ブログランキングリンク-トップ

 

【夜遊び】マニラの人気ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」

 

こんにちは、クレイジーマニラのブス担当レンジです。

今回は、フィリピン マニラのゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」 について紹介します。場所はマニラのマカティエリア「ブルゴス通り」です。

また、記事の後半ではこのゴーゴーバーの体験記も掲載しています。未だ訪れたことのない方は是非チェックしてみてください。

 

【夜遊び】マニラの人気ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」

 

~体験記「ゴーゴーバーに女性が居ない!? 給料日後の土曜夜は夜遊びに適さず」~

 

 

マニラの人気ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」とは

 

ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」は、マニラにある人気バーの一つです。

店内には多数の女性が在籍しており、好みの女性を指名して、お酒や会話を楽しむことができます。

ブルゴス界隈では老舗のゴーゴーバーで、比較的「若く」、「スタイルの良い」女性が多いです。近くの「Kojax」や「Plan B」に次いで、おすすめゴーゴーバーです

また、女性は露出度の高い衣装を着ていることが多く、ステージ上はかなり刺激の強いものとなっています。

【夜遊び】マニラの人気ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」の外観写真
[ボトムスの店舗外観写真]

 

ボトムスは、隣のカフェバーの「フィリングステーション」と同じ建物に入っています。

この界隈では最も多くの「ネオン」を飾り点灯していますので、ブルゴス通りでもよく目立つ建物です。

入店すると、スタッフに積極的に声を掛けられます。「一杯飲んで行って!」と腕をグイグイされ、テーブルに付くように促されます。

席のチャージ料はありませんが、テーブルに付く前に、まずは店内の雰囲気や女性を確認してください。

もし気に入らなければ、その場で出るようにしてください。一度座ってしまうとドリンクのおねだりなど断り辛くなるかもしれません。

ゴーゴーバー「ボトムス」の店内マップ
[ゴーゴーバー「ボトムス」の店内マップ]

 

店内は縦に細長い空間で、中央奥にステージがあり、女性たちが佇んでいたり客に向けてアピールしていたりします。

ステージの回りにBOX席があります。入って右手には喫煙が出来るBOX席も用意されています。

また、周囲には円卓テーブルが並んでいますが、ゆっくりとステージを眺めるのであれば、BOX席をおすすめします。

在籍女性の数は20~40人ほどで日に依って前後します。全員がステージに上がることはなく、ステージ以外にも、店舗内の各所に女性が待機しています。

こちらから声を掛けない限りは、女性の接客はあまり積極的ではありません。

お客さん側は、女性をスケベな目で見ながらお酒を楽しむだけでも大丈夫です。

スタッフの対応は「女の子を指名して!」としつこいですが、こちらがきちんと「No(いや)」あるいは「Later(後で)」と伝えれば、無理強いはありません。

 

コスチュームが『ただの布きれ』の時が!?

 

この「ボトムス Bottoms」、女性のコスチュームが『ただの布きれ』の時があります。

ドラクエ初期の装備品で手に入る『ただの布きれ』。守備力は3です。

しかし、その比喩も足らないほどの、『V字の前張り』だけの時があります。

丸見えです。女性の大切な部分がこんにちはしています。

その挨拶具合は、「お世話になっております」レベルで堂々たるものです。

守備力はむしろー3です。

無防備極まりなくスケベさMAXのため、あらゆるモンスターが集ってしまうほどです。

しかし、これはいつもと言う訳ではなく、曜日や時間帯によってコスチュームは変化します。普通のチアガールやウエイトレスのような格好の時もあります。

(週末の夜、ただの布きれの遭遇確率が上がります)
 

 
[ゴーゴーバー「ボトムス」とは?]
 
