いに……。

それでは『ウメブログ第二章』、第47話をスタートさせていただきます。

 

クレイジーマニラ ウメブログ 超ベテラン

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 

クレイジーマニラ ブログ村 ブログランキング
↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ47】フィリピーナに騙された!?切り替えてブルゴスへ!!

 

 

ーー渡比二日目。

午前7時に目覚める。

 

この後のマリンの搭乗便及び到着時間の確認のために、変更が無いかメールを送る。

するとすぐに返信が……。

 

「バックを盗まれたから行けない」

と言う。

「洋服とかはこちらで買えばいいから手ぶらでおいで」

と言うと、

「空港に向かう途中でチケットとお金もバックごと盗まれた。お金が無いからこれ以上移動できない、電話だけポケットに入れていたから大丈夫」

と。

『本当かよ……』との思いがあったが、「どうする?」と聞くと、

「ウエステンユニオンでお金を送ってほしい」

「身分証明書が無いとお金を引き出せないでしょ」

「家に帰ればあるから大丈夫」

と。

おいおい、もう嘘バレバレじゃん。

国内線でも確か身分証明書を見せないといけないはず。

しかもお金が無くて移動できないって言っているのに、家には帰れるってどういう事?

 

『今どきのフィリピーナはこんなのか?』

とため息が出た。

 

シティーガーデングラウンド ホテル マニラ マカティ ブルゴス
[シティーガーデングラウンドホテル 客室]

 

前回の中国も今回も、出会い系はやっぱダメなのだろうかと疑問に思っていた。

別人でもまだ来たチェンチェンの方がましに思えてきた。

 

「貴方の嘘はもういらない。最初から来る気ないでしょ?」

との問いに悪びれる様子もなく、

「日本人はお金持っているんだからいいでしょ」

と。

 

ふざけるなーーー!!

 

頭が来たが、ここは冷静に。

「来ればよかったのに、来れば沢山お小遣いあげたのに」

と返信した。

こちらが怒っていたり悔しがったりしている様子が相手に伝わらないように、どうでもいいことのように対応した。

すると、

「必ず行くからもう一度チケット代を送って」

『こいつは馬鹿か……』と思いながら、人を騙すのにしてもすぐバレる辺りはやっぱりフィリピーナだなと思った。

 

そしてメールに、

「お前は馬鹿か。送る訳ないだろ」

と打ち込んで送信した。

 

その後のメールは既読スルーした。

 

マイジュニアに「お父さん、騙されちゃったよ……」と詫びた事は言うまでもない。

 

ーー思えば昔。

第1章で書いた頃はたくさんのババエと試合をしたが、時代が良かったのだとつくづく思わされる出来事であった。

昔だってモテていたかどうかは微妙である。

ゲスを好きが20%、バックボーンに日本人ってのがあり日本人金持ちって思いが60%、その他不確定要素20%、分析するとそんなところではないかと思う。

 

前回の中国に続き、またまた初っ端からモゲにモゲたのであった。

 

ーー昨日のマッサージ師やマリンの事などでモゲてはいたものの、実は心はウキウキしていたのだった。

 

昨夜のブルゴスもそうだし、まだマカティを探索していない。

私は楽しいことが何かありそうで期待せずにはいられなかったのだ。

 

早速フィリピーナに騙された例などをググってお勉強していたところ、結構な数がヒットして最近のフィリピーナのえげつなさが伝わってきた。

『これは…… この後の行動は気を引き締めていかなければならないな」

と思った。

 

気を取り直して、ランチに行く事にする。

このホテルの上が展望レストランになっているとの事で行ってみる。

 

シティーガーデングラウンドホテル 屋上
[シティーガーデングラウンドホテル 屋上レストラン]

 

とても眺めも良く、マリンの事を考えるとムカつくのでシャンパンをがぶ飲みしたのだった。

 

ーー今夜の予定をググりながら決める。

まずブルゴスを探検して、午後9時頃よりリトル東京あたりのKTVに行ってみることにする。

 

ーー少しホテルの周りを歩いてみる。

すぐ裏にはSMモールがあり、出て右にすぐのところにセンチュリー・シティ・モールがあり日本食の店なども入っていて便利な立地だった。

ペッパーランチ、博多ラーメン、日本食の定食屋など地下には食品売り場、その他の飲食店やユニクロなど何気に便利で良く行く事になる。

 

こうしてまたフィリピンに戻ってきて思うのが、『ジミー』と連絡が付かなくなったことが残念でならない。

 

フィリピンのオカマ 恋愛 ブログ
[フィリピンのオカマ『ジミー』(写真はイメージ)]

 

ーー夜になりブルゴスに繰り出す。

 

まずは何があるのかひと通り見て回る事にする。

この時は寄らなかったが、ブルゴスの裏の方の細い行き止まりの路地とかに色々美味しい店があるのだ。

今後、どんどん開拓していきオイスターバーやアメリカンバイカーズバーなとお気に入りのお店を発見していくのである。

 

ーーそして一回りして、今でも行きつけのキューバレストランCafe Cubanaに行くのだった。

 

ブルゴス通りの大衆バー 人々で賑わう
[キューバレストランCafe Cubana]

 

ここは左斜め前がプランB、左2件隣りがフィリングステーションとまさにブルゴスのど真ん中。

ここで人間ウォッチをするのがこれ以降好きになるのだった。

私は、KTVが始まる前とKTVが閉まった後などによくいることが多い。

 

ここでしばらくピールセンを呑み、いよいよ復活のフィリピンでの初KTVに向かう。

昔はエルミタのクラブだったり、日本風のフィリピンでパブみたいな店だったりで飲んでいたので、この時が今どきのKTVデビューであった。

 

