ブログランキングリンク-トップ

 

KTV「プレミアアップステージ Premier Upstage」

 

こんにちは。クレイジーマニラのブス担当レンジです。

今回は、マニラのマラテエリアの高級KTV『アップステージプレミア UPSTAGE Premier』について紹介します。

 

 

【夜遊び】高級KTV「アップステージプレミア UPSTAGE Premier」

~体験談「ポイントヘルパーも時には必要?」~

 

 

 

マニラのKTV『アップステージプレミア UPSTAGE Premier』について

 

KTV『アップステージプレミア UPSTAGE Premier』は、マニラのマラテエリアにある高級KTVです。同じアドレアティコ通り沿いの南にあるKTV『アップステージゴールド UPSTAGE GOLD』と姉妹店になります。

 

 

こちらは、いわゆる『フィリピンキャバクラ』スタイルのお店で、お酒や女性の接客を一対一で楽しむことができます。

 

KTV「プレミアアップステージ Premier Upstage」
[KTV「アップステージプレミア UPSTAGE Premier」外観写真]

 

一階のエントランスを入ると、左手に広々としたダイニングスペース、その奥はVIPルームになります。

女性のウェイティングスペースはさらにその奥右側にあります。

ダイニングスペースは(8テーブル)、VIPルームはマラテ内のKTVでは最も多い『25部屋』用意されています。

ちなみに、同店舗の二階部分には「プレミアヨーコ Premier Yoko」があります。こちらも高級店で、美しい女性が多く在籍しており、おすすめのKTVです。

入店に際しては、どちらに好みの女性が多いかどうか確認してから決めてください。

今回はVIPルームが多く、在籍女性の人数も多いため、「アップステージプレミア」の方をおすすめとして紹介します。

店内のレイアウトは一般的な高級店と同じです。

 

KTV「プレミアアップステージ Premier Upstage」
[アップステージプレミア通路写真]

アップステージプレミアの店内の女性の数は60名程度で、曜日や女性のシフトによって増減します。

 

マラテで一番「個室VIPルームが多い」

 

アップステージプレミアには、広い店舗に25部屋もの個室VIPルームがあります

これはマラテで一番多い店舗になります。

余程の繁忙期ではない限り、全て満室と言うことは少ないかと思いますので、「近隣のVIPに空きがない」と言うときにはこちらをおすすめします。

 

KTV「プレミアアップステージ Premier Upstage」[KTV『アップステージプレミア』のVIPルーム室内]

 

女性のクオリティについては、近隣の高級店と同クラスです。大変美しい女性が多数在籍しています。

個人的には二階のプレミアヨーコよりは、人数も美しさもこちらが勝っていると思います。

(プレミアヨーコはVIPルームが少なく、満室になっていることが多い)

 

[KTV アップステージプレミアとは]

マニラのマラテエリアの高級KTV店
VIPルームが多い(25部屋)
在籍女性も多くクオリティも高い
料金設定は高級店クラス
マラテに来たら一度は訪れたいおすすめKTV

 

アップステージプレミアへのアクセス

『アップステージプレミア』は、マラテの中心を通るアドレアティコ通りにあります。すぐ隣には、おすすめホテルのロスマンホテルやおすすめマッサージ店の「Mavi」などがあります。

大型ショッピングセンターの「ロビンソンモール」もすぐ近くです。

マニラ夜遊びマップ
[マラテの夜遊びマップ、アップステージプレミア周辺図]

 

[KTV『アップステージプレミア』アクセス]
住所:1619 M. Adriatico St, Malate, Manila

 

以下のマップも合わせて参照してください。2019/11/29時点での最新のマラテ夜遊びマップです。

 

アップステージプレミアの料金システム

続いて、KTV『アップステージプレミア』の値段設定について紹介します。

料金システムは他の高級店と同じ価格帯になります。

アップステージプレミア 料金システム

 

[KTV『アップステージプレミア』の料金システム]

1セット
90分
LD 指名 延長
90分
ダイニング 600ペソ 350ペソ 350ペソ 500ペソ
VIPルーム 一人利用時
1,500ペソ二人利用時
1,200ペソ三人利用時
1,000ペソ
350ペソ 350ペソ 800ペソ

