ブログランキングリンク-トップ

 

キャッスル プラザ ホテル (Castle Plaza Hotel) 名古屋

 

[前回のあらすじ]

フィリピーナ彼女とその母親が来日して3日目。一泊二日の予定で有馬温泉へ向かう。夕食後、彼女の振り回しブンブンが最高潮を迎える。

[前回記事]
【レンジブログ150】フィリピン彼女が荒れまくる!? 有馬温泉の夜

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。今まで二つの外伝がそれぞれ完結しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

[外伝二章第一話]
【レンジブログ121】フィリピンから帰国、その日にフィリピンパブへ

 

 

【レンジブログ151】フィリピン彼女と名古屋のホテルにチェックイン

 

ーー午前7時起床。

寝室には私のみ。

洗面所から聞こえてくるドライアーの音で目覚めた。

 

「Good morning. (おはよう。)」

母親が洗濯物をドライアーで乾かしていた。特に、マルコが着ていたヒートテック。厚手のものだったので、大変そうだった。

 

ーーマルコは一人で朝風呂に向かったようだ。

 

私はTVを付けて、あくびをしながら眠気を飛ばす。

 

ーー「おはようございます」

仲居さんが部屋に入ってきて、朝食の準備をする。

朝も豪華な食事が座卓に並んだ。

 

有馬温泉 部屋食 朝食

 

ーーマルコが温泉から部屋に戻って来た。

軽く火照った様子で「良い風呂だったわ」と。これから身支度をするようだ。

一応私は「朝食はこのあと8時には下げてもらうから、先に食べたら?」と伝える。

しかし、二人は忙しそうで「朝はパンとミルクでしょ」と意味の分からないことを返してくる。

 

私は一人で食事を始めた。

めちゃくちゃ旨い。こんなに贅沢な朝食をしっかり食べるのは久しぶりだ。

二人も食べたら良いのに……。

 

ーー仲居さんが入って来た。

「申し訳ありません。そろそろ。片づけの都合がありまして」

二人分の朝食は未だ手を付けられていない。

「そうですよね。もう大丈夫ですよ、下げてください」

 

こんなにもったいないことがあろうか。

温泉旅館の部屋朝食を一切食べずに下げてもらうなど出来ない。

私は仲居さんが一旦退出した時、二人の朝食を出来るだけかき込んだ。

 

ーー準備が整ったところで、チェックアウトして外へ。

その後しばらく、周辺で写真撮影をしたり、温泉街の小料理屋で昼食を食べたりした。

 

有馬温泉 旅館街

 

ここで私は一つ不安を覚えた。

 

それは『雪』である。

もう12月もクリスマス直前だ。しかしこの冬、本州ではほとんど降っていない。

この有馬温泉地域は決して標高が高い訳ではないが、山の頂上辺りには白いものが見えても良さそうなのに。全く降っている様子はなかった。

彼女があれだけ楽しみにしていた『雪』。

それを見ることが出来なかったなんて事態が起これば、この日本旅行は台無しと言っても良い。

絶望する顔は容易に想像できる。

しかし、週間天気予報を見てもしばらく気圧配置は穏やかなものだった。

これ、大丈夫だろうか。

最悪、スキー場に行けば雪はあるだろうな。頼むぞ……。

 

ーー私達は車に乗り込み、名古屋方面へ向かった。

 

高速道路

 

阪神高速から、中国自動車道、名神高速道路、新名神高速道路、東名阪自動車道と車を走らせた。

 

そして、3時間程かかって名古屋市内へ。

 

陽が傾き始めた午後4時頃。

ようやく自分の住む街に帰って来られた。ホッとする。

 

名古屋 高速

 

「Here is my town Nagoya. (ここが私の街、名古屋です。)」

「Wow very nice city! (ワオ、とても素敵な都市ね!)」

 

二人は好印象を抱いているようだ。よかった。

まぁ、日本の都市部は何処も似たような風景だが。

 

高速を降りた私達は、そのまま私の会社へと向かった。

今日は出勤しなければならない。夕方からどうしても欠席できない会議が入っていたのだ。

 

ーー私は会社の駐車場に車を留め、「このビルに私のオフィスが入ってます」と紹介した。

そして、「これから三時間程仕事です。そこのレストランで食事をして待ってて」と二人を車から降ろした。

私は寒空の下、上着をスーツに替えてネクタイをする。

 

「Wow very sexy naman. (ワオー、超イイネ、本当に。)」

 

ふふっ、マルコよ。

私は普段は真面目な会社員。フィリピンでのブスな姿は仮なのだ。

 

[参考過去記事]

フィリピンでの破天荒レンジ
【レンジブログ137】浮気写真流出、フィリピーナに浮気がバレる?