今朝のマリンの事でモゲていた気持ちも、ブルゴスで過ごすことで少しテンションが上がっていた。

いざ、リトル東京へ乗り込む。

 

ーーまずはシネマスクエア廻りとクリークサイド辺りを歩いてみる。

シネマスクエアの周りは比較的オオバコが多いように思えた。

 

ゲスの感が『小箱の方が比較的落としやすい』と感じ、クリークサイド辺りを除いてみる。

何軒か覗いていく。

店に入るといきなり入口にフィリピーナがたむろっている。

 

7~8人程度の女性が立ち上がって一斉に「イラッシャイマッセー!」。

これには最初少し面を食らった。

 

『置屋の見る見る』とも『ゴーゴーバーの見る見る』とも違う独特のもので、この段階でのセレクトがこの後の展開に影響することは容易に察しがついた。

 

置屋の見る見るの時の女性は、しぐさや目線でアピールする。

ゴーゴーバーは昔のタイプはマジックミラーの向こう側に居て、こちらからしか見えない。

最近のはステージで踊っているかフロアーのテーブルについているかで、こちらも女性が寄ってきてアピールする感じだ。

このように、KTVの嬢全員が一斉にアピールする姿になかなかの光景である。

 




 

これが大箱になると2~30人位から選ばなければならない。

初めての方などはこのシステムが苦手と言う人もいる。

この後、マラテエリアのKTVにも行く事になるのだが、マカティとマラテではこのショーアップのシステムが違う。

 

マカティの店は入り口付近に沢山の女の子がいて、そこにママが現れ「その中から好みの子を選べ」と言う。

マラテの店は入り口辺りに女の子がいる店もあるが、大概は席に着いてから入れ代わり立ち代わり女の子がやってきて好みの子を選ぶシステムが多い。

 

先にも少し触れたが、ここでの指名の仕方や指名した嬢によりこの後のその店での展開が変わるのでとても重要な瞬間である。

 

重要な点はいくつかある。

まずいつまでもグズグズ考えていたり、「もう一回最初のグループを見たい」とか言うことは避けたい。

例えば、3パーティ程見て、最初の嬢を指名するとかしていると、『たいして好みの嬢が居なかったから、取り敢えず指名した』と言う風に思われることがよくある。

また好みの嬢が居たとしても、途中でタイプの嬢を店の中で見つけてもなかなかチェンジが出来ない。

したとしても、後に色々もめることは必至である。

 

したがって私は経験を積むにつれ、『好みが居ない場合は店を変える』か『フリーでローテーションでのみに徹する』かである。

下手に指名をしてしまい、また次に来た時にその店にタイプの女性が居ても指名できないというリスクを避けるためである。

 

こうして私のマニラ夜遊び、マカティでのKTV巡りが始まるのだ。

 

 

[ウメブログ第47話終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、ウメブログ第48話「マカティでKTVデビュー」

 

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! マリンさん、とんでもないフィリピーナっすね。あからさまに騙すなんて。私も速攻でバシルーラです。切り替えて行きましょう!

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! フィリピーナも味を占めたのでしょうか、「日本人は騙しやすい」と。まぁ、お互い様の部分もありますかね。私はいっつも騙されてます。がはははっ!

 

 

【お知らせ】

ウメさんがホストのライブラジオ『ティーマカナーピー』もぜひチェックしてみてください!
クレマニの秘密兵器ちーちゃん、TEAMあわよくばのミカエルさんなど皆さんで楽しいエロトークを繰り広げています。

【ウメラジオ『ティーマカナーピー』】
22:00頃~(放送日は不定期です)
ツイッター(梅ちん @crazy_umechin )のアカウントで、ライブジオ、ラジオのアーカイブを視聴できます!
[ライブ配信アプリ『ペリスコープ』で梅ちんをフォロー]
ラジオ配信 LA

 

「ウメブログ、これから楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

ウメ
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

8 コメント

  1. ウメさん、

    ここからウメさんのKTV伝説が始まるんですね😄店もそうですけどエリアでガラッと違うので飽きないですよね。私はだいたいマカティ、ケソンシティー、海外沿いをローテしてました。

    それにしても、女の子が擦れてますね~( ̄▽ ̄;)もう、私なんか太刀打ちできないでしょうね。90年代ってよかったなぁ😍

  2. こんばんは

    マリンさんは完全に日本人をお金と思っている女性ですね。。。
    こんな時こそ切替が大切です、、、

    指名は難しいですね。。。
    私は必ず後から「あの子が良かったなぁ」ってのがあります。。

  3. ウメさん、こんばんは!
    少しなら金持ちは騙してもいい!
    東南アジアあるあるですね。

    やれるかもしれない宝くじを買っていると思って、買い続けるしかないですよ!

    • ボンさん
      こんばんは。
      宝くじですか、確かに当たりハズレは運次第的要素が多いですが、当たってもやれるだけならスクラッチ程度ですかね!?
      それでも中々当たらないのですが。

  4. いよいよ本編の開始ですかね?
    梅さんも文中に書かれていますし、エッジさんのコメントにもありますが、90年代とは全然違うんですね。私は日本国内でしたが90年前後がメインだったので、今ならば、キャッシュディスペンサーの如く出金してしまうでしょう。

    12月にお会いできる事を楽しみにしています。

    • みちをさん
      こんばんは。
      中々の強敵ですよw
      お金ゴールはたくさん転がっているのですが、純愛は中々無いですね。
      こちらこそ12月よろしくです。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here