※これにTaxとサービスチャージが28%加わる。

 

 

KTV『プレミアケイコ Premier Keiko』体験談

このストーリーは、オノケンブログとレンジブログとは別ストーリーです

 

マニラ マラテエリアのKTV夜遊びへ

 

アップステージプレミア。

そこに勤めている女性、グレース。

私は彼女の彼氏だと思っている。

しかし、最近気付いたことがある。

薄々感付いていたことだが、私は彼女にとってただのポイントヘルパーだ。

 

 

ことの始まりはハロウィーンの頃。

彼女が田舎へ帰省するに際し、そのときにいくらか手持ちが欲しいと言うことだった。

 

「Range, come here. I need points. You’re my boyfriend. You must help me. (レンジ、店に来て。ポイントが必要なの。あなたは私の彼氏。あなたはヘルプしなければならない。)」

 

このような文言を受け取った場合、皆さんはどうするだろうか。

 

普通、「ふざけるな、女はいくらでも居る。さらば!」となるだろう。

あるいは、「ポイントヘルプの代わりに、ワンチャンさせろ!」となるだろう。

 

私の場合、後者である。

そのヘルプを求めるメッセージを受け取った場合、私はチャンスだと思っている。

店に行き、レディースドリンクをたくさん頼み、二人とも笑顔のままホテルへ向かう。

ワンチャンのきっかけが、「ポイント」であるだけ。直接的な金銭要求ではない分、救いがあるだろう。

もしダメでも、彼女が単に「仕事の出来る女性」であると言うこと。

私のシュミレーションは前向きだ。

 

夜遊びではしっかりとお金を使う。

バラ撒きするのではなく、正確には「ここぞと言う時に、しっかり使う」。

そして、結果が伴えばこれ以上ないドヤ顔である。その逆は、カエルを踏み潰したレベルを軽く超えるだろう。

 

アップステージプレミア店舗

 

アップステージプレミアに入店

私は今宵もスケベな妄想を膨らませ、アップステージプレミアへ向かった。

彼女のポイントが足らなければ、せっせとポイントを運んで行く。ハロウィーン前くらいはその役割をしよう。

私は”彼氏”なのだ。

ヘルプする義務もあれば、ワンチャンの権利も持っている。

 

ーー店に入ると、グレースはいつにも増して優しかった。

接触の多いサービスタイムが始まった。

しかし……

 

レディースドリンクの嵐

その代わり、レディースドリンクのオーダーも激しかった。

10分に一度はオーダー。テキーラショットのタワーを頼むことも。

 

完全に酔っ払った彼女はそれでもドリンクを頼む。

私の上に跨り、「もっと飲ませろ!」と言う。

彼女の胸に顔が埋まり、「No」とは言えなかった。

 

KTV「プレミアアップステージ Premier Upstage」 VIPルーム

 

「Grace, Do you love me? (グレース、私を愛してる?)」

「Yes! I love point! (もちろん! ポイントを愛してる!)」

「I’m not point. (私はポイントではありません。)」

「You know I need point. (ポイントが必要なの知ってるでしょ。)」

「I know. So I helped you tonight. (知っています。だから今夜ヘルプしました。)」

「Thank you! Point! (ありがとう! ポイント!)」

 

このようなやりとりをしながら、せっせといちゃつく。

理不尽なやりとりも、彼女の裸体を想像する度に忘れてしまう。

この日も前戯不必要なほどバサバサだった。

 

ーー驚愕の会計を済ませ、ホテルへ戻る。

良いのだ。

彼女は仕事をしたまで。

その変わりこの後、その支払い分を回収してみせる。

とんでもないスケベなプレイでむしろ脳内はプラスになるはずだ。

 

そして、店の営業が終わろうとした頃。

私はグレースに確認のメッセージを送った。

 

「Do you come my hotel? (ホテルに来ますか?)」

 

返信は二時間後だった。

 

「Drunk! Tired! Good night! (酔った! 疲れた! おやすみ!)」

 

ぶふぇっ!!

