新着記事 News

最近の記事

LAカフェに連続入店。昼の時間帯の客は多い?女の子の質は?

楽しい楽しいKTVの時間中に真っ白になっている人がいました。あまりの疲れにぐったりしていたそうですが、一回の睡眠をはさむだけでこんなにもエネルギッシュになれるものなのでしょうか?ランニング、水泳に加えてLAカフェです。 KTV内で瀕死の人物の朝活は、ランニングと水泳とLAカフェで始まる オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m 転落と後悔 私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。 【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ   朝っぱらからLAカフェにいくといいだしたリョウさん。   私「今からですか?お一人で?大丈夫ですか?」 リョウ「大丈夫大丈夫、道覚えているから」   そういう意味ではない。   私「朝とはいえ、やはりLAカフェは一人では少し危険かなと感じるのですが」 リョウ「そう?大丈夫でしょ。俺逃げ足には自信があるよ」   私「僕もお伴したいところですが、レンジさんがもう少ししたら帰ってきますので、今ホテルを離れられないです。もう1時間後くらいに3人揃って行きませんか?」 リョウ「心配しなくて大丈夫だよ。マニラでの時間は短いから有効に使わないとね!これから一人で行ってきます」   その後、連絡を送るも返信は返ってこない。きっともう一人で、そして満面の笑みを浮かべてLAカフェに行ったのだろう。 レンジさんがマラテに戻ってきたのはそれから1時間半ほど後のことだった。   私の部屋に来たレンジさんに昨日のこと、そして現在リョウさんが一人でLAカフェに行っていることを話した。   レンジ「リョウさん若いなぁ。朝からLAカフェか。そんなに気にいったんだね」 私「そうみたいです。ただ、朝とはいえLAカフェのような動物園のゲージ内に一人でいくというのは、どうしても心配で」   レンジ「朝は割と閑散としているからたぶん大丈夫でしょ。連絡は送った?」 私「もちろん。ただ、リョウさんはポケットwifi持っていないので、外に出ている時は連絡が通じませんからね」   レンジ「ってことはまだLAカフェにいるってことかね。どうする?行ってみる?」 私「そうですね。リョウさんが心配ですし、行きましょう」   レンジ「その前に一服していい?」 私「・・・・・どうぞ」 のんびりとタバコを吸うレンジさんを持っている間、リョウさんから返信があった。   リョウ「今帰ってきたよ!またタイプの子がいたから店外デートしちゃったよ。いやぁ、LAカフェって面白いところだねぇ」   私「・・・・・」   この人はどれだけ達者なのだろうか。昨日に引き続き店外デートである。 私は、フィリピンに関してはリョウさんより上級者だと思っていた。 一応ここ数か月で4回もフィリピンに来ているため、私がリョウさんを導くくらいの気持ちでいた。   