ブログランキングリンク-トップ

 

 

フィリピンに訪れると、いろいろな ” 気付き ” を感じると思います。

そんな ” フィリピンあるある ” を紹介します。

以下はあくまでも一人の旅行者としての感想です。事実とは異なる記述があり、多分に偏見が含まれています。

気分を害される方もいると思います。

この記事はネタとして受け取って頂ければ幸いです。

 

【海外】フィリピンあるある ~ レジで長時間並ぶのは普通!? ~

 

 

フィリピン旅行、街中あるある

 

動かないエスカレーター
 
どこのモールでも、一か所は停止しているエスカレーターがある。現地の高級モールでも普通の光景。いろんな意味で怖いので、エレベーターを利用するのも覚悟が必要。

 

レジ前でクソほど待たされる
 

モールやスーパー、コンビニでのレジ打ち。レジ前に人が並んで待たなければならないことはもちろん、バーコードが登録されていない、おつりがないなどの理由でさらに待たされる。さらに、後ろの客からのプレッシャーも日本並みに高い。

 

20ペソ札がボロボロでしなしな、少し臭う
 
あらゆる人間に使い回され、ケツを拭けるが如くソフトになっている20ペソ札。ウェット感に満ち溢れ不潔極まりない。

 

フィリピンスタイルで道路を横断する
 
横断歩道のないところでも、手で車を制しながら前を横断するようになる。帰国直後、日本でも同じ事をしてしまい、死ぬほどクラクションを鳴らされる。

 

白タクシーに挑戦してやっぱり後悔する
 

タクシーの荒っぽい運転に驚く。クッション性ゼロのシートに、ケツが痛くなる。メーター利用なら我慢できるが、交渉制タクシーには二度と乗りたくない。

 

ストリートチルドレンを舐めていると痛い目を見る
 
フルチンの子どもが普通に道にいる。気の毒に思い、子どもにチップを渡すと、周辺の子どもまで寄ってきて、気付けば大人数に囲まれる。フレンドリーさを全面に出してしまったことを後悔する。

 

空港に到着後、地元民の顔がすでに怖い
 
初めてのマニラ。空港出口で待っている人々の顔がすでに怖い。無表情で、全員でこちらを見ないでくれ。

 

モバイル環境や料金システムを正確に把握していない
 
現地のキャリア(主要キャリアはGlobe と Smart)の料金システムを把握せず、曖昧に理解したままの滞在で済ませてしまう。

※SIMフリーの端末を持っていて、短期滞在ならば日本でSIMカードを購入すれば良い。価格、容量プランも同程度。

【おすすめSIMカード】
AISアジア16カ国 周遊プリペイドSIM 4GB 8日間 4G・3Gデータ通信使い放題 / 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール  ※日本でも利用可能

 

日本に帰りたくない、逆ホームシックにかかる
 
渡比する前には時間的余裕を感じていたのに、帰る頃には「もっと滞在したい」と思っている。

 

日本へ帰国するとレベルアップの音が聞こえる
 
フィリピンから戻ってくると、強烈な疲労感とともにレベルアップを実感する。今なら、身内の葬式くらいなら、喪主兼坊主として一人で回せるのではないか。

 

とにかく怠惰なフィリピン人を見かける
 

フィリピン人はスマホを触る総時間世界一と言うのも納得。

 

空港で見かける日本人を怪しむ
 
日本の空港でマニラ行きの便を待つ日本人男性を見ると、「この人達、エロ目的なのかな」と勝手に思ってしまう。特にクラーク行き。

 

タトゥーをよく見かける
 
滞在を通してタトゥー文化に理解が深まるが、自ら入れようとは思わない。

 

韓国人と日本人を外見で見分ける力が備わる
 
日本ではあまり意識しないが、現地でマッシュルーム、刈り上げ、丸眼鏡と言えば、韓国人男性を思い浮かべてしまう。

 

路上の犬、猫も痩せている
 

貧しいのは人々だけではない。特に、飲食店近くの猫はストレートチルドレン化しており、食事中におこぼれを強請ってくる。しかしこれは未だ救いのある例で、市街地を外れると犬猫も餓死している。

 

200ペソ札を受け取ると何故か嬉しい
 
流通量が最も少ないお札。手にしたときはほとんど状態が良い。お財布の中にストックしてニヤつく。

 

会計後、お釣りが多種多様な札やコインで返却される
 

例えば、600ペソのお釣りが「100ペソ札1枚、50ペソ札8枚、20ペソ札4枚、10ペソコイン2枚」など。おそらく誤魔化されても気付かない。

 