 

ーーこれから一時別行動となる。

 

一万円札をマルコに渡す。

「Marco, are you okay? Can you order? (マルコ、大丈夫? 注文できる?)」

「Sure! I can! (もちろん! チャレンジよ!)」

 

一応、彼女に私の連絡用携帯も渡した。万が一のため、日本の電話番号を持たせておけば安心だろう。

……まぁ大丈夫か。この辺りは外国人の姿も多いし。

陽気に歩いて行く二人を見送り、私はオフィスへ向かう。

 

ーー社内は年末業務で大忙しだった。

皆、他人に興味はない。いかに早く仕事を終わらせて、年末年始を迎えられるか。それだけに集中しているようだった。

三日ぶりに現れた私は少し非難の目を感じた。……申し訳ない。

 

案の定、上司の呆れた顔が目に付いた。

私は真面目な敬礼で答えた。

 

破天荒レンジ、スーツ姿 日本ではマジメ

 

「レンジ、ふざけてんのか? 早くしろっ、会議始まるぞ!」

 

ぶふぇっ、スベったか。失礼しました。

 

デスクの上には書類が溜まっており、私はその中から資料を探す。

軽く目を通してから急ぎ足で会議に臨んだ。

 

ーー幸運にも会議は早めに終了。

急いで書類を整理し、マルコたちを迎えに行かなければ。

よっし、この時間ならまだレストランに居るだろう。

 

「レンジさん、オツカレサマデス」

 

すぐに近寄って来る一人のマッチョ。

 

マニラ ライター オノケン

 

「あぁ、ケンさん」

「オヒサシブリデス。どうなんですか、マルコと母親」

「どうもこうも、俺が痩せたの気付かない? しかもほら吹き出物も出来てる。熱もあるし」

「またちょっと太ったように見えますが?」

「ぶふぇっ! えっ、そう?」

 

彼は興味深そうに私のこの数日を聞いてきた。

私は急いでいたため、簡単にその猛威を説明した。

 

「……レンジさん、よく生きてましたね。でも、まだ前半が終わったばかりでしょ。これからまだクリスマスとかありますよ、大丈夫ですか?」

「そうよ。よく生きてたよ。もっと褒めてよ」

「二人、今は名古屋に居るんですよね?」

「うん。下の駐車場に車留めてあって、近くのレストランに入ってるよ」

「うえっ!? マルコたち下に居るんですか!? ……ちょっと見てみたいような気もするんですけど」

「見てきたら? たぶん向かいのイタリアンに入ってると思うから。俺はもう少し整理しないと。明日からまた休みもらうし」

「見たいです。ちょっと行ってきます!」

 

ケンさんは野次馬のごとく、すぐにエレベーターを降りて行った。

私は溜まっていた手続きを処理していく。

 




 

ーーケンさんが戻って来た。

 

「二人居た?」

「居ました……」

「でしょ?」

「一発でわかりました。マルコと母親、謎のオーラ出てました。店内に入って声を掛ける勇気は出ませんでした」

「そうよ。彼女らマジで日本に居るんだから。現実よこれ。気付かれなかった?」

「はい。それにしてもマルコ、やっぱ美人っすね。格が違います。遠目でもわかりました。スタイルも。あと性格さえ良ければね……。あっそう言えば、マルコとのエッチなビデオ撮ってきてくれました?」

「いやごめん、対応だけで手一杯。ってかそれ前も言ったけど無理だから」

 

 