ブルゴスの人気ゴーゴーバー
 
若くスタイルの良い女性が多い
 
女性のコスチュームが過激
 
バーファインは高め(3,900ペソ)
 
コジャックスやプランBに次いでおすすめゴーゴーバー
 

 

 

ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」の場所

ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」の場所は、マニラ最大のゴーゴーバーエリア「ブルゴス通り P.Brugos St. 」にあります。

マニラのゴーゴーバーエリア「ブルゴス通り」周辺マップ

ブルゴス通りのほぼ中央に面しており、人気ゴーゴーバー「Plan B」の斜め向かいにあります。

[ブルゴスの人気ゴーゴーバー「Plan B」について]
【夜遊び】フィリピンのゴーゴーバーとは おすすめバーの紹介&体験記

 
ボトムスが入っている同建物の東側にはカフェバーの「フィリングステーション Filling station」が入っています。

ブルゴス通りのナンパカフェ「フィリングステーション」
[ブルゴス通りのナンパカフェ「フィリングステーション」]

この建物の1階の西側部分に「ボトムス」があります。

なお、この「フィリングステーション」は、マニラのエルミタにある「LAカフェ」のようなナンパスポットです。女性の増える時間帯は午前2時以降で、周辺のバー勤務が終わった女性で賑わいます。

 

ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」アクセス
Adress:Central Bus. Dist. 5012 P. Burgos St., Makati City, Makati, Metro Manila

 

また、ブルゴス通りには「ボトムス」以外にも多数のゴーゴーバーがあります。

気に入った女性が見つからない場合、付近のバーに出入りして探してみてください。

ブルゴス通り夜遊びガイドマップを掲載した記事はこちらからどうぞ↓
【夜遊び】ブルゴスのゴーゴーバーガイドマップ決定版。2019年最新

 

 

ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」の料金システム

 
ゴーゴーバー「ボトムス」の料金システムは、基本的には他のゴーゴーバーと同じです。入店して飲食するだけの場合は、その料金だけ支払います。

[ボトムスの料金システム]

ドリンク:150ペソ~

レディースドリンク:390ペソ(指名料込)

バーファイン:目安3,900ペソ

 

ただし、ボトムスの利用料金は、周辺のゴーゴーバーと比較すると高めの設定になっています。

例えば、おすすめゴーゴーバーの「コジャックス」であれば、レディースドリンクは300ペソ、バーファインは3,000ペソです。

これはボトムス店内の女性の露出度込み(ストリップ状態)を考慮して、その分の料金が加味されているのかもしれません。
 

これも重要!
おすすめは22時前入店
 
ブルゴスのゴーゴーバーは、22時~24時過ぎくらいが最も賑わいを見せます。21時頃は未だ早く、女性たちは出勤したてでメイクアップなどをしています。
 
お勧めは22時前くらいに入店するのが良いと思います。22時を過ぎてからが店内の女性の人数が最も多くなります。
 
ただし、常連さんなどで早い方は20時頃から入店し、ひたすら良い子が現れるのを待っています。
 
もし、今夜は絶対に「キメるぞっ!」と意気込んでいるなら、他のお客さんに指名を奪われないよう早めの入店でも良いかもしれません。

 

 

ブルゴス通りを歩く時の注意点

ブルゴス通りは、欧米人やアジア人などたくさんのお客さんで賑わいます。

それに付随して多くの「路上ナンパ」も待っています。そのナンパ元は女性から元女性、オカマさんなど。

中にはかなり強引な誘いを受けることもあります。

彼らは通りの各交差点に拠点を置き、数名単位でグループになって相手を探しています。

特に「ブルゴス通り P.Brugos St.」と「カラアヤーン通り Kalayaan Ave.」との交差点付近は注意してください。

ブルゴス通りではスリに注意
[ブルゴス通りの周辺マップ 交差点でのナンパに注意]

 

その際、絶対に注意しておいてほしいことは、貴重品の管理です。

タクシー待ちなど交差点で立ち止まってしまうと、すぐにナンパ目的で囲まれてしまいます。そして、それに注意を引かれている内に『スリに遭う』ことがあります。

無視を貫く、「No」をはっきりと言う、あるいは旅行者とは思われないように振る舞えば良いのですが、なかなか難しいことがあります。

 

