ブログランキングリンク-トップ

 

 

 [ウメブログ前回のあらすじ]

ウメブログ第二章がスタート。意図せずヘルプ女性から好意を寄せられ、かおりに疑いを掛けられる。また、ソフィアと貞操を守ってきたがとうとうベッドイン!?
【ウメブログ66】 フィリピーナに裏切られてもフィリピンへ通う理由!

 

改めてウメブログを始めから読みたい方はこちら↓

クレイジーマニラ 新連載『ウメブログ』
【ウメブログ1】日本のフィリピンパブの過去、マニラへ向かうきっかけ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは以下の5つのブログがメインコンテンツです。

 

 

ウメさんが再びフィリピンへ通い始めます。

それでは『ウメブログ第二章』、第67話をスタートさせていただきます。

 

クレイジーマニラ ウメブログ 超ベテラン

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 

クレイジーマニラ ブログ村 ブログランキング
↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ67】本命フィリピーナと同伴初デート、パコれるのか!?

 

 

ーー午後5時30分。かおりとの待ち合わせ時間。

場所はニューワールドマカティのロビー。

ソフィアを部屋に残し、無事に抜け出すことが出来た。

 


[ニューワールドマカティのロビー]

 

ーー5分遅れてかおりが登場した。

「何食べる?」

「なんでもいいけどグリーンベルトが良いかな」

少しグリーンベルトを歩く。

そしてグリーンベルト3のシーフードレストラン『The Red Crab』に決める。

 


[The Red Crab店内]

 

私はオイスターとピールセン。

あとはかおりにオーダーを任せる。

 

結構な量のカニなどの料理が並ぶ。

それを手掴みでパクつくかおり。

『かわいい……』と、そう思ってしまう。

 

そんな楽しい時間はあっという間に過ぎる。

 

その時、かおりが突然切り出してきた。

 

「今日ラストまでいてくれたらあなたのホテルに泊まる」

 

あれれれれっ、この展開は!?

「OKいいよ」

何かあっさりとパコりほぼ確定となった。

 

ーー店に向かう前に、パコり用のホテルを予約する。

先ほどニューワールドマカティで待ち合わせしたので、そのホテル以外は逆に怪しまれる。

必然的にニューワールドマカティに決定した。

 

そしてCartierに入店。

まだ閉店まで5時間もあるのに、いきり立つウメジュニア。

かおりが、

「今夜は呑みたいわ」

という事で、お決まりのコースだ。

 

『テキーラ、ブンブン! テキーラ、ブンブン!』

 

でパッカパカ飲み始めるかおり。

この時点でまだ気づいていないゲスだが、何故か今晩かおりとパコることに躊躇が無いのだ。

あれだけソフィアとのパコりに抵抗があるのに、何故かおりはOKなのか!?

 

マカティ ktv
[カルティエ店内]

 

ーー酔っぱらっていくかおり。

閉店間近。

ヘロヘロのかおりにホテルで待っていることを告げて撤収。

 

ーーそして、ホテルへ。

待てど暮らせどホテルに来ないかおり。

そう、これが強者フィリピーナの得意技『ホテル行く行く攻撃』である。

 

「ホテルに行く」と宣言した後、テキーラブンブンで酔い潰れたと言い訳、または『同伴でホテルに行くと言いながら、遅刻して同伴だけゲット』。

KTVあるあるだろう。

この時は奥義『同伴からの、テキーラブンブンからの、酔っぱらうからの、店で寝ちゃったからの、ホテルに来ない』である。

 

ここで私は気が付いた。

かおりとの試合に躊躇が無かったのは、彼女に純愛を感じず『商売営業パコパコ』が匂っていたからだ。

こうなったらパコれるかパコれないかの勝負である。

 

ただこの夜のこの悶々とした気持ちはどうしてくれるのだ……。

 

こんな時の為、カプセル怪獣を私は準備していた。

あの”くちゃい”で萎えてゴールはしたもののフィニッシュをしていないエリーだ。

お腹ぷっくらの幼児体形だが顔は好み。

彼女を召喚しよう。

 

ーーエリーに連絡をすると「すぐに向かう」と言う。

 


[ニューワールドマカティ]

 

そして待つこと1時間。

この間にゲスの悶々は最高到達点を超えていた。

 

彼女が着くなりシャワーに向かわせてベッドで待つ。

 

ベッドに来るなり、試合前の練習もイベントも無し。しかも試合開始直後にごっつぁんPKを頂きの速攻ゴール。

また匂いでめげる前に速攻フィニッシュを決めた。

 

ーー満足げのウメジュニアをシャワーで洗う時に漂う小便臭。

ヤバい…… 危なかった。最中にこの匂いがしたらまた凹んでいただろう。

 

試合後、エリーに「泊まる? 帰る?」と聞くと、

「明日は朝から仕事だからここから仕事に向かう」

と言う。

そうだった。

彼女はここマカティで電話のオペレーターとして働いているのだ。

 

どうしようか……。

エリーにはニューワールドマカティで寝てもらい、私はダイヤモンドレジデンスに帰るか思案中。

 

そこで、もう仕事が終わっているはずのソフィアに今日の予定を聞いてみることにした。

ダイヤモンドレジデンスに来れば戻らなければならないし、彼女が家に帰ればニューワールドマカティ泊である。

ただ状況によってはまだ仕事が片付いていないかもしれない。

 

ソフィアと一緒に居るとそれはそれで楽しい、ただパコれる勇気が無いだけだ。

 