両替商で、大量の500ペソ札を受け取り、悲しい
 
最も高価なお札は1,000ペソ札なのだが、これを切らしている場合がある。その際は、全て500ペソ札で受け取る。富裕層でもないのに財布がパンパンになり悲しい。

 

ゴキブリの出会いに慣れる
 
ホテル、飲食店、路上、あらゆるところでゴキブリを頻繁に見かける。日本の蟻レベルで多い。

 

謎の待ち時間が多い
 

レジでの待ち時間はもちろん、ホテルサービスの利用、レンタカーの配車など。あらゆる場面で謎の待ち時間がある。一体、何で揉めているのだろうか。フィリピン旅行ではまずこれに慣れると楽しめる。

 
 

ホテル、レストランあるある

 

エアコンが強すぎる
 
店内の空調が強いため、エアコンの前の席だと直に風邪を引いてしまう。また、外の温度差と寝不足のため後に風邪を引いてしまう。ホテル室内も同様。

 

韓国焼肉の正しさがわからない
 

韓国焼肉レストランにて、メニューのハングル文字はもちろん、それをアルファベットにされてもわからない。写真で見る限り「死んだ色の肉」を頼むとハズレは少ない。

 

取り皿をまずナプキンで拭く
 
フィリピンでは大きな食事皿からそれぞれの取り皿に分けて食べる。洗い物に不安があるため、取り皿をまずナプキンで拭く。

 

食器がチープ
 
ハンドパワーを使わずにでも曲げられそうな薄いフォークとスプーン。コンビニで受け取るプラのフォークも弱すぎて、肉を解せない。

 

ローカルな雰囲気に憧れるがすぐ後悔する
 
ローカルなレストランだと衛生状況が気になる。まずコップそのものや飲料水の氷から心配してしまう。無法状態のハエにも耐えなければならない。

 

青トオガラシの破壊力を初めて知る
 

シシグ(Sisig)など代表的なフィリピン料理に入っている青トオガラシ。中には兵器並みの辛さを持っているので要注意。

 

フィリピン人には見栄張りの人が多い
フィリピン人は外食に限り、必ず食べ物を残す。おそらく「そんなに飢えてませんよ」と見栄張りのため。日本人が残さず食べていると不思議そうな顔で見られる。

 

卵の黄身の色が白過ぎる

 
親鳥の健康状態を心配するほど。養鶏場での餌が足りてないのだろうか。バロットの中身も栄養失調気味。

 

シャワーが弱い、ぬるい
 
特に電気の温水器を使っているホテルにて。日本クオリティを求めるのならば、日本円で一泊5,000円クラスを選択した方が良い。

 

スタッフの英語にクセがあり、聞き取れない
 
聞き取りづらい英語を話されても、とりあえず「OK」と伝えてしまう。本当は「NO」と言いたいが、説明する英語が出て来ないあるいは再度話すことが面倒くさいため、結局「YES」と言ってしまう。

 

部屋のWifiが繋がらない
 
フロントに問い合わせても、「今だけだ」と説明を受ける。結局、滞在中に一度も繋がることはなかった。

 

テレビの音量がチャンネルで変わる
 

テレビ番組を観ていると、チャンネルを変える毎に音量が変化する。ちょうど良い音量にしていても、チャンネルを変えると爆音で驚く。

 

体調が明らかに悪くなる
 
最たる例として、滞在中のおしっこの色がオレンジジュースのように黄色くなる。

 




 

フィリピーナ、夜遊びあるある

 

フィリピーナの鼻歌は発作
 
ホテルの受付やKTVの接客中、フィリピン人女性が突然、鼻歌を歌い始める。ご機嫌次第だが、まるで発作のようだ。

 

持ち金の減りが尋常ではないほど早い
 

ペソから円換算の時に、単純にペソ×2を日本円で考えてしまい、円高だと勘違いする。実際は×2もない。しかも、旅行者が行くエリアの物価は基本安くない。

 

自取りで写りの良い角度を覚える
 
フィリピーナにハマると、今までの人生で一度も自撮りをしたことが無い人でも、メッセージで送るなど頻繁にするようになる。

 

フィリピン人女性にトラウマを抱える
 
突然連絡が途絶える、商売丸出しの対応、ドタキャンは当たり前など。会って間もないフィリピーナから、「お金の工面」の相談を受けることも。

 

お金を出してまでお店内で気を遣う
 
ショーアップでミスをしてしまっても、日本人気質が勝ってしまい、チェンジをお願いすることができない。苦痛なワンセットを過ごしてしまう。

 

最初に覚えるタガログ語は「diba」もしくは「talaga」
 
「diba(でしょ)」もしくは「talaga(本当に)」を、会話に入れている自分に気付く。恥ずかしさよりも、女性の笑顔が見たい。
[参考記事]
【タガログ語入門1】基本文法「これは(それは、あれは)~です」

 

初めて英語のテキストを新たに買った
 
スケベ心による向上心は凄まじい。英語学習へのモチベーションが急激に上がる。
[参考記事]
【英会話】絶対おすすめ! 英語のスピーキング能力を劇的に高める方法とは!?