ブルゴスのゴーゴーバー前の交差点 スリに注意
[ゴーゴーバー「リングサイドバー Ringside bar」前の交差点]

 

例えば、路上で股間を触られる、胸を掴まされるなど鬼しつこいナンパをされることがあります。

それはお持ち帰られ未遂と同時に「金品を盗まれる」予兆でもあります。不良のカツアゲよりもエグい手法で抜き取られることがあります。

くれぐれもポケットにそのままスマホや財布、金銭を入れておかないようにしてください。

基本は、夜遊びで多くを持ち歩かないこと。

財布やスマホはセカンドバッグや小さめのリュックに入れ、しっかりと閉じた状態でストラップなどを付けて持ち歩きましょう。

 



 

ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」での体験記

 

(この体験記はオノケンブログ、レンジブログとは別ストーリーです)

 

マカティのブルゴスにて

 

私はケンさんとマラテを出て、マカティのブルゴスに到着。

この日、私たちは気合いが入っていた。

オノケン「今日はゴーゴーバー巡りの日と決めてましたからね!」

私「ははっ! 俺も今日は楽しみよ!」

 

マニラの夜遊びスポット ブルゴス通り 交差点付近
[ブルゴス通りにて]

 

時刻は午後8時頃。

 

私「どうする? まだちょっと時間早いけど」

オノケン「何言ってるんですか! 金曜の夜ですよ! それにしてもものすごい渋滞でしたね」

私「金曜日だからね。それにしても時間かかったなぁ。マラテからほぼ2時間よ」

オノケン「2時間あればアンヘレスに行けましたね」

私「ははっ、確かに。まぁいいじゃない」

 

この日は、普段の金曜日よりも賑わっていた。15日、給料日と言うことも重なったためだろう(フィリピンでは、月に二回の給料日が一般的)。皆、周辺に飲みに出ているようだ。
 

私たちはまず、ブルゴス老舗のゴーゴーバー「ボトムス」へ向かった。

マニラの夜遊びスポット ブルゴス通り
[特に週末は賑わいを見せるブルゴス通り]

 

ゴーゴーバーに入店

 

私を先頭に、店内に入る。

時間帯は早かったが、すでにお客さんは多く、Box席のほとんどが埋まっていた。

そんなことよりも、まず目に飛び込んできたのは……

 

オノケン「おっぱいがいっぱい!!」

 

私も一瞬呆気に取られた。が、すぐに呼応した。

 

私「おっぱいがいっぱい!!」

ぬおおっ! おっぱいがいっぱいである。……以前もこんなコスチュームだったかな。

 

女性の着衣は、肩からストラップ程度の生地が前を隠している程度。

全裸にサスペンダーと言えば良いだろうか。女性版、腹筋崩壊太郎のような格好。

大切な部分は丸見え。乳首が完全に出ているのである。

あちらこちらに乳首が、いやオッパイがそのまま剥き出しだった。

 

私たちはそれを仏を拝むが如くその場に立ち、呼吸を整え、一礼する。

そして、朝焼けを浴びるほどの爽やかな気持ち、曇りなき眼で見つめ続けた。

 

オノケン「レンジさん」

私「……うむ。ちょっと席に座ろうか」

私たちは迷うことなく、ステージ前のテーブルに陣取った。

 

オノケン「あの子、見てくださいよ!」

私「はうあっ! なんと見事なっ!」

オノケン「しかも今日、店内可愛い子多いですよ!」

私「こんなにレベル高かったっけ? スタイルも良いね」

 

この日、ボトムスの女性のクオリティがとんでもなく高かったのだ。

皆、身長は小柄だが、おっぱいはとてもきれいな形をしている。顔も日本人好みの女性が多い。

 

オノケン「あの子、めっちゃ可愛いっすよ…… 指名しても良いですかね……」

私「良いけど。まだ他のとこも行くでしょ?」

オノケン「そうですけど。ボトムス、マジで今日は良いですね!」

私「ははっ! これ以上居たら、鼻血我慢し過ぎて血管つまりそう」

 