ーー電話に出たソフィアは、

「まだ店に居るんだけど。昨日酔っぱらってしまって今日も店で結構飲んだから帰るわ」

「わかったよ。気を付けて帰って、ゆっくり寝なさい」

 

ニューワールドマカティ泊に決定。

 

ーーただ問題は明日からの予定だ。

まずかおりには落とし前を付けなければいけない。

あとは今夜やっつけの試合をエリーで済ましたが、不本意である。

未だ心満たすほどの試合はしていない。

出来れば国際Aマッチレベルの試合はしたいが、そのレベルの試合となれば今晩騙されたかおりとのリベンジマッチしかないであろう。

ほかにもタイミングを見て呼ぼうと思っているジュリとのフレンドリーマッチも控えているし。

何より今回はかおり次第で予定が変わるので予定が立てにくい……。

 

ニュー ワールド マカティ ホテル (New World Makati Hotel)

 

ーーそんなことを考えている内に眠りに落ちてしまったようだ。

エリーに起こされ、目を覚ました。

彼女が仕事に行くとの事。少しのお小遣いを渡すと、満面の笑みで仕事へ向かった。

 

さてどうする……。

まだゆっくり寝たい私はニューワールドマカティをチェックアウトして、元の宿泊先のダイヤモンドレジデンスに向かう。

 

ダイヤモンドレジデンスに向かい歩きながら、『昨夜いつの間にか寝ていたなぁ』と。

フィリピンに来ると寝る間も惜しんで夜遊びをするのでいつのまにか寝ている。

しかも眠りは深く、昼過ぎまで熟睡なんて事はザラである。

日本に居る時の寝つきの悪さが嘘のようである。

 

ーーダイヤモンドレジデンスに戻り、また眠りに就くのだが、かおりに関してはこちらから連絡をしないことに決めた。

 

昼過ぎに目を覚ますと、かおりからのテキストが来ている事に気が付く。

寝ている間に送られて来たようだ。

そこには驚愕の内容が書かれてあった。

 

思わず吹き出し、そして闘志にメラメラと火が付いた。

 

「あなたがテキーラ呑ますから、ホテルに行けなかったでしょ」

と。

 

 

なにーーー!?

こいつは中々の強敵だぞ。

 

強敵だがこのままにしておくべきではない、きっついお仕置きをせねばならぬ。

さてどうしたものか……。

作戦を考える。

絶対に言い訳と逃げる事の出来ない作戦、試合までの完璧な作戦を。

 

今日が日曜日で、明日の月曜日の深夜に日本に帰る。

勝負は二日だ。

まずはどうやってホテルに誘うかだが、部屋に入ってしまえばどうにでもなる。

 




 

考える。

 

するとソフィアからメッセージ。

「一緒にご飯を食べたいわ」

 

まだかおりに返信していないこのタイミングで、ソフィアからの誘い。

かおりにあえて返信せず、私が怒っている風を漂わせての無視だ。

ソフィアとディナーに行く事にした。

 

次にどんなメッセージをかおりが送ってくるのかワクワクしながら、今夜のディナーをどこにするか考える。

ソフィアに「どこに行く?」と聞くと、

「シティガーデンクランドホテル」

しかも

「早めに行ってサンセットが見たいわ!」

うむ。確かにあそこの夕焼けは綺麗だ。

これで今夜の予定は決定。

ソフィアとディナー&同伴。

それからのかおりのメッセージ次第だが、もし今晩の相手がいなければポケットモンスターの抑えのリリーフ、ジュリ召喚で行こう。

 

そうしてディナータイムを迎える。

 

 

[ウメブログ第67話終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、ウメブログ第68話「かおりにリベンジなるか、はたまたジュリの登板はあるのか!?」

 

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! KTV夜遊びのあるあるですね。私も散々通い倒して、結局ホテルには来ず。一人ベッドの上でうつ伏せになり、豪快に屁をかましてすぐ寝た経験があります!

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! この夜はテキーラモンスターとなった訳ですね。そして、肝心のアフターは無しと。彼女に対して見切りを付けるべきかどうか、ウメさんの対応が気になります!

 

 

【お知らせ】

ウメさんがホストのライブラジオ『ティーマカナーピー』もぜひチェックしてみてください!
クレマニの秘密兵器ちーちゃん、TEAMあわよくばのミカエルさんなど皆さんで楽しいエロトークを繰り広げています。

【ウメラジオ『ティーマカナーピー』】
22:00頃~(放送日は不定期です)
※ウメさんのラジオアカウントが変更されています。新しいアカウントのリンクは以下からどうぞ↓
[ライブ配信アプリ『ペリスコープ』で梅ちんをフォロー]
ラジオ配信 LA

 

「ウメブログ、これからも楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事【ウメブログ66】 フィリピーナに裏切られてもフィリピンへ通う理由!
クレマニ次の記事【マニラ駐在】ローカル夜遊びでまさかの体験!?マニラ駐在時代の失敗談
ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

ウメ
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

4 コメント

  1. ウメさん、

    テキーラブンブンは破滅への近道ですよ😅相手にいいわけを与えてしまいますからw

    それにしてもカプセル怪獣とは言え、試合を成立させるあたり流石です🤣

    Aマッチ組めますかねぇ🥰

    • エッジさん
      お疲れ様です。
      テキーラと言わずも最近のピーナの強者化エッジさんにも体験して欲しいものです。

    • 匿名さん
      コメントありがとうございます。
      ゲスも精いっぱいの仕返しはしたいのですが中々最近のピーナは強敵で思うようになりません。
      頑張って仕返しをするのですがご期待に添える結果になるかは・・・・
      これからもよろしくお願いします。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here