確かにフィリピン旅をスタートしたときはリョウさんの方がレベルは私よりも下であったことは間違いない。   しかし、リョウさんはこの短期間でかなりレベルアップした。 例えるならばLAカフェは、メラゾーマやイオナズンを唱え散らかす“はぐれメタル”や“メタルキング”がひしめいているような   “経験値はアホほどあるけど、リスクもかなりある敵ばかり”   な場所である。 リョウさんはそんな危険地帯に臆すことなく足を踏み入れ、バンバン経験値を稼ぎまくっている。 きっともうリョウさんは私よりもレベルは上と言っても過言でないだろう。 さて、そんなことはさておき、リョウさんの今の状況である。   私「すごいですねリョウさん。また店外デートですか。もう解散したんですか?」 リョウ「いや、まだ解散してないよ。まだ一緒にいるよ」 私「わかりました。ではまた解散したら連絡ください。ごゆっくり店外デートをお楽しみください」   それから私とレンジさんは昼食にはまだ早い時間だったので、だらだらと私の部屋で過ごした。   ちょうど12時になろうとする頃、リョウさんから解散した旨のメッセージが届いた。 私もレンジさんもLAカフェのご飯が好きなので、LAカフェ前に集合し、3人で昼ご飯を食べることをリョウさんに提案した。 リョウさんはよっぽどLAカフェがお気に入りなのか、かなり乗り気の返信が返ってきた。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});   そして、3人でLAカフェに入る。   レンジ「お疲れ様ですリョウさん。いやぁ、ケンさんから聞きましたよ。2日連続の店外デート!さすがですね!!」 リョウ「そう?いやぁ本当にここはおもしろいところだね」   私「いやぁ、10年前に一回来ただけっていうと、ほとんど初めてみたいなもので連日の店外デートはもう勇者です」 リョウ「いやぁ、勇者はいいすぎでしょ。魔法剣士くらいかな?」   私「いや、十分に上級職業です」 リョウ「はーーーっはっはっは!!」   リョウさんは上機嫌そうである。こころなしか肌の色つやの状態も良さそうである。 3人は話しかけてくるフィリピーナたちを適当にいなしながら談笑していた。   昼の時間帯…というより夜以外だとLAカフェ内もお客がまだらで、料理やドリンクが提供されるスピードがかなり早い。 BBQなどを食べながら入店後、1時間くらい経過しただろうか。   この間も人の出入りはあり、私たちは入り口に近い席に通されていたため、入店してくる客をその都度見ていた。夜に比べて人数が少ないというのもあるのだろうが、女の子は全くと言っていいほどにかわいい子がいない。 というよりも年齢層が高い。30歳オーバーだろうなというフィリピーナばかりである。   ある時、ある女2人組のフィリピーナが入店してきた。正直2人とも全くと言っていいほどにタイプのフィリピーナではない。   私は彼女らを一瞥しただけで会話に戻ろうとした。 しかし、その時ある男の変化に気が付いた。   そう、リョウさんである。 またもや雄モードに突入したようである。  