私たちはビールを飲みながら、しばらく女性たちを見定め、結局リクエストせずに店を出た。

 

ムラムラのピークを超えて、コジャックスへ移動

 

オノケン「やっぱりね! ブルゴス来たらコジャックスにも行かないとダメでしょ!」

私「まぁ、最近いっつも来てるような気がするけど」

オノケン「だって間違いないでしょ!」

 

ボトムスからほど近い人気のゴーゴーバー「コジャックス Kojax」へ向かった。

 

店舗に着き、二階への階段を上がる。

しかし、店の中に入ると違和感を感じた。あれっ、人が少ない?

時刻はちょうど21時を過ぎた頃だった。

私たちはとりあえず奥のBox席に座った。

マニラのゴーゴーバー「Kojax コジャックス」 店内

お酒を飲みながら、店内の女性を見渡す。

オノケン「少ないですねぇ」

レンジ「まだ時間が早かったかなぁ」

ママさんに聞くと「女の子たちはメイクアップ中。この後22時にはいっぱいになるわよ」とのこと。

 

私たちはしばらくお酒を飲みながら待つことにした。

オノケン「時間帯のせいでしょうが、何だかパッとしませんね。何人かスタイル良い子は居ますけど」

私「そうだね。リクエストしたい程の子は未だ居ないなぁ。もう少し待ってみる?」

オノケン「そうですね。でも、時間がもったいないですし……」

店内には私たち以外に数組のお客さんの姿があった。何れも日本人のようだった。

 

ーーこの後、30分ほど待っていると続々と女性が出てきた。

オノケン「うおおっ! 美尻がいっぱい!」

私「どれどれ。うあっ、あのステージの端の子! いいなぁ」

オノケン「私は目の前に陣取った子ですね。顔もタイプです!」

店内が一気に賑やかになってきた。

 

しかし、私たちはドリンクの二杯目をオーダーしようか悩んだが、結局外へ出ることにした。

もう一度、ボトムスへ戻ることにしたのである。

 

ーー会計を済ませ、外へ出る。

オノケン「今日に限ればボトムスの方がレベル高いと思いましたね」

私「確かに。コジャックスも良いけど、正直リクエストしたいと思ったのはボトムスのあの子かなぁ」

22時頃、ボトムスへ入り直す。

 

ボトムスに戻るも、女性は居らず

 

再びボトムス店内へ。

中はさらに賑やかになっていた。そしてこの時はもう空きテーブルがなかった。

オノケン「どうします? 立ち飲みですか?」

レンジ「ははっ。まぁ今日のところはいいんじゃない? ほら、女性も少し入れ替わっているようだし」

見渡してみると、つい先ほどまではレベル高いと感じていた女性たちの姿はなかった。もう連れ出されたのだろうか。

私たちは入口でしばらく女性を物色した後、すぐに店を出た。

 

オノケン「どうします? この後。せっかくだから同じ日にエドコンとか巡ってみます?」

私「ケンさんに任せるよ」

 

ーーそこからタクシーに乗り、今度はエドサコンプレックスへ。

 
フィリピン 夜遊び ゴーゴーバー マニラ
 

店内に入ると、いつもの男性スタッフが笑顔で迎えてくれた。蛭子能収をもう少しダンディーにした感じの人。愛想が良く、大好きなスタッフさんだ。

彼に導かれ、左手の店舗から女性を探していく。

 

この時、久しぶりのエドサコンプレックスだったが、店内が少し改装されていた(2019年7月、8月時点)。

・左手一番奥、元「サンバナイトクラブ」がアラビアンカフェ(LAカフェのコンセプトらしい)に変わっていた

・中央奥、元「コットンクラブ」がKTVに変わり、二階部分にスポーツバーが新たに造られていた

・右手奥、ファイヤーハウスの横に階段とエレベーターがあり、二階部分に店舗だけあった(改装中のため入れなかった)