Tシャツのフレーズにしたいほどのシンプルかつ拒否を示す強烈なメッセージ。

 

KTVあるある。いや、このようなパターンは珍しいのだろうか。

私のフルアプローチは脆くも崩れた。

彼女の勝ちである。

 

ポイントヘルパーとしての役割

ーーそして、翌日。

夕方になり、彼女からメッセージが入る。

グッドモーニングよりも先にポイントのさらなる要求だった。

 

「I need more points. (もっとポイントが要るわ。)」

「Good morning. I can’t help anymore this time.(おはよう。今回はもうヘルプ出来ません。)」

 

 

ラインメッセージ

 

どれほどスクロールさせるのか。彼女からの怒りのスタンプが数分間続いた。

フィリピンにも藁人形の呪いのようなものがあるのかと驚いた。

彼女の執念。

 

ーー怖ろしいと感じた私は、この夜もせっせとポイントヘルパーとして、彼女の元へ。

私がこの呪縛から解き放たれるのには少し時間が掛かるのであった。

 

 




 

マラテの夜遊びでおすすめ滞在ホテル

 

[マニラのマラテエリア]
マニラのマラテエリア、KTV夜遊びで、おすすめの滞在ホテルを紹介します。

今回紹介したアップステージプレミアに近い『ロスマンホテル』です。ホテルとの距離は徒歩10秒です。

 

おすすめホテル「ロスマンホテル」

ロスマンホテルは、マラテエリアのオススメホテルです。コストパフォーマンスに優れ、アクセスも最高です。
近年リニューアルされており、清潔感もあります。その他、接客やWifi強度、キャリア電波強度も良好。
何より、外の通りが騒がしくないのでゆっくり休めることができます。
クレイジーマニラから一押しのホテルです!

 

以上、【夜遊び】高級KTV「アップステージプレミア UPSTAGE Premier」を紹介する記事でした。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事付き合ったその日にフィリピーナ彼女をホテルに誘うべきか否か
クレマニ次の記事【夜遊び】YAKITORIDORI(ヤキトリドリ)、マニラ マラテのおすすめライブバンドバー、レストラン
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

レンジ
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

10 コメント

  1. いつも拝読させて頂いております。今回の件に関して、些か私見を述べさせていただきます。私もこの界隈は徘徊しておりますが、今回はお店とホテルが近すぎるように思いました。お店に勤めている娘は周りを気にするので、もしかすると嫌だったのかも、と思いました。この通りのKTV ならば、最低でもレンジさんがお泊まりのホテル位は距離を取られた方が良いと思いました。お節介ながら・・・

  2. 自分の場合は、ホテル来たら店行くよ、ですね。(ホテル)来る来る詐欺が多いし、いいように使われるのは嫌なので。本当に好きなら、すぐホテル来ます。こちらも本当にホテルに来て欲しかったら、最初からホテルと言わないでアフター誘えば結局必ずホテルに来るので、そのほうが賢いかもしれませんが、最近面倒臭くてダメです。Rangeさんのまめさには頭が下がります。自分も、Rangeさんのようなエネルギーが欲しいです。

  3. パチンコと一緒
    2万入れて、5万勝てればいい
    女に2万入れて、ホテルに来たらいい
    同じでしょ
    まぁギャンブルよりは女に貢いで振られる方がいいよ
    要は自分の金を何処にどのように使うが重要で自分が納得出来れば全てOK

  4. 体験談わかるw
    私はいつもこんな感じ…でも良いんです楽しければw
    死ぬ間際まで女の子に手玉にとられたい たとえ商売でも良いんです

  5. 先程、フィリピンから帰宅しました。
    彼女と過ごしつつ、隙を見つけてSAKURAに行きました。
    安くて空いてる割に可愛い娘が結構居ましたよ、個人的な感想てすが。

  6. やっぱりレンジさんの文章も良いなぁ!
    読者が「そこ止めとけ!」と思う斜め上行く感じ笑
    トピの後半だけ読んでます

  7. プレミアケイコは、おひとり様でのVIP使用は割高になる。

    くそたけぇという印象しか持てない店。
    高いだけで、なんも期待できない。

    かわいいだけで、嬢は座ってるだけ、お酒を造りもしない。歌うだけ。こいつなんなん???? 
    ボコボの方がまだ遊べる。

    ペンギングループは、やっぱり全部同じ印象になりましたわ。

    もう行かないな。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here