KTV内で瀕死の人物の朝活は、ランニングと水泳とLAカフェで始まる

マラテにはケイコというマラテ最大規模の女の子がいるKTVがあります。 とくに決めていない場合は、ここを選択肢の一つとするのもいいでしょう。 かなりの人数が在籍していますので、どんなタイプの人でも高い確率で好みのフィリピーナを見つけることができることでしょう。 マラテのおすすめKTV、KEIKOにて超絶セクシーフィリピーナに出会う   オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m 転落と後悔 私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。 【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ   ケイコに入店するまではあんなに元気だったリョウさんが白くなっている。 この1時間の間に何があったのだろう。 私「リョウさんどうしたんですか?めちゃくちゃ死にそうに見えるんですが」 リョウ「めちゃくちゃ眠い。死ぬ。今はどんなタイプの女の子よりもベットに抱かれたい」   なるほど。 もう日本時間だとお互いに完全に寝ている時間だ。 しかも今日、リョウさんは私たちより早く起床しているのに加え、Laカフェで店外デートをしたのだ。体力が尽きて当然である。少なくとも私がリョウさんであれば、店外デートが終了したらそのまま眠りに落ちてしまってもおかしくはない。   私としては、ケイコに入店する前は体力的なきつさを感じてはいたが、ビーバーと出会ってからは、まるで本日KTV一軒目かのようなバイタリティーがわいてきた。 そのため、まだまだビーバーと話をしたい気持ちもあったが、リョウさんがあまりにも眠そうである。ここは早く出ることを選択する方が無難だろう。   それほどに衰弱していたのだ。いつも仕事場で見るエネルギッシュなリョウさんはそこにはなく、おじいちゃんのようになっていた。   ビーバーには、この旅で必ず再度会いに来ることを約束して店を出た。   ホテルへ向かう道中 リョウ「すまんのう、ケンさんや。わしのホテルはまだかのぅ」 私「そこまでおじいちゃん化されたら、早くホテル帰って寝たほうがいいですよ。実は僕も結構しんどくて早めに休みたかったので、気にしないでください」   リョウ「実は今日が楽しみすぎて昨日あまり睡眠時間取れていないんだよね」 私「そうなんですね。そこまで楽しみにしてくれていたのを聞いて僕も嬉しく思います」   リョウ「普段は一人の海外旅行ばかりで、こんな海外で知り合いと行動を共にできるなんて何年ぶりかって思ったら、興奮しちゃってね」 私「はは、そうなんですね。僕もレンジさんと2人ばかりだし、最近レンジさんも彼女に振り回されてばかりだから、リョウさんが一緒に行動してくれてすごく楽しいです」   リョウ「そういってもらえると嬉しいね」 私「いえ、こちらこそ。さて、では明日は午前はお互いゆっくりするとして、昼飯でも一緒にどうですか?その頃にはレンジさんもこちらに帰ってきていると思いますので」   リョウ「そうだね。午前中は俺は少し運動でもするかな」 私「元気ですね。マニラでも運動ですか」   リョウ「日課だからね。ちょうどホテルにプールがあるから、ランニングして少し泳ごうと思うよ」 私「なんちゅう爽やかな海外での午前中を送ろうとしているんですか。その後はルイボスティーでもしばく予定ですか?まったくリョウさんはいつも爽やかすぎますね。さすがです。リョウさんみたいなカッコイイ40台を目指します」←太鼓持ち   こうして私たちはそれぞれのホテルに戻った。 私はリョウさんを見送った後、小腹がすいていたため、ミニストップでいつものチキンを購入した。 それを部屋で少しのアルコールとともに食べ、午前4時頃に就寝した。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});   次の日。 昨日、私も決して十分な睡眠時間を確保できたわけではない。それに加えて長時間の移動と久しぶりの英語でかなり疲労感はあったが、睡眠時間5時間ほどで目が覚めてしまった。 メッセージを確認すると、レンジさんからとビーバーから届いていた。   ビーバーからは、ありがとうまた会いたいといった本音かどうかもわからないスタンダードなメッセージであったが、レンジさんからのメッセージは朝の6時頃に届いていた。   レンジ「こっちは夜早く寝過ぎて、こんな時間に目が覚めてしまった。横でマルコはまだ寝てるし、もう一回寝るのもなんか勿体無いし、早くマラテに帰りたい」   それから3時間経過しているので、すでに寝ているかもしれないが、返信を送る。   私「えらく早い起床ですね。とりあえず横でマルコが寝てるんなら乳でも揉み散らかしておけばいいんじゃないですか?もしくは裸にして写真撮影会でも開いてはいかがでしょう?」   まるでメッセージを携帯を握りしめて待っていたかのようなスピードで返信が返ってきた。   レンジ「おはようさん。マルコが今日仕事だから、ちょっと前に起きて、今準備してるよ。たぶん2時間以内にはマラテに戻れると思う」   私のマルコの乳ネタはびっくりするほどにスルーされた。   私「了解です。お気をつけて」   レンジさんがこちらに到着するのは11時頃ということか…特にすることもないので、だらだらと過ごしていた。 ちょうど10時を回った頃、リョウさんから連絡が来る。   リョウ「おはよう。まだ寝てるかな?俺は結構早くに目が覚めてしまったから、既に朝食と運動をし終えたよ。昼まで時間があるから、ちょっと今からLAカフェにまたいってこようと思います」   な…なんだと? リョウさんの中でそんなに昨日のLAカフェの経験が素晴らしいものだったのか、朝っぱらからLAカフェいくと言い出したリョウさん。   目的はやはり店外デートなのだろうか?