「残念です。今度こそお願いしますね。あとお母さん、何ですかあのコート。法皇が着るような柄物コートじゃないですか。二度見しちゃいましたよ」

「法皇って。まぁ、あのセンスは俺も意見できない。大阪の初日なんて、二人してヒョウ柄着てたんだから。ヒョウ柄ペアよ」

「マジですか? 平成の時代ももう終わろうとしてるのに」

「そうよ。俺がブタだとしたら捕えられた獲物だよ」

「自分で言いますかそれ」

「まぁ、日本を楽しんでくれたらそれで良いよ」

「それにしてもレンジさん大変でしょう。話聞く限りめちゃくちゃですね、よくやりますよ本当に」

「ははっ。そうだね。あっそう言えば、ケンさん、明日の夜って何してる?」

「えーっと、仕事の後は特に予定はないです」

「もし良かったら、マルコたちと会ってみる? 晩飯でも一緒に食べようよ」

「良いですね! 僕も日本で顔を合わせて話したいです」

「OK。あとさ、彼女たちピンパブに行ってみたいんだって。日本で働くフィリピン人と話したいんじゃないかな。栄の方に連れて行ってみようかなと。その後一緒にどう?」

「なるほど。それはそれで面白そうですね。お供します!」

 

久しぶりにケンさんと会話が出来て、私は少し元気になった。

この旅もようやく折り返した感じがした。

 

その後、しばらくデスクワークをして会社を出た。

 

よっし、彼女達のところへ行こう。

と、その前に。

時間があったので、こっそり近くの電気店に寄って『2wayタイプのヘアーアイロン』を購入した。100v-240v対応、世界何処でも使えるものだ。

へへっ、これでマルコ喜ぶぞ。

 

ーー買い物を終えた私は電話を掛けた。

「I finished my work just now. Where are you? (さっき仕事が終わりました。何処にいるの?)」

「We’re still in the restaurant. (まだレストランよ。)」

 

私は「駐車場で待ってるから」と伝え、彼女達の夕食が終わるのを待った。

しばらくすると、二人は戻って来た。

マルコは「ちゃんと注文できたわよ! パスタとピザを食べたわ。店員はとても親切だった」とご機嫌だった。

 

ーー宿泊先のホテルへ向かう。

駅前のビジネスホテル。名古屋では二泊の予定だった。

宿泊先は「キャッスル プラザ ホテル (Castle Plaza Hotel)」。


キャッスル プラザ ホテル (Castle Plaza Hotel) 名古屋
名古屋おすすめのホテルの予約はこちら

 

事前にマルコ達とスケジュールを確認した際、彼女から「宿泊はあなたの自宅が良い」と要望があった。「そうすれば、あなたも無駄な出費が少なくて済むでしょ」とも言ってくれた。

それを聞いた時は嬉しかった。

しかし、確かに私の自宅泊でもよかったのだが、一人暮らしの部屋を綺麗に片づけるのが正直面倒だった。また、フィリピンでのマルコ宅と比較すれば不自由は全くないだろうが、三人では手狭だ。

そして、名古屋では別にホテルを取ることで、私だけ自宅で一休みできるチャンスだと思った。

明日、「私の自宅を見せるから」と言うことで、名古屋での宿泊は付近のビジネスホテルを予約していた。

 

ーーホテルのグレードは、大阪で宿泊した『アートホテル大阪ベイタワー』と同じくらいだった。

 

キャッスル プラザ ホテル (Castle Plaza Hotel) ホテルエントランス

 

チェックインを済ませ、部屋へ。

日本人でも十分に快適に過ごせる空間。広めのツインの部屋で『エキストラベッド付』のタイプ。緊急時に備え、私も同部屋に泊まれるようにしていた。

 

二人は日本滞在に慣れたのだろう。もう当然かのように荷物を広げ、リラックスし始めた。

 

私はしばらく二人に付き添った。

ホテルの使い方と緊急時の連絡について確認したり、二人が寝支度をするのを待ったりしていた。

 

ーー夜10時を過ぎた頃。

 

「Good night! And this is Christmas present for you. Just cheap, easy present. (おやすみ! あとこれ、クリスマスプレゼント。安い、簡単なプレゼントね。)」

私は先ほど購入したヘアアイロンを彼女に手渡した。

それを受け取り、感激する姿が嬉しかった。

彼女は「もう日本に来ていることが最高のプレゼントなのに。あなたは何て素敵なの!」と言ってくれる。

英語なので意訳次第ではあるが、正直こう言ってほしかった。『あなたと過ごせることが最高のプレゼント』だと。

まあ、それは良しとしよう。それは置いておいて、瞬間にして彼女の興味はヘアアイロンに移った。

おっ、おう。早いな。

 

最後に部屋を閉めたのは母親。

私は「おやすみなさい」と母親と挨拶を交わし、ホテルを出た。

 