 

いつものように積極的なアピールを受けながら、鼻の下を伸ばしそれらしい女性を探す。

 

そして一周した後、私は「バレッツアンドアローズ」へ、ケンさんは「ピットストップ」へ入店。

ドリンク&リクエストをオーダーし、30分ほどスケベな接客を受けた。

 

ーー再びケンさんと合流し、蛭子さんにお礼を言いながら、店を出た。

 

オノケン「どうでした?」

私「んー。まぁ、今日に限って言えばボトムスが一番だったかな」

オノケン「そうですね。ブルゴスとエドサコンプレックス巡りましたけど」

その後、二人でマラテに戻り、いつものように夜遊び。目が開かなくなるほど飲み散らかした。

 




 

給料日後の土曜夜は夜遊びに適さず

 

そして、翌日。

 

私たちは再び、ブルゴスへ向かった。

二日連続のゴーゴーバー巡り。

 

オノケン「今日こそはメタルキングを探したいですね!」

私「そうだね!」

 

ーーこの日は目立った渋滞は無く、マラテからマカティまで20分ほどで到着。

しかし……。

 

最初からボトムスへ入り、続いてコジャックス、プランBと巡るが、昨夜とは全く異なったのである。

女の子が居ないのである。

全く居ないと言う訳ではないのだが、昨夜は各店舗に何十名と居たはずの女性たちがそれぞれ数名だけと言う状況である。

ストライキかと思うほど店内は閑散としていた。

 

そして、私たちは気付いた。マニラ夜遊びで基本的な事を忘れていたのだ。

 

昨日が給料日の金曜日、今夜は土曜日、明日は日曜日。

確認のため、近くのゴーゴーバーのスタッフに話しかけると……

 

スタッフ「昨日給料日だったからね! 今日はみんな田舎に帰ってるよ!」

 

やはり。

給料を得た女性たちは週末に帰省し、日曜日に家族と過ごした後、また週明けから勤務するのだ。その土曜日、夜遊びの街に女性の数は極端に少なくなる(月末も同じ)。

 

給料日後の土曜日は在籍女性が少ない

このブルゴスのゴーゴーバーエリアでは特に顕著だった。

 

ブルゴスを諦めた私たちは、一応エドサコンプレックスへ行ってみる。しかしここも同様に女性が激減していた。

 

オノケン「レンジさん! 早く言ってくださいよね!」

私「ええっ、俺!? 俺のせいなの?」

オノケン「給料日後の土曜日、夜の街が寂しくなることわかってたでしょ!」

私「忘れてたっ! 残念な気持ちは俺も同じ!」

 

良い歳したオッサン二人、タクシーの中でケンカしながらマラテへ戻った。

 

しかし、その足でLAカフェへ向かったのだが……。

なぜかLAカフェはとんでもない賑わいだった。

 

 

ブルゴス周辺おすすめホテル

以下、マカティ ブルゴス通りでの夜遊び滞在におすすめのホテルを紹介します。

[1898 ホテル]
「1898 ホテル コロニア エン ラス フィリピナス 1898 Hotel Colonia En Las Filipinas 」

ブルゴス通りに面しており、立地は抜群です。ミドルクラスのホテルで、清潔感、サービス良しです。

特に、2018年に建てられた新しいホテルなので、綺麗な部屋が魅力です。

Wifi強度、キャリアの電波も良好でおすすめホテルです。

「1898ホテル」を予約サイトでチェックする

 

 

以上、【夜遊び】マニラの人気ゴーゴーバー「ボトムス Bottoms」 に関する記事でした。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事空港で日本人にキレられる!鬱憤がたまったフィリピン旅行最終日
クレマニ次の記事【夜遊び】マニラのKTV『アップステージ UPSTAGE』 マカティ
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

2 コメント

  1. そうですねぇ、コジャックスとプランビーがダメならボトムスかなぁ。小柄で若い子が多いイメージ

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here