 

男性用トイレにある氷を尿で溶かそうと試みる
 

飲酒も手伝って大量の尿が放出される。十分だったはずの熱量で全滅させてやろうと試みるが、大したダメージは与えられない。

 

非常口を示す緑色のマークが「肉」の漢字に見える
 

夜遊びが過ぎてしまい、酔いと疲労が溜まっている時。ピークを過ぎると、幻覚が見えてくる。人が走り出るマークが「肉」の漢字に見えたのはそれだ。

 

ホテル帰着前、幻聴が聞こえてくる
 
夜遊びからの朝帰り。ホテルに辿りついた時、どこからか聞こえてきたニワトリの「こけこっこー」が、「やりやがったー」に聞こえる。

 

ショーアップでツレがどの子を選ぶのかワクワクする
 

仲間とKTVへ行き、ショーアップ。自分以外の指名子がレベル高すぎて、そっちの方が気になる。もしくは、とんでもないブスでその人の美的感覚を疑う。

 

フィリピン人女性の肉付きにガッカリする
 
ドレスアップしているときはスタイル良く豊満なオッパイだと思っていたのに、いざベッドの上で確認すると単にちょいデブだったと気付く。ヒールと着付けトリック。

 

夜遊びガイドのフィリピン人男性がウザい
 
現地の夜遊びガイドの男性がいつまでも付いてくる。下手に断ると怖そうなので、無視を貫くが結局舌打ちされる。

 

パネマジが酷い
 

お店の女の子の写真、集合写真、店舗紹介写真が総じて、お世辞にも美人とは言い難い。もしくはピントがズレている。

 

熱いお風呂、女性に引かれる
 
日本人は熱い風呂が好きな人が多い。自分のベスト温度でフィリピーナと一緒に入ろうとしたら、「Are you crazy?」と言われる。

 

メッセージの内容が噛み合わない
 
フィリピーナとメッセージのやり取りをしていたら、相手の打つスピードが速すぎて、トーク画面上で話が噛み合わなくなる。

 

Lineアプリの投稿(Post)を見てしまう
 

ラインの投稿に「文字だけのメッセージ画像」を載せている女性は、過去の男に未練がある。もしくは最近振られた、友人関係などで嫌なことがあった。

 

音楽好きの女子に惹かれる
 
女性がクラブミュージックを聴いて、人差し指をクルクルと回しながらリズムに乗る姿に萌えてしまう。

 

フェイスブックのアカウントを教えてくれない
 
フェイスブック(メッセンジャー)、もしくは現地の電話番号こそがプライベート。ラインでしかやりとりがない女性、複数アカウント保持者は要注意。

 

以上、「【海外】フィリピンあるある ~ レジで長時間並ぶのは普通!? ~」に関する記事でした。

もし、皆さんもお気付きの ” フィリピンあるある ” があれば、下部のコメント欄にお寄せください。

また、このような記事で気分を害された方には深く謝罪申し上げますm(_ _)m

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事【夜遊び】読者の方と初めて会い、そのままKTV夜遊び、アフターへ
クレマニ次の記事夜遊びに最適!?マラテのコスパ最強クラスおすすめホテルの紹介
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

14 コメント

  1. いやー、笑いました。
    個人的には女性の鼻歌が好きですね。

    二つ紹介!

    ・アゴダの予約で、謎のサービスチャージ料にむかつく

    ・タバコのパッケージのエグい写真に慣れない

  2. ロビンソンモールはマラテだけかと思っていたら、いろんなところにあった。
    モールのエントランスのセキュリティチェックが甘々。

  3. スターシティ(マニラのテーマパーク)のクオリティの低さにビビる。
    日本のUSJやディズニーが何故人気なのかがよくわかります。
    マニラではテーマパーク内ですらまともに機能していませんね。人だけは多いです。

  4. ほぼ全て心当たりありますねw
    あと日本のフィリピンパブもなんですけど、ショータイムのダンスが文化祭レベル
    自分の事が大好きでそれを隠さないとか

  5. 女性にトラウマは心に響きますねー。あと英語について、学生時代にもっと勉強しておけはと思いますね。特にヒアリングと発音!

  6. 安全運転だと車が進まない。
    8割以上の運転手が暴走族の運転。
    これでもかと言うほど嘘をついてくる。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here