ーー久しぶりの自宅に到着。

一晩、二晩でも彼女達と離れられることは正直嬉しかった。

 

それにしても、もうすぐクリスマスか。

フィリピンでは家族と過ごす一年で最も大切な日だ。『来日できる』というアドバンテージを考えても、その日私を選択してくれたマルコと母親の気持ちは嬉しい。

と言っても、日本人で男の私にはそれほど重要ではない。若い人たちはそれなりに意識するのだろうが、30歳を過ぎた頃からどうでも良くなっていた。

 

しかし一応、フィリピンの女性たちに謝罪のメールを送る。

 

「Merry Christmas! I’m so sorry not to stay with you this Christmas. I’m busy on my business in Japan. I miss you.(メリークリスマス! 今年のクリスマスを一緒に過ごせなくて本当にごめんなさい。日本の仕事が忙しくて。会いたいよ。)」

 

LINEとMessengerに登録してある女性たちに一斉にコピペ送信だ。がははっ!

 

さて、寝ようか。

明日は『名古屋城観光』、そして夜は『繁華街』だ。

疲れた時はケンさんに相手してもらおうかな……。

 

 

ーーベッドに入り、すぐに眠りに落ちそうだなと思っていた時。

 

スマホの知らせで目が冴えた。

 

 

 

「Long time no see (久しぶり)」

 

 

 

嬉しさと切なさで戸惑い、胸がいっぱいになる。

 

 

 

マリーからだった。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

17 コメント

  1. なるほどー、ここでマリー出てきますか笑 サイトタイトルに恥じぬ狂いっぷりです!

  2. 執筆お疲れ様です!
    名古屋在住です。地元の話なんで嬉しいですね。更新楽しみにしてます!!

  3. わーいわーい🙌 名古屋! フィリピンブログなら池田付近は外せないでしょう!
    かなり初期から拝見してますが、レンジさん達が近くに居ると思うと不思議な感覚。あのマルコも昨年末は名古屋に滞在していたのかと思うと笑ってしまいます。いや、失礼。でもクスクス笑

  4. 私はヘアアイロンのところが好きですね。
    そっと買っておく優しいレンジさん。そんな気配りはなかなか出来ません。さらにお疲れの状況でしょうに。
    相手のことをいつも考えていないと行動には出ないものです。

  5. 普段は栄で遊んでいます。
    クレマニ読者になり早一年。
    まだフィリピンに行く勇気が出ません。怖くて泣

  6. 長文も楽しんで読める。
    ブログでこんなにハマったの始めて。クレマニ最高です!
    レンジさんに会ってみたいなー

  7. 何だか母親とは良い関係を築けていますよね。ただ肝心のマルコが無神経と言うか無邪気と言うか。
    母親は自身の経験からレンジさんの事を相当信頼しているのだと思います。同時に感謝も。
    その事に彼女も気付いてくれるといいですね。あるいはレンジさんの事が好きなら素直に振る舞えば良いのにと。
    もどかしく感じる読者の一感想です。

  8. マリーファンの私は、その後彼女がどうなったのか気になって気になって。
    夜もしっかり寝られないくらいに気になっていますが、なぜか快眠です。
    失礼しましたw
    レンジブログ94の記事が一番お気に入りです。
    https://crazy-manila.com/blog_range/9030.html
    この記事でのマリーが最高ですね。

  9. 連日長文お疲れ様です。
    クレマニを毎日読めるのは大変嬉しいのですが、作者の方々は大丈夫なのかなぁと心配になります。
    皆さん本業あってのこと。
    どうか酷暑の日本では体調を優先してください。
    フィリピンにいらっしゃっても同様に。

  10. 朝はパンとミルク笑
    夜はパスタとピザ、私のフリピーナも同じ食事を好みます。

  11. いつも楽しく拝見させていただいてます!
    でましたーー!!
    マリーーーー!!!
    しょうもないドラマより全然このブログが面白いです!これからも頑張ってください!!

  12. マリーが出てきましたね!マリーの話しは、やたらとリアルすぎて怖いものがあります。マリーのマンション編なんてもう、ヤバすぎでしょう!期待してます。

  13. 普通にドラマ化したら見る笑
    YouTubeチャンネル希望!
    フィリピン興味ない人でも楽しめると思う。あっ、でも深夜限定か笑

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here