マラテのおすすめKTV、KEIKOにて超絶セクシーフィリピーナに出会う

遂にみなさんに紹介できるKTV、ケイコkeiko。 私は初めてこの時にケイコに行って以来、早くみなさんにおすすめしたいと思っていました。女の子がとにかく多く、レベルの高い女の子も多いので、おすすめできます!ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?   オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m 転落と後悔 私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。 【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ   始まったショーアップ。 私(心の中)「大丈夫。ティーは色んなKTVを巡って巡って巡りまくってようやく見つけた子だし、チャンもハイレベルKTV花蝶の中で全力で選んだフィリピーナだ。そんじょそこらのフィリピーナが勝てるわけが…」   1グループからティーとチャンを超えるフィリピーナが現れた。 その後もドンドン現れるハイレベル嬢達。   指名はしないといっていたのは何だったのか、すべてのショーアップが終わった今、どの子を指名するかで頭を抱えていた。 2名のフィリピーナまで絞ることができたのだがなかなか決めることができない。   そこでママにお願いして、その2名だけで再度ショーアップしてもらうことにした。 この2名はまったくタイプの違うフィリピーナである。   一人はとにかくセクシーである。大きな胸にかなり顔面偏差値の高い顔。しかし、乳を放り出したような攻めた服装やメイク、表情、なにより全体をまとうオーラからはベテラン感が溢れだしていた。 もう一人はセクシーさには欠けるが、スレていない感じがよかった。若々しく、ショーアップの時の慣れていなさそうな笑顔がなかなか魅力的だった。   ベテラン感漂うセクシー嬢か、スレ感なしのかわいい嬢か...スレ感なし嬢にセクシー嬢の胸がついていたらすぐに指名するが、かわいい方は残念なことにかなりの貧具合である。   2人を前にして最終的に選んだのが、セクシーベテラン嬢である。 なんといってもセクシーさがずば抜けていた。 単に口説き落とそうとするのであれば、もう一人の方がまだ簡単そうだが、このセクシー嬢は難攻不落感が漂う。   しかし、私もここらでベテラン嬢とはどのようなものか経験してみたかった。 口説き落とせなかったとしても、自分の経験値には確実になるだろう。 それにまだこの指名したこの子がベテランと決まったわけではない。 私「はじめまして」 指名子「はじめまして。名前は何ですか」   私「ケンです。名前は?」 ビーバー「ビーバーです」   私「良い名前だね。何歳なの?」 ビーバー「21歳です」   私「ケイコでの仕事は長いの?」 ビーバー「途中で少し休んだりしているけど、2年くらいかな」   私の“ベテランではないかも”なんて期待は儚くも散った。2年とはそれはまたえらくベテランである。 年齢こそ若いが、やはり全身から出ていたオーラは本物だったようである。   私「そうなんだ。前は何の仕事していたの?」 ビーバー「前はグランドヨーコに1年いました。そこが私の初めての職場でした」   KTV歴3年である。 もう十分なベテランと言っていいだろう。 期待が儚く散って少し残念な気持ちもあるが、指名するときにベテラン相手の戦いを覚悟したのである。ベテラン嬢がどのような恋愛戦線を展開するのかじっくりと体験させてもらおう。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 私「ところでビーバーすごいかわいいね。純粋なフィリピーナなの?」 ビーバー「いえ、アメリカとのハーフです」   私(心の中)「アメリカとのハーフ…なんてレアな…ゴクリ」   私「そうなんだ。なんかかっこいいね!ビーバーすごい可愛いから、お客さんたくさんいるでしょ?」 ビーバー「全然です。ここは女の子がすごく多くて、ショーアップでもなかなか選んでもらえないので…だからあなたが私を選んでくれてすごく嬉しいです」   私←ちょっとうれしい「そうなんだ。確かにここは女の子がたくさんいるね。でもそこまでかわいいと彼氏はいるでしょ?」 ビーバー「いえいません。1年くらい前からいないんです」   私←かなりうれしい「えー?そうなの?周りの男たちは見る目がないね。俺がアプローチしたいくらいだよ」 ビーバー「そういってくれてうれしいです」   KTV嬢がいう“彼氏がいない”という言葉に関してはあまり信用してはいけないが、この時は単純にビーバーに彼氏がいないという言葉を信じて喜んでいた。     実は私とビーバーは、この3か月後に付き合うことになる。 しかし、通常の付き合いとはかなり違う、かなり曲がった形でのスタートとなるが、確かに私たちは後に恋人同士になる。     さて、リョウさんの方はと言うと、相変わらずのB専具合であったが、Laカフェやロマンスの時に比べるとかなりマシな方であった。 ただ、やはり実年齢は28歳とKTVで働くには厳しい年齢の嬢を選ぶということにはブレがない。   1セット90分のうち1時間ほどが経過した頃だろうか、私は夢中でビーバーと会話していたのだが、ふとリョウさんの様子を伺うと...         し、白くなっている。

人気記事 Popular

トピックス Topics

ピックアップ Pick up

クレイジーマニラ人気記事